神は遊戯に飢えている。

神は遊戯に飢えている。

細音啓の小説『神は遊戯に飢えている。』のコミカライズ作品。精霊や龍などが存在する世界を舞台に、人類最高の頭脳を持つフェイ・テオ・フィルスと元神様のレオレーシェが、神々の作った遊戯(ゲーム)「神々の遊び」に挑む姿を描いた頭脳戦ファンタジー。カードが飛び交う「自己紹介神経衰弱」、ビルよりも巨大な敵の攻撃を避けながら勝利条件の達成を目指す「神ごっこ」など、登場する遊戯には独自性があり、隠しルールを解き明かす推理要素も盛り込まれている。また、「神呪(アライズ)」と呼ばれる特殊能力を用いた攻防が描かれており、異能バトルさながらのアクションも楽しめる。神々の遊びの様子を映像として配信・収益化する組織が登場する点も特徴で、細音啓はDays「ラノベニュースオンライン」のインタビューで現実のeスポーツの流れを意識的に取り入れたことを明かしている。KADOKAWA「月刊コミックアライブ」2021年10月号から連載の作品。2024年4月1日から原作小説のテレビアニメがTOKYO MX、AT-Xほかにて放送。フェイ・テオ・フィルスを島﨑信長、レオレーシェを鬼頭明里が演じる。

正式名称
神は遊戯に飢えている。
ふりがな
かみはげーむにうえている
原作者
細音 啓
作者
ジャンル
ファンタジー
 
心理戦・頭脳戦
レーベル
MFコミックス アライブシリーズ(KADOKAWA)
巻数
既刊4巻
関連商品
Amazon 楽天

概要・あらすじ

登場人物・キャラクター

フェイ・テオ・フィルス

神秘法院ルイン支部に所属する黒髪の少年。神々と遊戯(ゲーム)で対決する「神々の遊び」の参加権にして、超常の力の源泉でもある「神呪(アライズ)」を保有する「使徒」で、不死に等しい再生能力「神の寵愛を授かりし(メイ・ユア・ゴッド)」の持ち主。遊戯好きで、ダイスの目の操作やカード配置の暗記など、さまざまな遊戯に応用できる技能を身につけている。この能力は名前すら知らない「お姉ちゃん」との遊戯で磨かれたもので、遊戯の楽しさも彼女から教わった。神々の遊びにデビューして3連勝を挙げている有望株で、神々の遊びを「完全攻略(クリア)」した暁には、どんな願いでも叶う「神の栄光(セレブレイション)」で、お姉ちゃんと再会しようと考えている。ある日、遊戯の実力と不死の能力を見込まれ、レオレーシェの指導役(チューター)に任命される。彼女との「自己紹介神経衰弱」で事実上の監視役であることを明かしてしまうが、互いに遊戯を心から楽しんでいる点で通じ合い、神々に挑む盟友となる。

レオレーシェ

永久氷壁で3000年も眠っていた元神様。愛称は「レーシェ」。外見は炎橙色(ヴァーミリオン)の長髪をなびかせた少女で、フェイ・テオ・フィルスに遊戯(ゲーム)の楽しさを教えた「お姉ちゃん」に似ている。遊戯好きで、実力も確かながら極度のうっかり者。氷漬けになっていたのも、居眠り状態で氷河期を迎えたからである。また、本来は炎と血の化身で、竜神に分類される存在だったが、人間と遊ぶために受肉したことで神に戻れなくなってしまった。現在は神秘法院ルイン支部の預かりだが、自由奔放なレオレーシェの存在は組織の悩みの種となっている。神々と遊戯で対決する「神々の遊び」を「完全攻略(クリア)」した暁には、「神の栄光(セレブレイション)」で神に戻ろうとしており、指導役(チューター)として充てがわれたフェイの素養を遊戯を通して見極め、パートナーに選んだ。なお、受肉状態でも力は人間を遙かに凌ぎ、1時間もあれば都市を抹消できる。現代知識は書物から得ているが、存在意義が理解できないとして下着を身につけず、フェイをどぎまぎさせている。

クレジット

原作

細音 啓

キャラクター原案

智瀬 といろ

書誌情報

神は遊戯に飢えている。 4巻 KADOKAWA〈MFコミックス アライブシリーズ〉

第1巻

(2022-03-23発行、 978-4046812261)

第2巻

(2023-04-21発行、 978-4046824547)

第3巻

(2024-04-23発行、 978-4046835673)

第4巻

(2024-05-23発行、 978-4046836373)

SHARE
EC
Amazon
logo