蓬原 道

群青(漫画)の登場人物。読みは「よもぎはら みち」。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
群青(漫画)
正式名称
蓬原 道
ふりがな
よもぎはら みち

総合スレッド

蓬原 道(群青)の総合スレッド
2016.09.01 15:33

概要

走るのが大好きなショートカットの少女。幼い頃、宇賀神尚見が駅伝で見事な疾走をしているのを見て、高校生になってからケニアから帰国。宇賀神が教師を務める音無女学館に入学し、駅伝部に入りたいと希望する。ところが学校には駅伝部はおろか陸上部もなく、宇賀神は走ることを一切やめていた。

宇賀神が左脚を失った事情を知ったが、どうしても諦めきれず、自ら駅伝部を設立しようと考える。宇賀神尚見は彼女に、一週間で5人集められたら部を認めると約束。熱血な青春に憧れる高瀬田鶴子、過去の事件で心を病んでいた新開亜美、アイドルになるため駅伝ランナーを目指す戸部藍、皆の苦しみを知っていて部の設立を止め続けた藍田里央に強く語りかけ、駅伝部を作るため奔走する。

登場作品

幼いころ、高校駅伝のエース宇賀神尚見に憧れていた少女、蓬原道。彼女は10年ぶりにケニアから帰国し、宇賀神尚見が教師を務める音無女学館に入学する。ところが学校には陸上部も駅伝部もなく、宇賀神は走ることを...