赤ちゃんのホスト

まじめで情熱的な新任女性保育士や、父親の遺言で認可外保育園を引き継いだ元ホストの園長、さらに訳ありな保育スタッフ達が、現代の保育園を取り巻く数々の問題に直面しながら奮闘する姿を描くヒューマンコメディ。「BE・LOVE」2013年第9号から2016第16号にかけて不定期に掲載された作品。

正式名称
赤ちゃんのホスト
作者
ジャンル
妊娠・出産・育児
レーベル
Be love KC(講談社)
巻数
全9巻
関連商品
Amazon 楽天

あらすじ

第1巻

かつて自身が卒園した認可外のおひさま保育園に就職が決まった新名楓は、保育士として夢と希望にあふれていた。しかし、お世話になった園長が急逝したと聞かされる。そこへ突然、チャラチャラした園長の息子・金田太郎が現れ、園長の遺言により自分が新園長になると言い出す。

第2巻

新任保育士の新名楓は、元ホストで新園長の金田太郎、ベテラン保育スタッフの清水広恵と共に、なんとか認可外のおひさま保育園の営業を再開した。そんなある日、微熱のある園児を預かった事をきっかけに、おひさま保育園は母親達のリクエストに応えて、「病児保育」を行える保育園を目指す事になる。それに向けて、まずは看護師のスタッフを確保しようと、太郎はホスト時代の知人の男性看護師を保育園に迎え入れる。

第3巻

新たに看護師の次郎が加わった事で、おひさま保育園は本格的に「病児保育」を開始する。園児らの家庭事情や親同士のトラブルなどに立ち向かう事で、金田太郎も園長としての自覚を新たにする。そんな中、おひさま保育園では、生後8か月の男児を急遽受け入れる事になる。しかし、男児の父親は自分の息子にまったく無関心で、新名楓達は彼に疑問を抱く。そんな中、警察からおひさま保育園に一本の電話がかかって来る。

第4巻

おひさま保育園では新たな園児を迎え、さまざまな行事を通し、園児達はもちろん、新名楓ら保育スタッフも少しずつ成長していく。そんなある日、前園長が残した保育日誌を読み進めていた金田太郎は、かつておひさま保育園に置き去りにされた子供の存在を知る。その子供とは、幼い頃の太郎自身であった。調べを進めるうちに、父親だと思っていた金田園長が未婚の養父だった事や、自分を捨てた薗山潤の母の存在を知った太郎は、絶望して職務を放棄し、夜の街へ消えてしまう。

第5巻

一度は姿をくらませた金田太郎だったが、亡き父・金田園長が残した太郎への日誌や、おひさま保育園にかかわった人達の思い、そして自分の帰りを待つ園児や新名楓らの気持ちを知り、おひさま保育園に戻って来る。そして、園長としておひさま保育園を守っていく強い決意を固めるのだった。そんな中、おひさま保育園では4月から小学生になる園児のために、創設以来初めての卒園式を行う事になる。

第6巻

新名楓は、金田太郎への恋心を自覚し悩んでいた。そんな中、おひさま保育園に新園児が入園し、さらにシングルマザーで保育士である岩倉智晴が新たに加わる。おひさま保育園にこれまで以上ににぎやかな日々が訪れる中、智晴はホスト時代の太郎が息子の命の恩人であり、ずっと太郎の事を探していたと語るのだった。

第7巻

おひさま保育園の要である新名楓が、風邪を引いて倒れてしまう。ただでさえ人手不足な保育現場は、新名の不在によりてんてこ舞いとなる。そんな中、新名の恋心を知る保育士の岩倉智晴は、金田太郎に見舞いに行くよう提案して背中を押す。太郎はとまどいながらも、新名が一人暮らししているアパートへ見舞いに向かう。

第8巻

七夕行事の笹の飾りつけで、おひさま保育園は大忙しになる。そんな中、金田太郎はふと覗いたごみ箱に、「ママに会いたい」と書かれたしわくちゃな短冊を見つける。太郎は短冊を描いた男児の思いに幼き日の自身を重ね合わせ、七夕に園児の願い事を叶えるサプライズをしようと、スタッフに提案するのだった。そして無事に七夕行事が終了したあと、太郎に散歩に誘われた新名楓は、天の川の下で告白され、ファーストキスを奪われる。

第9巻

新名楓が公立保育園へ助っ人保育士として借り出される事となった。同時におひさま保育園では園児が急増し、人手不足によりパニック状態になってしまう。そんな中、金田太郎は、保育を必要とする親がいるのに受け入れできない現状に悩んでいた。太郎は前園長である父親の遺言書を開き、今一度おひさま保育園のあり方について自問自答する。そして、保育園の移設拡大計画をスタッフ達に提案する。

