海のトリトン

海のトリトン

手塚治虫原作の同名漫画『海のトリトン』を基にしたアニメ作品。海棲人類であるトリトン族の最後の生き残りである主人公のトリトンと、七つの海を支配するポセイドンとの戦いを中心に描いている。『宇宙戦艦ヤマト』で知られる西崎義展の初プロデュース作品であり、『機動戦士ガンダム』で知られる富野喜幸(現・富野由悠季)の初監督作品でもある。

正式名称
海のトリトン
ふりがな
うみのとりとん
原作者
制作
アニメーションスタッフルーム
放送期間
1972年4月1日 〜 1972年9月30日
放送局
TBS
話数
27話
ジャンル
アドベンチャー一般
 
ファンタジー一般
関連商品
Amazon 楽天

概要

小さな漁村で祖父の一平と共に暮らしていた主人公のトリトンは、ある日、海でイルカのルカーから自分の出生の秘密と運命を聞かされる。それと同時に、トリトンが暮らしている漁村がポセイドン族の先兵の襲撃を受ける。

自分がいることで村に迷惑がかかると察したトリトンは、トリトン族の衣装とオリハルコンの短剣を身に付け、ポセイドンの野望を挫くため、また、ほかのトリトン族の生き残りを探すため、何も知らない広大な海への旅立ちを決意する。

それは長く険しい冒険の旅の始まりであった。

登場人物・キャラクター

主人公

かつて大西洋に存在したが、太古の昔に沈んだと言われているアトランティス大陸で暮らしていた海棲人類、トリトン族の生き残りで、緑色の髪が印象的な13歳の少年。幼い頃、岬に捨てられていたところを人間の老人で... 関連ページ:トリトン

トリトン族の生き残りの少女で、上半身は人間、下半身は魚類という人魚の姿をしている。明るくお転婆な性格で好奇心も旺盛。なにかにつけて首を突っ込むクセがあるため、危険に遭遇してしまうことも多い。当初は北の... 関連ページ:ピピ

トリトンと行動を共にする白いイルカ。額の部分にある黄色いV字の模様が特徴。かつてはトリトンの父母たちトリトン族の生き残りと平和に暮らしていたが、突如としてポセイドン族の襲撃に遭遇する。その時、トリトン... 関連ページ:ルカー

フィン

イルカ三兄弟の三男。お調子者で気さく、おしゃべり好きで陽気だが、少々頭が悪く、調子に乗り過ぎて失敗することも多い。常に頭にピンク色の法螺貝を紐で付けている姿が特徴的。イル、カルという兄が存在する。

メドン

トリトンに協力的な巨大な海亀で、体は大きいが穏やかな性格。ポセイドン族の罠にかかったトリトンを救出しようとするが、海底火山の爆発に巻き込まれて命を落とす。なお、フィンのトレードマークになっているピンク色の法螺貝は、元々メドンの甲羅の隙間に隠されていたものだった。

ポセイドン

七つの海を支配するポセイドン族の首領で、巨大な石像の姿をしている。生き残ったポセイドン族を配下に、七つの海で暴虐の限りを尽くしている。なぜトリトン族を襲っていたのか、その重大な秘密を握っている。

ドリテア

ポセイドンから北太平洋の司令官に任命された女性。紫色の肌と頭の巻貝、ヒレのような巨大な耳が特徴。触れた物を石に変えてしまうムチを武器に、巨大イカのゲプラーと共にトリトンを付け狙うが失敗。 最後はポセイドン族の掟に従って自決する。

青い目の美しい女性の姿をしたポセイドン族の1人。海グモの牢獄に幽閉されていたが、トリトン抹殺を条件に牢獄からの解放を約束される。その後は生きたカマスを剣に変える能力を駆使してトリトンと死闘を繰り広げる... 関連ページ:ヘプタポーダ

ミノータス

ポセイドン族の1人で北極海の司令官を務める。太めの身体に緑色の肌が特徴。口から吐く冷気を武器に、海の墓場でトリトンと雌雄を決するが敗北する。その正体はヘプタポーダと同じく、ポセイドンが人間を基に、人工的に作り出したポセイドン族である。

一平

かつて岬に捨てられていたトリトンを見つけ、息子同然に育てた人間の老人。小さな漁村で漁師として働いている。漁師だけに荒々しく粗野な面があるものの心根は優しく、村で疎外されていたトリトンを優しく見守りつつ育てていた。

クレジット

原作

演出

富野喜幸

脚本

, ,

作画監督

羽根章悦

音楽

鈴木宏昌

アニメーション制作

アニメーション・スタッフルーム

原作

海のトリトン(青いトリトン)

トリトン族の少年トリトンとポセイドン族との戦いを、陸の人間との関わりを交えながら描く。新聞漫画として連載され、アニメ放送終了後、単行本化された際に『海のトリトン』に改題された。 関連ページ:海のトリトン(青いトリトン)

SHARE
EC
Amazon
logo