薪 剛

薪 剛

秘密—トップ・シークレット—(漫画)の主人公。読みは「まき つよし」。

登場作品
秘密—トップ・シークレット—(漫画)
正式名称
薪 剛
ふりがな
まき つよし
関連商品
Amazon 楽天

概要

科学警察研究所法医第九研究室、通称「第九」の室長。階級は警視正。2027年1月28日生まれのAB型、身長163cmで体重50kg。2060年時点で33歳。小さい頃の夢はアメリカ人になり全米スペル選手権に出ること。スペル選手権とは子供だけが選手として参加でき、難しい英単語を耳で聞いてそのスペルを当てて勝ち抜いていくもの。例えば「捜査」という英単語は「investigation」なので「アイ、エヌ、ブイ……」と答える。趣味は外国語学。私生活は秘密のベールに覆われており、孤独な雰囲気をいつもまとっている。

小柄で女性のような端正な顔をしており、首も細く未成年と間違えられることもあるほど若く見える。頭脳明晰で冷静沈着、記憶力、判断力いずれも素晴らしい。異例の早さで昇進して「第九」の室長となる。性格はクールで仕事には厳しく、部下を激しく叱責することも多い。「第九」から辞職する者の半数は室長についていけなくなったためと言われる。残りの半数は、犯罪者の脳内映像を見る職務の厳しさから精神が壊れて辞職する。

「第九」創設時からただ1人生き残っているメンバーで、「第九」で扱った事件すべてに関わっている。かつて凶悪犯の脳内映像を見たあと、残りの室員は全員自殺や入院に追い込まれたが、薪だけはただ1人正気を保っている。その脳内には凶悪事件の真相から国家機密にいたるまで、様々な「秘密」が刻みこまれていると言われており、そのため脅迫や誘拐、暗殺などの危険に晒されている。常に防弾チョッキを着用しており、その理由は、殺害される場合には脳の損傷による死亡を促し、死亡後にMRIスキャナーによって自身の脳内の「秘密」を暴かれることを避けるためである。

あえて自分に好意的な人間と距離を置こうとするが、これは自身が晒されている危険に相手が巻き込まれないようにするためである。部下の青木一行には複雑な危うい感情を抱いているが、それを周りに察知されないようにつとめている。心から信頼していた学生時代からの友人であり同僚の鈴木克洋を正当防衛によって射殺した過去を持ち、そのことが大きなトラウマとなっている。「第九」のMRIスキャナーによる捜査の可能性に輝く未来を見ていた鈴木の遺志を継ぎ、硬直した警察組織の中で日々、ほとんど寝ずに捜査に明け暮れている。

関連人物・キャラクター

鈴木 克洋

科学警察研究所法医第九研究室、通称「第九」の所員。故人。身長186cm、体重78kg、O型、かに座の2026年7月5日生まれ。神奈川県出身。家族は両親と妹。小さい頃の夢は警察官。趣味は夏はダイビングと... 関連ページ:鈴木 克洋

山本 賢司

科学警察研究所法医第九研究室、通称「第九」の所員。身長161cmで体重55kg。2025年6月27日生まれ。A型、かに座、出身地は長崎県。小さい頃の夢は裁判官。既婚者で中2と小学生の娘2人の父。元副検... 関連ページ:山本 賢司

貝沼 清孝

28人連続殺人事件の犯人。快楽殺人犯であり常軌を逸した手口で28人の少年を殺害した。実はかつてスーパーで万引き犯として捕まった時、薪剛にその罪を見逃されたことがあり、薪は貝沼に、自分が「第九」に所属し... 関連ページ:貝沼 清孝

関連キーワード

科学警察研究所法医第九研究室

MRI捜査を専門に行っている組織。科学警察研究所に属するが、警察庁内の正式な機関という位置付けではない。基本的に現行の事件は他部署と合同で行う。 関連ページ:科学警察研究所法医第九研究室

登場作品

秘密—トップ・シークレット—

世界観タイトルの「秘密」は個人が「墓まで持っていく秘密」を意味している。この「秘密」は今までは決して暴かれることがなく、本人の死亡と共に永遠の謎となるはずだった。ところが、毎日自分が頭の中で思い描く、... 関連ページ:秘密—トップ・シークレット—

SHARE
EC
Amazon
logo