そこは眠りの森

そこは眠りの森

記憶喪失の青年が見知らぬ少女に助けられ、記憶が戻るまでの間を共に過ごすことになる。しかし、子供にしか見えない彼女にはある秘密が隠されていた。「別冊少女コミック」1998年4月号に掲載された作品。

正式名称
そこは眠りの森
作者
ジャンル
記憶喪失
 
ファンタジー一般
レーベル
Betsucomiフラワーコミックス(小学館)
巻数
全1巻
関連商品
Amazon 楽天

概要・あらすじ

ある朝知らない屋敷で目を覚ました青年は、自分が一切の記憶をなくしていることに気付いた。森で倒れていた自分を助けたという少女・結衣の厚意で、ポチと名付けられ記憶が戻るまでの間、彼女の家に身を寄せることになった彼だったが、小学生程度にしか見えない結衣は、ある大きな秘密を抱えていた。

登場人物・キャラクター

主人公

記憶喪失の青年。長髪を1つに束ねている。森の中で倒れていたところを結衣に助けられ、記憶が戻るまでの間、彼女の家で過ごすことになった。自分が何者だったかは思い出せないが、バターナイフに似たものをよく握っ... 関連ページ:ポチ

結衣

ポチを救助し、家に招いた少女。胸のあたりまで伸ばしたストレートロングヘアの、気の強い人物。見た目は小学生程度にしか見えないが、12歳の頃に起きた事件から身体の成長が止まってしまっており、実年齢は18歳。他人の愛情を信じられず、成長することを強く恐れている。

九鬼

森の中の屋敷で結衣と共に暮らす若い男性。額を全開にし、眼鏡をかけた柔和な雰囲気の人物。結衣に恋しており、彼女が成長を受け入れ大人になる瞬間を6年間待ち続けているが、これといった成果は得られていない。結衣と急速に親しくなったポチに嫉妬しているところがある。

加納 桜

ポチの恋人。真ん中で分けたウェーブがかったボブヘアの若い女性。ポチが師事していた加納先生の妻で、先生の目を盗み、ある場所で逢瀬を続けていた。先生に知られたことで関係は崩壊したが、嵐の晩再びポチのもとに現れ、それがポチの記憶喪失のきっかけとなった事件を呼び起こした。

書誌情報

そこは眠りの森 全1巻 小学館〈Betsucomiフラワーコミックス〉 完結

第1巻

(1998年8月発行、 978-4091372130)

SHARE
EC
Amazon
logo