少年ケニヤ

少年ケニヤ

昭和16年、アフリカの英領ケニヤで村上大助と、その息子村上ワタルは、日本がイギリス・アメリカと開戦した報を聞く。親子は、イギリス軍の捕虜になることを避けようと逃げるうちに、生き別れとなってしまう。凶暴な野生動物が多数生息する地で、ワタルは原始マサイ族の老酋長ゼガや白人の少女ケートと出会い父を捜していく。アフリカの各地を彷徨い、時に野生動物、時に恐竜と戦い、勇気と知恵で危難を乗り越えていく、冒険活劇。

正式名称
少年ケニヤ
原作者
山川 惣治
漫画
ジャンル
アドベンチャー
レーベル
マンガショップシリーズ(マンガショップ)
巻数
全2巻
関連商品
Amazon 楽天

概要・あらすじ

アフリカの英領ケニヤで生まれ育った日本人の少年、村上ワタルは、ある日、父の村上大助が商用で出かけると聞き、野生動物を見たいと一緒に行くことをせがんだ。出張先で日本がイギリスとアメリカに対して開戦したため、捕虜になることを避けようと逃れるふたりだったが、その途中、サイに襲われ、生き別れとなってしまう。

父を捜す中で、原始マサイ族の老酋長ゼガから戦う術を学び、白人の少女ケートを悪い現地住民から救い出し、ワタルは冒険を繰り広げて成長していく。

登場人物・キャラクター

村上 ワタル

アフリカの英領ケニヤで生まれた日本人の少年。昭和16年の時点で10歳。父の村上大助が商売のため、ナイロビに出かけることになった際、野生動物を見たくて一緒に着いていった。出張先で、日本がイギリス・アメリカへと開戦したため、イギリス軍の捕虜になるのを避けて、父と共にイギリスの勢力圏外へ逃れようとする。 その途中、サイに襲われ、父と生き別れてしまう。ひとりでアフリカを彷徨っていたところ、裏切りにあい行き倒れていた原始マサイ族の大酋長、ゼガの命を救い、彼から槍の使い方などを学びたくましく育っていく。父を捜し出すには、ゼガが原始マサイ族の酋長へと復帰するのが近道と考え、彼の手助けをするようになる。 ゼガとともに冒険を続けるうちに、幼い頃にポラ族に攫われ、神として崇められていた白人の少女、ケートを救出。その後は、ケートを本当の両親の元へ連れて行くという目的も加わって、3人でアフリカの各地を冒険していくこととなる。

村上 大助

ワタルの父。英領ケニヤのモンバサで綿布を取り扱う商店を開いている。勇気があって立派な人物であり、現地の人々から厚い信頼を寄せられていた。息子の村上ワタルと生き別れた後、彼を捜してアフリカの大地をさまようこととなる。普通の商人であったが、幾たびも危難を乗り越えるうちに、銃の腕が上がり、百発百中ともいえるほどとなった。

ブーチ

村上大助が雇っていた黒人の召使。大助から、荷物の引取りを命じられ、トムソン滝まで行った際、日本が、イギリスとアメリカに対して開戦したことを知る。日本人に関わっていると、自分たちまで英国人に逮捕されると考え、仲間と一緒にトラックで逃げ出し、村上親子を森の中に置き去りにした。

ゼガ

原始マサイ族の大酋長であったが、部下たちと狩に出ていたところ、突然の病気で倒れてしまう。これを酋長の座を奪う好機とみたセンゲにより、置き去りにされ、行き倒れることとなった。偶然通りかかった村上ワタルに助けられ、その恩義と彼の勇気に感じ入り、父親捜しの協力者となる。投げ槍の名人。 弓も巧みに操り、200m先の的も外さないほどの力量を備えている。観察眼に優れ、長く生きるうちに蓄えた経験とあいまって、さまざまな知恵をもっており、これをワタルに授けている。また、投げ槍も彼に教えており、ワタルの師とも呼べる存在。大酋長と呼ばれるだけあり、その名は他の部族にも知れ渡っている。

センゲ

狩猟の最中、酋長のゼガが急病に倒れたことを好機とし、彼を置き去りにして、原始マサイ族の酋長へと納まった男。強さにより部族を従えているが、人望は低い。部族のみんなには、ゼガは死んだと伝えており、彼が生きていることを隠すため、腹心の部下を使って、ゼガが村へ戻ることを何度も阻止した。 酋長になってからは、村人をいじめて、贅沢三昧を送っている。

ダーナ

『少年ケニヤ』に登場する動物。体長25m以上、推定体重が1000kg以上、ライオンをひと飲みにするほどの大蛇。ゼガが子供の頃から生きており、時々、しとめた獲物をダーナに与えていたため、ダーナはゼガに対してある種の友情のような気持ちを持っている。ゼガと仲の良い村上ワタルに対しても好意を抱いており、ワタルが昏倒し、ゼガが目覚めさせるために必要な薬を探しに行った際には、ワタルを保護している。 それ以降も、幾たびかゼガやワタルのピンチを救っている。ジュージューの沼地を安全に渡るための足場を知っており、ゼガは、ダーナが沼を渡るのを観察して、その足場の位置を知ることとなった。

