生霊の沼

生霊の沼

高校生・押切トオルが経験した異常現象と怪奇事件を描くホラー短編。押切が登場する作品は、『首幻想』『生霊の沼』『ペンフレンド』『侵入者』『押切異談』『押切異談・壁』の6話ある(発表順)。主人公の押切の設定はほぼ同じだが、各短編は基本的に独立したストーリーである。ただし、『侵入者』『押切異談』『押切異談・壁』は、自宅の屋敷に異次元の出入り口があるという設定で、連作の要素が強い。

正式名称
生霊の沼
作者
ジャンル
ホラー
 
怪談・伝奇
レーベル
あさひコミックス(朝日新聞社)
関連商品
Amazon 楽天

概要・あらすじ

高校2年生の押切トオルは、同じクラスでサッカー部の小島と親友。小島はアイドル並みの女子人気があり、2年の楯こずえと曽我由美子を中心に親衛隊が組織されている。押切小島は美化委員の活動で、幽霊伝説のある学校裏の沼でゴミ拾いをする。小島は崖からに落ちて、行方不明となった。

小島は楯と曽我の異常な執念に辟易し、行方をくらますために今回のことを仕組んで、押切も協力したのだ。後日、で美化委員2人の遺体が見つかった。その夕方、押切は楯に立入禁止のに呼び出される。曽我もおり、2人からに潜って小島の遺体を捜してほしいと懇願される。

登場人物・キャラクター

押切 トオル (オシキリ トオル)

『生霊の沼』に登場する主人公の高校生男子。2年B組の美化委員。同じB組で美化委員の小島と親友。

小島 (コジマ)

『生霊の沼』に登場する高校生男子で、押切トオルの親友。2年B組の美化委員で、サッカー部に所属する。学校でアイドルタレント並みの人気があり、ファンの女子集団である親衛隊が存在する。美化委員として学校裏の庭を清掃中、崖から沼に転落し、そのまま行方不明となる。

集団・組織

親衛隊 (シンエイタイ)

『生霊の沼』に登場する、サッカー部のアイドル小島ファンの女子集団。2年の楯こずえ(たてこずえ)と曽我由美子(そがゆみこ)が中心となる。2人は押切トオル、小島と同じ美化委員。小島は2人がつきまとう異常な執念にうんざりしており、逃げ切るために家出も辞さない覚悟でいた。中学時代、2人に拒否感を示したところ、2人の頭上から怨念の火の玉が舞い上がるのを見たという。

場所

学校裏の沼 (ガッコウウラノヌマ)

『生霊の沼』に登場する、学校裏の沼。昔、男に捨てられて沼で死んだ女の幽霊が、素敵な男を引き摺り込むという噂がある。沼のゴミがひどいため、美化委員が清掃することになる。女子学生の憧れの的である小島が、清掃中に沼に落ちて行方不明となった。その後、美化委員の委員長と副委員長の2人が、沼で死体となって発見される。

SHARE
EC
Amazon
logo