羽照那島

羽照那島

南国トムソーヤ(漫画)、沖縄本島から南西に500kmに位置する島。読みは「はてなじま」。

登場作品
南国トムソーヤ(漫画)
正式名称
羽照那島
ふりがな
はてなじま
関連商品
Amazon 楽天

概要

実在しない、架空の地名。「果ての島」という意味から名づけられたとされている。人工は約80人。主な産業はサトウキビ栽培と観光。朝倉スズは、この島が「ニライカナイ」(沖縄の民間信仰における理想郷)であり、国を追われた南方からの移住者が作り上げた海洋独立国家である、という説を唱えている。

登場作品

南国トムソーヤ

「誰よりも遠くへ」という亡き母の言葉に従って、東京から沖縄最果ての島・羽照那島へとやって来た少年・チハル。彼はそこで島の少年・リンドウやツカサの少女・ナミと出会い、徐々に島での暮らしに馴染んでいく。し... 関連ページ:南国トムソーヤ

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

登場作品
logo