白土 美香

バカとボイン(漫画)の登場人物。読みは「しらと みか」。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
バカとボイン(漫画)
正式名称
白土 美香
ふりがな
しらと みか

総合スレッド

白土 美香(バカとボイン)の総合スレッド
2016.10.07 14:21

概要

山田太一と同じ予備校に通う女性。活発で思い込みが激しく、「正義の塊」を自称。太一を盗撮魔だと勘違いして殴りかかった。謝る際はすぐに土下座をする。太一、赤羽辰巳五郎のアイドルオタク3人に対し、犯罪を起こす前に監視すると言い出し、「社会の役に立つ人間になる」ためと称して「神田ゼミヒーロー部」を設立した。

幽霊のアイドルプロデューサータケシの娘で、警官だった彼が刺殺されてから、悪を許さないヒーローになる、と決意し頑張り続けていた。町中で強盗犯を見つけ追いかけるも、逆に誘拐されてしまったところを太一と椎名こころ、父のタケシに助け出された。まっすぐな太一に好意を抱いており、色々な理由をつけて彼と一緒にいようとするが、不器用なため親しくなれていない。

登場作品

グラビアアイドルの椎名こころが大好きな浪人生山田太一は、ある日こころがビルから落下したところで衝突してしまう。太一の入院中、こころは魂だけになって彼の前にあらわれた。こころをなんとか生かしたいと考えた...