桜の花の紅茶王子

桜の花の紅茶王子

山田南平の代表作『紅茶王子』の新シリーズ。名家のお嬢様と、3つの願いを叶える紅茶の精との日常を中心に、『紅茶王子』やその番外編『紅茶王子の姫君』で登場した人物のその後の姿も描かれている。2012年「HCS花とゆめプラチナ」に掲載され、その後「別冊花とゆめ」2013年6月号より連載の作品。

正式名称
桜の花の紅茶王子
作者
ジャンル
ファンタジー一般
レーベル
花とゆめCOMICS(白泉社)
巻数
既刊10巻
関連商品
Amazon 楽天

概要

名家のお嬢様である朝霧吉乃は、父親が勝手に決めたお見合い相手を呪うため、親友の奈緒を巻き込んである儀式を決行する。しかしそれは、願い事を3つ叶える紅茶の精「紅茶王子」を呼び出すおまじないだった。そうとは知らずに、紅茶王子であるサクラジョルジを呼び出してしまった2人。吉乃はサクラと、奈緒はジョルジと生活を共にすることになる。

そんななか、かつて紅茶王子と暮らし、別れを経験した人々との出会いを経て、2人はいつか必ず紅茶王子との別れの日がやってくることを知る。来る日を憂いながらも、2人は人間に扮した紅茶王子を交え、慌ただしくもかけがえのない高校生活を過ごしていく。

登場人物・キャラクター

主人公

桜庭女子学院に通う女子高生で、サクラを呼び出した主人。おっとりしていて引っ込み思案な名家のお嬢様。名家とはいえ、家にいる下働きの青年たちは、揃ってガラの悪い人ばかり。彼らは気のいい人たちではあるが、黒... 関連ページ:朝霧 吉乃

朝霧吉乃に仕えている「サクラティー(紅茶の種類)」の紅茶王子。魔法により「先々代の朝霧家当主の友人である佐倉の次男坊」と周囲に認識させ、朝霧家にたくさんいる下働きの青年に紛れて、吉乃と生活を共にするこ... 関連ページ:サクラ

朝霧吉乃の幼なじみにして親友の女子高生。ジョルジを呼び出した主人。吉乃とは父親同士が仕事上付き合いがあり、幼少の頃吉乃の自宅に父親と共に訪問した際、吉乃が奈緒を気に入った形となり仲良くなって以来の付き... 関連ページ:奈緒

ジョルジ

奈緒に仕える「ジョルジ(紅茶の種類)」の紅茶王子。魔法により「留学のために奈緒の家に居候しているいとこ」と周囲に認識させ、奈緒と生活を共にしている。マイペースで、空気が読めないタイプ。甘い物に目がなく大食いで、カラオケやスマートフォンなど人間界のすべてに興味津々。純粋に現在を楽しんでいる様子。

吉岡奈子の弟。『紅茶王子』登場時はまだ幼児だったが、本作『桜の花の紅茶王子』では成長し高校生となっている。長期休み中に「関口造園」でアルバイトをしていた際、朝霧家での仕事中に朝霧吉乃と知り合った。奈緒... 関連ページ:吉岡 健太

朝霧吉乃の曾々祖母。1925年、当時少女だった頃にサクラを呼び出し、今よりまだ少し幼かったサクラとの幸せな日々を過ごした。その頃の容姿は現在の吉乃とよく似ており、吉乃に呼び出されたサクラが間違えて抱き... 関連ページ:朝霧 八重

社長

朝霧家の当主で、朝霧吉乃の父親。娘の私生活が気になって仕方がなく、吉乃の登校時、付き人を使って尾行させるほどの過保護ぶり。吉乃には自分が望む最低限の条件に見合う男性と結婚をしてほしいと願い、次々に見合い話を勧めてくる。亡き妻の朝霧千鶴とは、20年前の観桜会で知り合い、一目惚れした。

朝霧吉乃の母親。吉乃を産んでしばらくして亡くなった。代々男児に恵まれない女系の家だったことと、代々女性は体が弱いことが多かったことを理由に、朝霧家に生まれた女子は婿養子を取ることが多かった。そのため、... 関連ページ:朝霧 千鶴

朝霧吉乃の見合い相手の青年。父親同士が仕事上の関係であり、そこから縁談が浮上したが、吉乃からは嫌われている。頑なに拒否する吉乃を振り向かせるために、吉乃が大切にしている、花を付けない桜の古木に花を咲か... 関連ページ:黒門

増田

朝霧家で家政婦として働いている女性。掃除から食事の支度まで家事を幅広くこなしている。社長付きの青年たちをも厳しく取り仕切り、朝霧吉乃にとってはお母さんのような温かい存在。

