死神

死神

快僧のざらし(漫画)の登場人物。読みは「しにがみ」。

登場作品
快僧のざらし(漫画)
正式名称
死神
ふりがな
しにがみ
関連商品
Amazon 楽天

概要

死者の魂をあの世へと導く神。スペイン風邪よりも恐ろしいアマゾン風邪に罹患し、危篤状態となった愛念を迎えるために昇天寺に現れた。これを阻止しようとしたのざらしの仕打ちに激怒し、昇天寺一行を三途の川まで連れて行ってしまう。外見は、黒のスーツを身に付けた髪の薄い出っ歯の男で、山上たつひこの作品『喜劇新思想体系』に登場する池上筒彦に酷似している。

関連人物・キャラクター

のざらし

しもぶくれで不細工な昇天寺の修行僧である。まだ少年のようにも見えるが、年齢は不詳。就学経験がなく、事あるごとに性器や尻をむき出しにするなど、常識はずれの行動が目立つ上に、欲望には極端に弱く、理性のスト... 関連ページ:のざらし

関連キーワード

昇天寺

『快僧のざらし』の主な舞台となる寺院。少なくとも300年以上前に建立されており、それなりに歴史ある寺社ではあるが、これといった売り物がないため参拝客は少ない。寺に伝わる古文書昇天寺縁起によれば、戦国時代の大名が寺のどこかに時価200億円相当の財宝を隠したとされるが、その真偽は不明である。

登場作品

快僧のざらし

のざらし、陽念、陰念の3人の修行僧が繰り広げる、1話完結式のギャグ漫画。宗教者をメインキャラクターとしながら、少年誌の限界とも言える直接的なエログロ表現と破壊的なスラップスティックギャグが詰め込まれて... 関連ページ:快僧のざらし

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

関連人物・キャラクター
のざらし
和尚
場所
その他キーワード
logo