牧神の午後

牧神の午後

牧神の午後(漫画)に登場する作品。

登場作品
牧神の午後(漫画)
正式名称
牧神の午後
関連商品
Amazon 楽天

概要

本作のタイトルに使用されたニジンスキー振り付けによるバレエ作品。1912年のパリ、シャトレ座公演にて初演。初演時の当時としては露骨な性的描写(自慰)が物議を醸し、「ル・フィガロ」紙の非難記事と、それに対するディアギレフ、画家オディオン・ルドン、彫刻家オーギュスト・ロダンの反論記事の同紙掲載により世間の耳目を集めた。

モダン・バレエの原点とされる。音楽はクロード・ドビュッシー作曲の「牧神の午後への前奏曲」より。

登場作品

牧神の午後

1909年、パリ、シャトレ座。ロシア・バレエ団のバレエ・マスターであるフォーキンが公演直前の準備に大わらわになっているところから物語は開幕する。この時、フォーキンにとって19歳のニジンスキーは、興行師... 関連ページ:牧神の午後

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

登場作品
牧神の午後
logo