天翔の龍馬

中岡慎太郎の献身により、近江屋事件を生き延びた坂本龍馬。平和的解決を図ろうとする龍馬が邪魔になった薩長倒幕派による陰謀・王政復古の大号令が発せられることを防ぐため、龍馬が奔走する歴史改変漫画。原作を梅村真也が務める。実在人物が多数登場し、史実に沿って展開されるが、小御所会議に徳川慶喜が出席して自ら版籍奉還を申し出たり、陸奥宗光・中村半次郎・徳川慶喜が劇中で死亡したりするなど、龍馬の生存以外にも大胆なアレンジが加えられている。

  • 楽天
  • Amazon
正式名称
天翔の龍馬
作画
原作
ジャンル
歴史IFもの
 
幕末

総合スレッド

天翔の龍馬(漫画)の総合スレッド
2016.05.06 18:09

新着関連スレッド

小栗 上野介 忠順(天翔の龍馬)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.05.06 18:10
田中 顕助(天翔の龍馬)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.05.06 18:10

新着関連スレッドもっとみる

概要

時は幕末、坂本龍馬は薩長同盟を実現したのち、平和的解決を目指して徳川家に大政奉還をさせる。しかしそれは武力革命を望む薩長、そして誰より岩倉具視にとって敵対行動に等しかった。激怒した岩倉具視は龍馬暗殺を西郷隆盛に指示。西郷は見廻組に情報を流し、中岡慎太郎とともに近江屋に潜伏する龍馬を襲撃させる。

頭に斬撃を喰らい、重傷を負った龍馬だが、そんな龍馬に中岡は手を貸し、土佐藩邸に落ち延びようとするのだった。しかし追手をかわしきることはできず、中岡は自らを犠牲にすることで龍馬の命を救う。こうして生き延びた龍馬は、日本人の間で血が流れることを防ぐべく、再び動乱の時代を動き始めるのだった。

登場人物・キャラクター

主人公
薩長同盟を成立させたことで倒幕派から信頼を獲得するが、その後、平和的解決を目指し大政奉還を実現したことで疎まれるように。結果、岩倉具視から命じられた西郷隆盛の画策で暗殺が謀られる。朋友の中岡慎太郎とと...
もともとは医者だったが写真家になり、坂本龍馬の写真を撮ることに情熱を傾けている。近江屋事件で瀕死の重傷を負った状態で土佐藩邸に運び込まれた中岡慎太郎が、息を引き取る前に、龍馬が生存していることを伝えた...
薩長同盟の立役者たる坂本龍馬には確かな友情を感じていたが、徳川幕府を実力で打ち倒すという岩倉具視の意向により龍馬暗殺を主導した。のちに龍馬が生存していることを知り、内心では喜びつつも己が歩む道に立ち塞...
薩長側で中心となって徳川家打倒を目指す公卿。武力による政権奪取を切望しており、平和的解決を目指し大政奉還を成し遂げた坂本龍馬に憎悪をつのらせ、暗殺するよう西郷隆盛に命じた。のちに龍馬が生存していること...
坂本龍馬が率いる海援隊の一員で、龍馬の懐刀。龍馬のことを心底敬愛している。龍馬暗殺の報に触れ、実行犯と考えた紀州藩士に復讐するため紀州藩邸を襲撃しようとしていたところ、生存していた龍馬と再会。その後、...
坂本龍馬の師に当たり、徳川幕府で軍艦奉行を務める。幕臣でありながら徳川幕府の役割は終わったと考えており、その点において小栗上野介と意見が対立していた。龍馬が近江屋事件を生き延び徳川慶喜と手を結んだこと...
徳川幕府第15代将軍。明晰な頭脳の持ち主で、龍馬の暗殺により徳川家が苦境に立たされることを予見した。その後、生きていた龍馬からコンペニー構想を聞かされるが、尊皇思想に染まった水戸家から将軍になったとい...
新撰組副長として京都に勇名を轟かす。近江屋事件以前に坂本龍馬と因縁があり、いずれ立ち合いたいと願っていた。しかし徳川慶喜の命により、生きていた龍馬の護衛を務めることに。利のためにフランスと結ぼうとする...
西郷隆盛への強い尊崇の念を抱く薩摩藩士で、西郷のために多くの相手を斬り伏せてきた剣豪でもある。人斬り半次郎の異名を取るその太刀筋は、通常の薩摩示現流とは大きく異なる変則的なもの。坂本龍馬に対しては大い...
フランス駐日公使。薩長に肩入れするイギリスとは異なり、徳川幕府を支援。しかし当の徳川幕府が大政奉還をしてしまったため面目を潰された格好で、徳川家に見切りをつけようとしていた。コンペニー構想を持ちかけて...
中岡慎太郎が率いる陸援隊に所属していたが、坂本龍馬を嫌悪しており早くから岩倉具視に取り込まれる。龍馬と中岡が近江屋に潜伏している情報を西郷隆盛に流した。近江屋事件で中岡が死亡すると陸援隊隊長に就任。生...
徳川慶喜に仕える幕臣で、海軍奉行を務める。聡明な頭脳の持ち主だが生真面目な性格をしており、あくまで徳川家による統治を目指し、対薩長では主戦論を唱えた。慶喜が近江屋事件を生き延びた坂本龍馬と再会し、また...