桜庭女子学院の図書館「青径館」の司書教諭。冷凍鍋焼きうどんとビールをこよなく愛す男性。朝霧吉乃や香椎薫、奈緒や吉岡健太、紅茶王子たちと協力し、「青径館」を復活させるために尽力する。のちに薫が黄山紅牡丹... 関連ページ:松浦 大吾

桜庭女子学院の図書館「青径館」にいついている女子生徒。朝霧吉乃と同級生で、不登校でありながら友達は多く、人望も厚い。男子のような外見だが、本が好きで料理上手な一面も持つ。いつも吉乃のフォローをしてまわ... 関連ページ:香椎 薫

琴子

朝霧吉乃の従姉。駆け落ちして実家を飛び出した後、長男の竜太をもうけるも離婚。出戻った形となったため、本家である吉乃の家に顔を出しづらく、朝霧家の集まりに参加しないことが続いていた。学生の頃には吉乃の家で生活を共にしつつ、桜庭女子学院に通っていた。吉乃にとっては姉に近い存在。

琴子の4歳の息子。気が小さく大人しい性格。仏壇の前に置いてあった朝霧八重の遺品であるブローチに興味を示して箱を開けて眺めていたところ、母親から声をかけられた拍子に驚いて取り落とし、壊してしまったことで... 関連ページ:竜太

吉岡奈子とアシャーの娘で、吉岡健太の姪。気が強い幼稚園児。自分が生まれる前、父親のアシャーが紅茶王子だった時の記憶を持っているため、その頃の記憶を失くしてしまった人たちに対して苛立ちに似た感情を抱く。... 関連ページ:吉岡 杏梨

吉岡 奈子

吉岡健太の姉。アシャーの妻であり、吉岡杏梨の母親。高校生の頃にアッサムの紅茶王子だったアシャーと出会い、さまざまな苦難を乗り越え結ばれた。現在は亡き父親から引き継いだ紅茶専門店「QUALITY SEASONS」の店主としてアシャーと共に多忙な毎日を過ごしている。『紅茶王子』から引き続き登場する。

吉岡奈子の夫であり、吉岡杏梨の父親。元は「アッサム(紅茶の種類)」の紅茶王子だったが、奈子と結ばれるために人間になった。その代償として、本人以外のすべての人が彼に関する記憶を失っているため、基本的には... 関連ページ:アシャー

ルフナを呼び出した女子高生。アシャーが「アッサム(紅茶の種類)」の紅茶王子だったことは、ルフナから話を聞いて知っている。アシャーと吉岡奈子の紅茶専門店「QUALITY SEASONS」にルフナと共によ... 関連ページ:高畑 絵里

高畑絵里が呼び出した「ルフナ(紅茶の種類)」の紅茶王子。アシャーが「アッサム(紅茶の種類)」の紅茶王子だった時の記憶を持つ数少ない人物。絵里と共にアシャーと吉岡奈子の紅茶専門店「QUALITY SEA... 関連ページ:ルフナ

香椎薫に仕える「黄山紅牡丹(紅茶の種類)」の紅茶王子。頑固だが真面目な性格で、主人に対する忠誠心は厚い。紅茶の国ではアッサムと共にサクラの面倒をよく見てきたが、アッサムの記憶は失っている。サクラの精神... 関連ページ:黄山紅牡丹

場所

青径館

桜庭女子学院の図書館の名称。本棟の図書室とは別に古くから残されている図書館で、外部の人も利用が可能となっている。また、この図書館は、朝霧八重が在学中に八重の父親の寄付により建てられたもので、青径館とい... 関連ページ:青径館

その他キーワード

紅茶王子

満月の夜に呼び出される紅茶の精。白磁のティーカップに入れた紅茶に満月を映し、銀のスプーンでかき混ぜて飲むと、紅茶の国から紅茶の王子様が現れるというおまじないをもとに呼び出される。男性であれば「紅茶王子... 関連ページ:紅茶王子

書誌情報

桜の花の紅茶王子 既刊10巻 〈花とゆめCOMICS〉 連載中

第1巻

(2013年9月20日発行、 978-4592196051)

第2巻

(2014年8月20日発行、 978-4592196068)

第3巻

(2014年12月19日発行、 978-4592196075)

第4巻

(2015年7月17日発行、 978-4592196082)

第5巻

(2015年12月18日発行、 978-4592196099)

第6巻

(2016年5月20日発行、 978-4592196273)

第7巻

(2016年8月19日発行、 978-4592196280)

第8巻

(2016年12月20日発行、 978-4592196297)

第9巻

(2017年4月20日発行、 978-4592196303)

第10巻

(2017年8月18日発行、 978-4592214021)

SHARE
EC
Amazon
logo