ブルンネンの謎

ブルンネンの謎

西洋のおとぎ話でもよく語られる、ギリシャ神話に登場する美しい美女の妖精「ニンフ」の物語を、現代調にアレンジしたミステリー仕立てのファンタジー短編漫画。「週刊少年チャンピオン」1970年2月4日号に掲載された作品で、手塚治虫漫画全集の『ザ・クレーター』第3巻に収録されている。

正式名称
ブルンネンの謎
作者
ジャンル
その他SF・ファンタジー
関連商品
Amazon 楽天

概要・あらすじ

陸上部でマラソンのトレーニングに励む中学生のオクチンは、ある日の練習中に高熱のため倒れてしまう。道沿いにある喫茶店「ブルンネン」の主人に救われたオクチンは、喫茶店の中で「ブルンネン」の主人から不思議な話を聞かされる。それは、店の看板娘であるみどりの出自に関わる信じがたい話であった。そして嵐の夜、オクチンは世にも恐ろしい体験をする。

登場人物・キャラクター

オクチン

P中学で陸上競技部に所属する男子生徒。クラブの仲間と同様、喫茶店「ブルンネン」で働くみどりの美しさに虜になっている一人。練習中に高熱を出し、助けてくれた喫茶店に泊り込んだ日の夜に、恐ろしい出来事を体験する。

みどり

御殿場のハイウエイ沿いにある喫茶店「ブルンネン」で働く美しい女性。休息に立ち寄るP中学陸上競技部生徒たちの憧れの的。高熱で寝込んだオクチンのために、万病に効くという森の泉に生えるコケを探しに行く優しい性格。

「ブルンネン」の主人

喫茶店「ブルンネン」を経営する青年。森の泉でみどりと出逢って恋人同士となり、喫茶店で共に働いている。ある嵐の夜に、みどりの出自にまつわる不思議な話をオクチンに告白する。

SHARE
EC
Amazon
logo