東丸 高志

東丸 高志

七夕の国(漫画)の登場人物。読みは「ひがしまる たかし」。

登場作品
七夕の国(漫画)
正式名称
東丸 高志
ふりがな
ひがしまる たかし
関連商品
Amazon 楽天

概要

丸神の里に伝わる超能力を伝える東丸家の長男。「物体に穴を空ける」超能力である手が届く能力の持ち主。元神官である丸神頼之ほどではないが、能力の使用に長けており、南丸洋二に正しい「使い方」を指南した。短気でプライドが高く、お調子者で皮肉屋と、非常に扱いにくい人物で、丸川町の住人からも厄介者扱いされている。

丸神の里に縛られることを嫌い、能力の有効活用を目指して町を出て行った。

関連人物・キャラクター

南丸洋二

就職活動中の大学4年生。サークル新技能研究会の部長を務めており、サークル内で唯一「念じることで物質にごく小さな穴を空ける」超能力を持つ。この力を就職に役立てられないか考えるものの、実用性が薄く、使い道... 関連ページ:南丸洋二

関連キーワード

丸神の里

『七夕の国』に登場する自治体。A県黒嶺郡にある小さな町。この町を含む一帯は丸神の里と呼ばれる土地で、代々手が届く能力と窓の外を見る能力の能力者を輩出してきた。丸神山と七つ峰と呼ばれる山があり、この土地... 関連ページ:丸神の里

登場作品

七夕の国

大学生の南丸洋二は、あらゆる物質に小さな穴を穿つ手が届く能力と称される超能力を持っていた。ある日、自分を呼び出していたはずの大学教授の丸神正美が、丸川町に赴いた後に失踪。丸神教授も手が届く能力を持つこ... 関連ページ:七夕の国

SHARE
EC
Amazon
logo