泣くようぐいす

泣くようぐいす

高校の野球部員である千石うぐいすと仲間たちが、恋愛やギャグ的な因縁などを発端に、ライバル校の生徒たちと野球やケンカなどで勝負していく。序盤は野球部としての活動を描き、試合中やその前後にギャグを絡めていくが、中盤では下ネタやパロディを中心にしたギャグ要素が強まる。その後、再び野球を中心にした展開に回帰するが、連載打ち切りのため唐突に物語が終了する。

概要

幕張第一高校(幕一)の野球部員、千石うぐいすは付き合っていた女生徒に騙されたことから、原宿幕張高校(原幕)のエース蘇我昭彦に敵対心を燃やす。うぐいすは原幕の野球部員を挑発して幕一と原幕の試合を取りつける。試合はうぐいすをはじめ幕一部員の活躍で好ゲームとなるが、本気を出した蘇我の前に圧倒され、そのまま雨によりノーゲームとなる。

それからしばらくたった頃、うぐいすの偽者が現れ、さまざまなトラブルを引き起こす。偽者が、うぐいすに怨みを持つ私羅高校の剛田光年からの刺客と知ったうぐいすは、仲間と共に私羅高校に乗り込んで剛田の部下を倒し、屋上で彼と彼の側近骨川スジオの操るロボット、ノラざえもんと戦闘。

野球部監督の平野浩史と協力し、剛田、骨川を撃破したうぐいすは野球部員としての活動を再開するが、それは剛田の技を受けて気絶したうぐいすの見た夢だった。現実では、うぐいすは剛田を殺害しており、警察に逮捕されてしまう。

登場人物・キャラクター

主人公

幕張第一高校の野球部員。原宿幕張高校の女子生徒に騙されたことをきっかけに、その女生徒の恋人である蘇我昭彦に敵対心を燃やし、野球に打ち込む。150キロの球を悠々とホームランにする、自身も145キロの球を... 関連ページ:千石 うぐいす

幕張第一高校の野球部員。眼鏡をかけ、端正な顔をした美男子。顔は整っているが、いわゆるデベソであり、そのことが強いコンプレックスになっている。洗脳された今裕二がデベソを揶揄した際は激昂し、ロボットに強化... 関連ページ:後藤 和義

幕張第一高校の野球部員。俳優の斎藤洋介のパロディキャラクター。天才的なバッティングセンスを持っており、投げられた球をバケツの中など狙った場所に正確に打つことができる。ギャグ路線に変更後は宇宙人に改造さ... 関連ページ:今 祐二

幕張第一高校の野球部員。元々はお笑い芸人を目指していたが、千石うぐいすと出会って野球部に入り、その俊足を活かして活躍する。かつて祖父が気圧の表記がミリバールからヘクトパスカルになったことを憂い、ミリバ... 関連ページ:岡村 博範

幕張第一高校の野球部員。強豪リトルチームに蘇我昭彦と共に在籍していたこともある実力派のピッチャー。野球部に「けん」という名前のつく部員が2人いるため、上手い方の「けん」ということでプロケンと呼ばれる。... 関連ページ:金子 健太郎

原宿幕張高校の野球部員。リトルリーグ時代から将来を嘱望されたピッチャーで、全身を使ったザトペック投法から繰り出される剛速球を最大の武器とする。恋人であった女子生徒が千石うぐいすとトラブルになったため彼... 関連ページ:蘇我 昭彦

原宿幕張高校の野球部監督。陰茎で人を殴打することができるという特技を持つ。剛田光年との戦いにおいて、剛田の配下である骨川スジオがロボットに乗って襲ってきた際、それに対抗すべく野球部員たちに自作のロボッ... 関連ページ:平野 浩史

『ドラえもん』のジャイアンのパロディキャラクター。一芸入試でのみ生徒を入学させる私羅高校のいわゆる番長で、変装や麻雀といった特技を持つ生徒を「心の友」として配下にしている。千石うぐいすとは幼少時の知り... 関連ページ:剛田 光年

私羅高校の生徒で、剛田光年の参謀的な立ち位置にいる。『ドラえもん』のスネ夫のパロディキャラクター。私羅高校での戦いにおいて、『タイムボカン』シリーズに登場する巨大ロボットに似た「ノラざえもん」に搭乗し... 関連ページ:骨川 スジオ

幕張第一高校野球部のマネージャーである女子生徒。筋肉という文字を見ただけで興奮するほどの筋肉フェチ。千石うぐいすとはボケとツッコミのような関係にあり、私羅高校での戦いでは麻雀対決に苦戦するうぐいすらの... 関連ページ:御供

SHARE
EC
Amazon
logo