虫と歌

虫と歌

高校生うたは、昆虫の模型作りを生業とする長男晃、妹ハナと3人暮らし。そこへ、カミキリムシの羽と触覚を持つ少年シロウが現れる。彼らの奇妙な共同生活を描いた短編ファンタジー。作者市川春子のデビュー作。

正式名称
虫と歌
作者
ジャンル
SF一般
 
ファンタジー一般
 
動物擬人化
レーベル
アフタヌーンKC(講談社)
巻数
全1巻
関連商品
Amazon 楽天

概要

平凡な男子高校生のうたは、昆虫のデザインと模型作りを生業とする長男、妹ハナと3人で暮らしていた。兄の仕事の手伝いをして過ごしていたうただったが、ある日の夜、昆虫の触角と羽を持つ少年が現れる。彼はが作り出した人間に擬態する昆虫で、失敗作として海に捨てられた個体であった。シロウと名付けられた少年は、うたに兄弟のように懐き、奇妙な共同生活を始めていく。

登場人物・キャラクター

うた

男子高校生。兄晃、妹ハナと3人で暮らしている。兄の仕事である昆虫模型作りを手伝っており、手先は器用。偏食で野菜を好み、肉をあまり食べない。足が速く、陸上部に誘われている。世話好きで、シロウに懐かれる。

うたの兄で、うたと妹のハナを一人で育ててきた。新しい昆虫をデザインし、模型を作る仕事で生計を立てている。人間に義体する昆虫を作る研究をしており、シロウの産みの親。

ハナ

うたの妹で、兄晃と三人暮らしをしている。うたとは違い肉好き。シロウの名付け親。

シロウ

晃によって生み出された、人型に擬態する昆虫。さなぎの時、失敗作として海に捨てられていたが、孵化して帰って来た。はじめはまったく話せなかったが、うたたちと暮らすうちに片言くらいは話せるようになった。

書誌情報

虫と歌 :市川春子作品集 全1巻 講談社〈アフタヌーンKC〉 完結

第1巻

(2009年11月発行、 978-4063106176)

SHARE
EC
Amazon
logo