聖戦士ダンバイン

聖戦士ダンバイン

ヒロイックファンタジー風の異世界を舞台とするロボットアニメ。騎士の鎧や生物のイメージがあるオーラバトラー、小妖精のようなフェラリオのデザインなど、それまでのメカデザインにない造形がなされた。

正式名称
聖戦士ダンバイン
ふりがな
せいせんしだんばいん
原作者
原作者
制作
日本サンライズ
放送期間
1983年2月5日 〜 1984年1月21日
放送局
テレビ朝日
話数
49話
ジャンル
ロボット
 
SF一般
 
ヒロイックファンタジー
 
戦争一般
関連商品
Amazon 楽天

概要

海と大地の狭間にある異世界バイストン・ウェル。この世界に地上から「聖戦士」として召喚された少年ショウ・ザマは、生体エネルギー「オーラ力」によって作動するオーラバトラー・ダンバインを駆り、仲間たちと共に覇王ドレイク・ルフトの軍勢と戦う。

戦乱はバイストン・ウェルのみならず、ショウ・ザマたちの故郷である地上世界にまで拡大してゆく。

登場人物・キャラクター

主人公

日本人の少年。ドレイク・ルフトによってバイストン・ウェルに聖戦士として召喚されたが、敵対するゼラーナに加わり、オーラバトラーダンバイン、ビルバインを操縦する。 関連ページ:ショウ・ザマ

ドレイク・ルフトに仕える騎士。ショウ・ザマたちに敗れ一度姿を消すが、後にショット・ウェポンの私兵「黒騎士」としてショウ・ザマたちの前に立ちふさがる。ショウ・ザマへの憎しみが強大なオーラ力を生む。 関連ページ:バーン・バニングス

アメリカ出身のロボット工学者。ドレイク・ルフトによってバイストン・ウェルに召喚される。オーラ力を動力源としたオーラマシンを開発し、バイストン・ウェルと地上を戦火に巻き込む原因を作る。 関連ページ:ショット・ウェポン

ドレイク・ルフトの娘だが、父と戦うニー・ギブンに想いを寄せている。父の下を逃れゼラーナのクルーと行動を共にするが、連れ戻される。母であるルーザ・ルフトに殺される。 関連ページ:リムル・ルフト

ドレイク・ルフトと隣接する領主の家に生まれ、父と共にドレイク・ルフトの野望に対抗している。オーラシップ・ゼラーナのキャプテンとしてショウ・ザマ、マーベル・フローズン等を率いている。 関連ページ:ニー・ギブン

アメリカ中西部出身の地上人でショウ・ザマより先にバイストン・ウェルに召喚されていた。ショウ・ザマにドレイク・ルフトの野望を教えて、彼をゼラーナに寝返らせた。ショウ・ザマと絆を深めていく。 関連ページ:マーベル・フローズン

ニー・ギブンたちに協力する赤毛の妖精。ショウ・ザマと行動を共にして度々ショウ・ザマの危機を救った。 関連ページ:チャム・ファウ

「ナの国」女王。ショウ・ザマに助けられ、自国の新型オーラバトラー、ビルバインを与える。 関連ページ:シーラ・ラパーナ

バイストン・ウェル「アの国」の地方領主。召喚した地上人ショット・ウェポンが開発したオーラマシンを使ってバイストン・ウェル征服の野望を抱き行動に移す。 関連ページ:ドレイク・ルフト

その他キーワード

ビルバイン

『聖戦士ダンバイン』の登場メカ。「ナの国」の女王シーラ・ラバーナがショウ・ザマに与えた新型オーラバトラー。ウイング・キャリバー型に変形する。 関連ページ:ビルバイン

ゼラーナ

『聖戦士ダンバイン』の登場メカ。ダンバインほかのオーラバトラーを搭載するオーラシップ。小型艦ながら強力。 関連ページ:ゼラーナ

ダンバイン

『聖戦士ダンバイン』の登場メカ。生体エネルギー「オーラ力」によって動くオーラバトラー。当初はショウ・ザマ、後半ではマーベル・フローズンが使用。剣と四連装オーラショットが武器。 関連ページ:ダンバイン

クレジット

原作

矢立肇 ,

総監督

脚本

斧谷稔

作画監督チーフ

湖川友謙

音楽

坪能克裕

アニメーション制作

日本サンライズ

SHARE
EC
Amazon
logo