かってに改蔵

かってに改蔵

自分は改造人間だと思い込んでいる勝改蔵が、彼が通っている虎馬高校の同級生を巻き込んで繰り広げるギャグ漫画。作者は久米田康治。序盤は下ネタが中心だったが、徐々に社会風刺やブラックジョークを織り交ぜるようになる。

概要

虎馬高校に通う高校生の勝改蔵は、ある日彩園すずの気まぐれ発言により、自分が改造人間になったと思い込んでしまう。勝改蔵は校内にある科特部の部員を巻き込み、様々な天才塾の変人と戦う決意をする。

登場人物・キャラクター

主人公

虎馬高校の2年生で、科特部の部員。幼いころは真面目な天才少年だったが、事故に遭ってから自分が人造人間だと思い込む。容姿端麗だが思ったことをすぐ口にする正確が災いして、人を怒らせることもよくある。物語の... 関連ページ:勝 改蔵

主人公勝改蔵の幼馴染みで、彼の事故の原因を作った張本人。勝改蔵と同じ虎馬高校の2年生で科特部の部員。黒いロングヘアが特徴。序盤は勝改蔵の突っ込み役だったものの、88の人格を持つ多重人格者であることが明... 関連ページ:名取 羽美

坪内 地丹

常にやられ役の下っ端キャラ。勝改蔵と同じ虎馬高校の2年生で科特部に所属する。いつも度の強い眼鏡をかけ、極度の内弁慶で地味でネガティブ。しかし眼鏡を外すと美男子に変貌する。物語が進むに連れて下っ端キャラの面が強くなり、不良たちにカツアゲの被害に遭う場面も。

山田

勝改蔵のクラスメイトで、クラス委員も務めている。名前の文字がだんだんと消えていく謎の病にかかっているため、本名は不明。焼きそばパンが好物。

彩園 すず

勝改蔵の先輩で、科特部の部長。アイドルとして活動していた過去を持ち、業界や学校に対する絶大な権力を持っている。

坪内 砂丹

坪内地丹の双子の弟。兄とほぼ同じ容姿だが、喧嘩は強く、内面も明るく社交的。

坪内 牡丹

坪内地丹の妹。あまり目立たない、内気でおとなしい性格の中学生。他の兄弟と同じく眼鏡をかけている。

泊亜 留美

坪内地丹のバイト先の後輩。坪内に好意を寄せているが、鈍感な性格のため彼からのアプローチを見逃しがち。

神崎 美智子

勝改蔵のクラスメイトで、漫画やアニメの大好きな少女。周囲には黙って同人活動をしていたが、勝改蔵にバラされてしまう。

よし子先生

虎馬高校の教師。最初は保健医だったものの、後に勝改蔵のクラスの担任に就く。

美良野 マリオ

かつて天才塾で講師を務めていた。おしゃれやファッションに精通しており、勝改蔵からは「おしゃれ先生」と呼ばれている。

集団・組織

科学特捜部

『かってに改蔵』に登場する団体。虎馬高校の部活であり、勝改蔵たちが活動の拠点としている。元々は科学部という普通の部活動だったが、改蔵の奇行がきっかけで部員が4人に減った。

天才塾

『かってに改蔵』に登場する団体。勝改蔵が幼少期に通っていた学習塾。入塾審査が厳しく、特別な才能を持った子供しか入れない。改蔵が爆発事故を起こして崩壊した。

場所

虎馬高校

勝改蔵達が通っている公立高校。練馬区と埼玉県の中間に位置するとらうま町にあり、校内では奇妙な出来事が次々と起こる。

書誌情報

かってに改蔵 全14巻 小学館〈少年サンデーコミックス スペシャル〉 完結

第1巻

(2010年4月発行、 978-4091220752)

第2巻

(2010年4月発行、 978-4091220769)

第3巻

(2010年5月発行、 978-4091220776)

第4巻

(2010年6月発行、 978-4091220783)

第5巻

(2010年7月発行、 978-4091220790)

第6巻

(2010年8月発行、 978-4091220806)

第7巻

(2010年9月発行、 978-4091220844)

第8巻

(2010年10月発行、 978-4091220851)

第9巻

(2010年11月発行、 978-4091220868)

第10巻

(2010年12月発行、 978-4091220875)

第11巻

(2011年2月発行、 978-4091220882)

第12巻

(2011年3月発行、 978-4091222299)

第13巻

(2011年4月発行、 978-4091222305)

第14巻

(2011年6月発行、 978-4091222350)

SHARE
EC
Amazon
logo