私設探偵 赤い牙

私設探偵 赤い牙

レイプ事件の犯人探しの依頼を受けた元刑事の素人探偵が、事件の隠された真実に迫っていくハードボイルドなサスペンス。官能バイオレンス小説家として知られる作家の勝目梓が原作を手がけた。

正式名称
私設探偵 赤い牙
ふりがな
しせつたんてい あかいきば
原作者
勝目 梓
作者
ジャンル
裏社会・アングラ
レーベル
ホーム社漫画文庫(ホーム社)
巻数
全2巻完結
関連商品
Amazon 楽天

概要・あらすじ

長崎での新婚旅行を楽しんでいた若い夫婦が2人組の暴漢に襲われ、新妻の鬼沢久美子がレイプされるという事件が起きた。同じ頃、久美子の父親で資産家の鬼沢由造もまた強盗に襲われ重傷を負うが、なぜか由造は警察に届け出ようとはしなかった。しばらくして由造のもとに久美子がレイプされている写真が届く。怒りに燃える由造は元刑事の根津裕平を雇い、レイプ事件の犯人を捕えて自分のところに連れて来いと命じる。

由造の依頼を受けた根津は調査を開始するが、事件の裏には由造の過去に関わる意外な事実が隠されていた。

登場人物・キャラクター

根津 裕平 (ねづ ゆうへい)

元刑事の男性で年齢は30歳。1歳の時に両親を強盗に殺害され、孤児院で育ったという過去を持つ。1年前に人妻と問題を起こして警察を退職。以降、金貸しの取り立てや日雇いの運転手などの職を転々としていたが、たまたま読んだ新聞の求人欄に応募したことから鬼沢由造に雇われ、探偵として鬼沢久美子をレイプした犯人の捜査をすることになる。

真知子 (まちこ)

ポルノ劇画家を志望している若い女性。新宿で飲んでいた根津裕平と知り合い、肉体関係を持つ。あっけらかんとした能天気なタイプで、劇画のネタになるかもという思惑から、根津の仕事に興味を持ち彼に接近。探偵助手として根津を手伝うことになる。中学生の時に両親を事故で亡くしていて、根津と同じく天涯孤独の身。

鬼沢 由造 (おにざわ よしぞう)

巨大企業「新光興業」の社長。食堂の主人から身を興した立志伝中の人物で、都内の繁華街に13もの貸しビルを持ち、その他にガソリンスタンドと7つの給食会社を経営している。さらに不動産会社の会長も務めるなど、総資産30億は下らないという資産家である。一人娘である鬼沢久美子が新婚旅行中にレイプされ、自身も強盗に襲われて重傷を負うが、警察への通報を拒否。 元刑事の根津裕平を雇い、犯人を捕らえて自分のもとに連れて来るように命じる。現在、正妻はおらず、三枝子という愛人を囲っている。

鬼沢 久美子 (おにざわ くみこ)

鬼沢由造の一人娘で、学生時代のあだ名は「クーコ」。夫の鬼沢圭吾は大学時代の同輩で、彼が婿養子に入る形で結婚したが、新婚旅行の途中に2人組の暴漢に夫の目の前でレイプされてしまう。この事件以降、夫の態度がよそよそしくなり家庭内で孤立。さらに、かたくなに警察の捜査を拒む由造の態度を見て、事件の裏に何か隠されているのではないかという疑念に囚われ、動揺や孤独感から大学時代の恋人である西河修二と肉体関係を持ってしまう。

鬼沢 圭吾 (おにざわ けいご)

鬼沢久美子の夫。鬼沢家の婿養子で、義父の鬼沢由造が経営する巨大企業「新光興業」の後継者と目されている。インテリタイプの優男で久美子との新婚旅行の途中、暴漢に襲われて目の前で妻をレイプされるが何もすることはできなかった。この事件を機に妻である久美子への態度が変わっていき、やがて彼女に対して暴虐に振る舞うようになる。

西河 修二 (にしかわ しゅうじ)

鬼沢久美子と鬼沢圭吾の大学時代のヨット部の同輩の男性。学生時代に久美子と付き合っていたが、彼女に振られたという過去がある。やくざな雰囲気をまとった無頼のフリーライターで、暴漢にレイプされて心が弱っている久美子の前に出現。圭吾の浮気をほのめかし、動揺する彼女と肉体関係を持つ。

三枝子 (みえこ)

鬼沢由造の愛人。由造からマンションの一室を与えられており、彼女の部屋で由造が強盗に襲われるという事件が起きた。和服姿の清楚な美人で普段はほとんど感情を露わにしないが由造に忠実に仕えており、根津裕平の度胸を試すため、由造の命令であえて根津に抱かれる。

遠藤 (えんどう)

鬼沢由造の別荘番をしているスキンヘッドの大男。殺人の罪で服役していた過去がある。由造への忠誠心は厚く、彼のためならどんな汚れ仕事もいとわない。また、恐ろしいほどの怪力で、根津裕平が捕らえた須永和行や野尻を徹底的に痛めつける。

須永 和行 (すなが かずゆき)

練馬に住むチンピラの男性。野尻と組んで新婚旅行中の鬼沢久美子と鬼沢圭吾を襲い、久美子をレイプした。松沢ルミコというキャバレー勤めの情婦がいる。レイプ事件の犯人を追う根津裕平に捕まり、鬼沢由造の持つ箱根の山小屋に監禁される。

野尻 (のじり)

須永和行と組んで新婚旅行中の鬼沢久美子と鬼沢圭吾を襲い、久美子をレイプした男。レイプ事件の犯人を追う根津裕平に愛人もろとも拉致され、鬼沢由造の持つ箱根の山小屋に拘禁。拷問に耐えかね、柿沼という男に雇われての犯行だったことを白状する。

松沢 ルミコ (まつざわ るみこ)

池袋のキャバレー「女王蜂」でホステスをしていた女性で、須永和行の情婦。実は鬼沢由造に強い恨みを持っており、柿沼やその情婦を仲間に引き入れて鬼沢久美子を襲撃させた。須永の女になったのも彼に犯行の片棒を担がせるためだったが、根津裕平に尻尾をつかまれたため行方をくらます。

柿沼 (かきぬま)

須永和行と野尻を雇って鬼沢久美子をレイプさせた男。調査のため長崎を訪れた根津裕平を情婦に誘惑させてホテルに誘い込み、情事の最中に襲撃。飛び降り自殺に見せかけて殺そうとするが、根津に反撃されたため逃走した。その後、自宅で情婦とともに死体で発見される。

尾崎 (おざき)

刑事時代の根津裕平の同僚だった男性。根津に頼まれて鬼沢由造の前歴を調査し、由造が根津の両親が殺害された強盗事件の容疑者だったことを突き止める。根津が刑事をクビになった経緯をよく知っており、彼のことをあまり信用していない。

横河 仙次 (よこかわ せんじ)

根津裕平の両親が殺害された強盗事件で、鬼沢由造とともに容疑者になっていた男性。元トラックの運転手で根津の父親と面識があり、事件後に高価な時計を購入するなど不審な点が多かったため逮捕された。一貫して犯行を否認し続け、証拠不十分で不起訴となったが、その後大阪で死亡した。

クレジット

原作

勝目 梓

書誌情報

私設探偵赤い牙 全2巻 ホーム社〈ホーム社漫画文庫〉 完結

第1巻

(2001年7月発行、 978-4834272178)

第2巻

(2001年7月発行、 978-4834272185)

SHARE
EC
Amazon
logo