稲生 武夫

タケヲちゃん物怪録(漫画)の主人公。読みは「いのう たけを」。別称、タケヲ。

  • 稲生 武夫
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
タケヲちゃん物怪録(漫画)
正式名称
稲生 武夫
ふりがな
いのう たけを
別称
タケヲ

総合スレッド

稲生 武夫(タケヲちゃん物怪録)の総合スレッド
2016.01.25 12:37

概要

極端な不幸体質で、普通に生活にしているだけで様々な事故にあってしまうため、周りから人を遠ざけ日々を過ごしていた。広島出身だが、不幸から家族を守るため東京の高校へと進学、妖怪屋敷百鬼荘へ引っ越し、座敷童子山本六郎左衛門と出会った。のちに不幸の原因は疫病神神野悪六朗に受けた祟りと判明する。

妖怪の好物であり、人間の負の感情の集積である「陰の気」が大量に憑りついているため、感情が乏しくなってしまっている。陰の気はタケヲが驚くと飛び出すが、彼女は幸福を感じると驚いてしまうため、六郎左衛門や百鬼荘の妖怪たちは彼女を幸せにしようと決心。タケヲはやがて笑顔を取り戻し、表情豊かになっていく。

何事にも物怖じしない性格で、初対面の人や妖怪をあだ名で呼ぶことが多い。

登場人物・キャラクター

『タケヲちゃん物怪録』に登場する妖怪。幸運をもたらす座敷童子で妖怪屋敷百鬼荘の頭領。何か行動を起こすごとに幸運を呼び込むほどの強運の持ち主。童顔の美男子という妖怪らしからぬルックスで頼りない性格だが、...

関連キーワード

閑静な住宅街に佇む木造建築・築100年で、トイレ・風呂共同の六畳一間のアパート。山本六郎左衛門率いる妖怪たちが暮らす妖怪屋敷となっている。普通の人間は驚いてすぐ出て行ってしまうが、タケヲは平然と住み着...

登場作品

不幸体質の少女稲生武夫は、自分に降りかかる災難から周りの人々を守るため、一人さびしく暮らしていた。アパート百鬼荘に引っ越した彼女は、そこで座敷童子の山本六郎左衛門と出会う。幸運を呼び込む力を持つ六郎左...