覇-LORD-

覇-LORD-

古代中国を舞台に三国志の英雄・劉備にすり替わった倭人燎宇が、大陸の覇を目指す歴史IFもの。原作:武論尊、作画:池上遼一。

正式名称
覇-LORD-
作画
原作
ジャンル
歴史IFもの
関連商品
Amazon 楽天

概要

西暦(184年)。倭国統一に貢献した奴国の勇将・燎宇は、目の前で衣服を脱ぐ卑弥呼を制し、数年前に出会った曹操の言葉を語りながら、覇道を目指すことを促す。そして自らは後漢の「覇」を握ることを決意し、海を渡った。幽州に辿りついた燎宇は、劉備、関羽、張飛の3人に出会い、行動を共にする。

やがて劉備の非道な振る舞いを重ねる様子を見た燎宇は、劉備の首を刎ねてしまう。関羽、張飛は憤慨するが、燎宇は彼らの真意を見破り指摘する。関羽、張飛は燎宇を新たな劉備とし、桃園で新たに義兄弟の誓いを交わす。劉備として2人を従えた燎宇は、黄巾の乱の首謀者張角らを配下につけ自らの覇道を目指して戦いを重ね、やがて曹操と対峙する。

登場人物・キャラクター

主人公

倭国統一に貢献した奴国の勇将。卑弥呼から男女の関係を迫られるが、それを制し覇道を目指すことを促す。後漢の「覇」を握ることを決意し、海を渡った。劉備、関羽、張飛の3人に出会い、行動を共にするが、劉備の非... 関連ページ:燎 宇

卑弥呼

歴史書に登場する女王・卑弥呼がモデル。邪馬台国の女王。戦乱が続いていた倭を統一する。その戦いに貢献した燎宇に恋をして男女の関係を求め、共に国を治めることを望んだが、燎宇の真意を知り別れる。

劉 備

実在の歴史上の人物・劉備がモデル。字は玄徳。義兄弟となった関羽、張飛と共に洛陽を目指していたが、流民の燎宇と出会い、馬番として同行させる。捕えられた黄巾族の罪人を刀の試し切りと称して切ろうとしていたところを、燎宇に首を刎ねられた。遺骸は関羽によって、素生の分からないただの骸として葬られた。

関 羽

実在の歴史上の人物・関羽がモデル。字は雲長。劉備、張飛と義兄弟の契りを交わし、洛陽を目指していた。途中流民の燎宇と出会い旅に同行させる。燎宇が劉備を殺害すると、彼を新たな劉備とすることを決意する。武芸に加え、学才・商才も持ち合わせる。

実在の歴史上の人物・張飛がモデル。字は益徳。劉備、関羽とは義兄弟の契りを結び、洛陽を目指していた。途中から同行することになった流民の燎宇の言葉に腹を立てるなど、直情的な性格。劉備が燎宇によって首を刎ね... 関連ページ:張 飛

公孫 瓚

実在の歴史上の人物・公孫?がモデル。字は伯珪。劉備とは同門だったが、内心嫌っており、張飛から劉備が殺されたことを聞いて喜んだほど。劉備として現れた燎宇を気に入り、同盟関係を継続する。

趙 雲

実在の歴史上の人物・趙雲がモデル。字は子龍。諸国修行中に燎宇、関羽、張飛と出会い、賞金首となっていた劉備を名乗る燎宇と剣を交えて心服する。公孫瓚の下に付いた後に劉備(燎宇)軍輜重隊の警護兵となる。

張 角

実在の歴史上の人物・張角がモデル。太平道の教祖。黄巾族を組織し、黄巾の乱を首謀する。劉備を名乗る燎宇の器量を見抜いて直轄軍を託した。また諸葛亮の優れた才能を見抜いて王珠に養育させる。

実在の歴史上の人物・曹操がモデル。字は孟徳。後漢に仕える武将だったが、国家の衰退を見て覇望を抱く。冷徹で部下を切り捨てることも厭わない。官軍を率いて黄巾の乱の鎮圧に向かった際、劉備を名乗る燎宇と出会い... 関連ページ:曹 操

呂 布

実在の歴史上の人物・呂布がモデル。字は奉先。「養狼的猛男」(狼を飼う男)とも呼ばれる。超人的な武芸を誇るが、行動は一見出鱈目で一貫性がない。幽州の刺史・劉焉に招かれた際、曹操や劉備を名乗る燎宇と出会い彼らの器を量る。その後、劉焉に捕えられた張角の身柄を奪取する。 後に丁原、董卓と主を変えていく。

董 卓

実在の歴史上の人物・董卓がモデル。字は仲穎。後漢王朝の後継者争いに乗じ、献帝の後ろ盾となって相国となる。呂布を義子として従えた。すべての人間を兵か百姓にすることを目指し圧政を敷く。

目に刀傷がある盲目の女性。元は桓帝の側室で、かつて行啓中に瀕死の妹を抱いた少年時の関羽に出会い、妹を抱き上げた。帝への諫言を何進に退けられ、さらに宦官の十常侍によって目を失い追われた。その後、旅路で張... 関連ページ:王 珠

孫 堅

実在の歴史上の人物・孫堅がモデル。字は文台。自軍を率いて後漢王朝の臣として闘う。その清明な人柄は劉備を名乗る燎宇にも認められる。心臓に病を抱えている。

貂 蟬

踊り子を称する女性。13歳にして涼州の乱を起こし反乱するが呂布率いる董卓軍に討ち破られた。その後、自分の肉体を武器にしようと閨の技を身に付ける。張飛を助けたことをきっかけに劉備を名乗る燎宇や関羽と出会う。

SHARE
EC
Amazon
logo