江美 早百合

七夕の国(漫画)の登場人物。読みは「えみ さゆり」。

  • 江美 早百合
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
七夕の国(漫画)
正式名称
江美 早百合
ふりがな
えみ さゆり

総合スレッド

江美 早百合(七夕の国)の総合スレッド
2016.01.25 12:36

概要

大学教授・丸神正美が主催するゼミの講師。失踪した丸神教授の消息を追うため、ゼミ生や南丸洋二を伴って丸川町を訪れる。学者肌の人間で、丸神教授の消息を調べる一方、丸神の里に伝わる超能力や七夕祭りの謎の調査を進めていく。その際、立ち入り禁止である場所へ忍び込むことも辞さない。

また見とがめられたときには謝罪しつつうまく切り抜けるなど、強引な調査に手慣れている一面を垣間見せた。丸神教授に対して密かに想いを寄せている。

登場人物・キャラクター

南丸洋二の在籍する大学の教授で「丸神ゼミ」の講師を務めている。学内の掲示板で南丸を呼び出していたが、彼と面会する前に自分の祖先が住んでいた丸川町を訪れ、失踪する。南丸以上に手が届く能力の使い方に秀でて...

関連キーワード

『七夕の国』に登場する自治体。A県黒嶺郡にある小さな町。この町を含む一帯は丸神の里と呼ばれる土地で、代々手が届く能力と窓の外を見る能力の能力者を輩出してきた。丸神山と七つ峰と呼ばれる山があり、この土地...

登場作品

大学生の南丸洋二は、あらゆる物質に小さな穴を穿つ手が届く能力と称される超能力を持っていた。ある日、自分を呼び出していたはずの大学教授の丸神正美が、丸川町に赴いた後に失踪。丸神教授も手が届く能力を持つこ...