吸血コウモリ

『少年ケニヤ』に登場する動物。群で行動し、寝ている人間や動物の顔に張りついて窒息させ、その後に血を吸う。一度血を吸い始めると、周囲で騒ぎが起こっても、血を吸い続けるという図太さがある。火を苦手とする。

ポーレ

原始マサイ族の女性。ゼガ派の人物であり、集落にこっそりと現れたゼガの頼みを聞いて気付け薬を持ってくるが、後をつけたセンゲ派の男に殺されてしまう。その仇は、ゼガの手でとられている。

ロンダ

原始マサイ族の男性。特徴的な鼻をしており、かぎ鼻のロンダと呼ばれている。ゴマすりをする男であり、ゼガが生きていることをセンゲが知ると、ゼガの暗殺を請け負っている。

ナンター

『少年ケニヤ』に登場する動物。大蛇のダーナよりも大きい巨象。底なし沼であるジュージューの沼に足を踏み入れようとしていたところを、村上ワタルの機転により助けられた。このため、ワタルに友情を抱くようになり、彼の危機をたびたび救うようになる。名前の由来は、ダーナよりも大きなところから、ダーナにちなんで、その名前をさかさまにしたもの。

ケート

ポラ族から白い神として崇められている白人の美少女。金髪で豹の皮で作った衣装をまとっている。もともとはキリンジニで両親と共に暮らしていたが、5歳の時にポラ族の呪い師、グレに攫われ、神様として仕立てられた。だが、ケート自身は、そのことを覚えていない。神として敬われていたため、高飛車なところがあるが、心根は優しく、煙でいぶされて目が見えなくなったゼガの目の治療をしている。 偶然、ポラ族の聖地に足を踏み入れた村上ワタルを見かけ、これを咎めて襲い掛かるなど、気が短く攻撃的なところがある。後に、ライオンに襲われそうになったところを、村上大助に助けられており、そのことを村上ワタルに伝えた。 これにより、ワタルは、父が生きており、自分を捜していると確信する。彼女を攫ってきたグレからは、彼の意見を通すための道具として扱われており、言うことを聞かないと、鞭で叩かれていた。ワタルと出会い、外の世界のことを知り、またグレより、自分が攫われてきたという真実を知らされると、ワタルの協力を得て、村から逃げ出し、以降、ワタルやゼガと共に冒険を重ねていく。

ルテンビト

『少年ケニヤ』に登場する動物。ビクトリア湖の主である巨大なワニ。人々から可愛がられており、名前を呼ばれると岸辺に来て、食べ物をもらったりしている。

グレ

ポラ族の呪い師。ケートを攫って神様に仕立て、彼女の口を通して、部族民たちに自分の言うことをきかせていた。ケートを白い神として崇めさせていたため、同じく彼らより肌の白い村上ワタルは目障りな存在であった。

ダライ

ポラ族の酋長。なまけものでいつも寝ており、グレが実権を握っていることに気づいていない。

ザケ

原始マサイ族の男性。ちょっと抜けているところがあるが、ひょうきんで基本的に良心的な人物。ゼガは死んだと思っており、彼を見たときは幽霊だと思っていた。

ワカギ

原始マサイ族の青年。ゼガの甥であり、また、リーダー、戦士としての資質に優れているところから、周りから敬意をもたれている。このため、新酋長のセンゲも無下には扱えない。センゲに挑発され、一人前の男となるための儀式、ライオン狩りを行い、見事これに成功している。この狩りの中で、ゼガと再会し、その生存を知る。 また、別のライオンに襲い掛かられているところを村上ワタルから助けられた。

集団・組織

原始マサイ族

『少年ケニヤ』に登場する部族。マサイ族の一派。誇り高くイギリスに従うことをよしとせず、山奥に隠れ住んでいる。長槍の扱いに長け、周りの部族から恐れられている。マサイ族の男は、一人でライオンを殺すことにより、一人前と認められるようになる。また倒した敵の首を打ち落とすという習慣がある。

場所

ジュージューの沼地

原始マサイ族の集落のそばにある底なし沼で。足を踏み入れると、ずるずると底へと引きずりこまれてしまう。ローグゾウ(凶暴で群をはぐれた象のこと)などが、この沼の犠牲になっている。ゼガは、この沼を渡ることができる秘密の足場を知っており、ここを通って密かに原始マサイ族の集落へと近づくことができた。

クレジット

原作

書誌情報

少年ケニヤ 全2巻 マンガショップ〈マンガショップシリーズ〉 完結

第1巻

(2005年11月発行、 978-4775910528)

第2巻

(2005年11月発行、 978-4775910535)

SHARE
EC
Amazon
logo