登場人物・キャラクター

主人公

おひさま保育園に就職した22歳の女性保育士で、着任後すぐに23歳になる。新名楓自身も、おひさま保育園の一時保育を利用していた事がある。保育士を目指すようになったのは、当時の園長・金田園長にあこがれたた... 関連ページ:新名 楓

父親である金田園長の遺言により、急遽、おひさま保育園の園長となった青年。1月25日生まれで、年齢は28歳。園児達からは「たろー」と呼び捨てにされている。もともとは都内繁華街にあるクラブBarbatos... 関連ページ:金田 太郎

おひさま保育園の創立者で前園長。現在の園長・金田太郎の養父。幼い頃におひさま保育園に通っていた新名楓にとって、保育士としてあこがれの存在だった。しかし新名が初出勤する前日、患っていた肺の病で亡くなった... 関連ページ:金田園長

おひさま保育園の開設当初から働いているベテラン保育スタッフ。50代後半の女性で、新名楓がおひさま保育園に通っていた時も働いていた。黒髪のショートボブでいつも穏やかな表情をしており、園児やスタッフの給食... 関連ページ:清水 広恵

おひさま保育園に勤務する20代の男性看護師。中肉中背の体型で、一重の切れ長な目で表情が乏しく、時々見せる笑顔が不気味で園児から怖がられている。仕事では清潔感のあるTシャツにチノパンといった恰好をしてい... 関連ページ:次郎

おひさま保育園で働く新人の女性保育士。7月28日生まれで、年齢は31歳。シングルマザーで、一人息子の岩倉翔と二人暮らししている。一束に編み込んだ髪を、片方に寄せたヘアスタイルにしている。保育士の有資格... 関連ページ:岩倉 智晴

おひさま保育園の向かいにある喫茶シオンの店主。みんなから「康子ママ」と親しまれている50代後半には見えない美しい女性。サバサバした性格で、金田太郎の生い立ちを知っており、彼を息子のように見守って来た一... 関連ページ:康子ママ

開設して間もない頃のおひさま保育園を利用していた母親の一人で、金田太郎の実の母親。26年前、太郎がまだ2歳の時に保育園に預けたまま音信不通になった。太郎が園長になってしばらくしたある日、おひさま保育園... 関連ページ:薗山潤の母

おひさま保育園を利用する母親の一人で、育児休暇からの会社復帰を急ぐキャリアウーマン。3歳の娘・座間栞がおり、国税局に勤める公務員の夫と三人暮らし。教育熱心で、栞を私立の進学小学校へ入学させるのが目標で... 関連ページ:座間 冴子

おひさま保育園に通う3歳の女の子。キャリアウーマンの母親・座間冴子と国家公務員の父親の三人暮らし。金田太郎をはじめ園児らから「しおりん」と呼ばれている。礼儀正しくするように教育されており、教育熱心な母... 関連ページ:座間 栞

おひさま保育園を利用する母親の一人。3歳の息子・今村瑠偉人がいる。若い人向けのアパレルショップで店長を務めており、ギャル風の服を身につけている。金田太郎がホストだった頃の客の一人でもある。今村レイコ自... 関連ページ:今村 レイコ

おひさま保育園に通う活発な性格の3歳の男の子。優しい父親・今村浩二と、元気で明るい母親・今村レイコと三人暮らしだったが、妹が生まれ兄妹でおひさま保育園に通うようになった。レイコが妹を妊娠した当初はおも... 関連ページ:今村 瑠偉人

おひさま保育園を利用する父親の一人。眼鏡をかけて優しい雰囲気を漂わせているが、どこか頼りなさそうな細身の男性。息子の今村瑠偉人を保育園に送り迎えするなど育児に対しては前向きで、妻・今村レイコの派手な仕... 関連ページ:今村 浩二

おひさま保育園を利用する母親の一人。営業マンの夫と高校生の長男・琢磨(たくま)、保育園に通う林ヒナの四人暮らし。事務員としてフルタイムで働いている。保育園に送り迎えに来る際は、いつも明るく振る舞ってお... 関連ページ:

おひさま保育園に通う3歳の女の子。共働きの両親と年の離れた高校生の兄の四人暮らし。女の子向けアニメ「パワースプラッシュめるる」が大好きで、保育園にある「めるる」の人形がお気に入り。年下の子をかわいがり... 関連ページ:林 ヒナ

おひさま保育園の一時預かりを利用している母親。田舎から東京へ嫁いで来ており、忙しい夫と娘の石田睦の三人暮らし。近くに知人や友人もなく、睦の言葉の遅れや夜泣きに悩みストレスを抱えていた時に、近くにあるお... 関連ページ:石田

おひさま保育園に一時保育で通う3歳の女の子。両親と三人暮らし。田舎から東京に嫁いで来た専業主婦の母親と二人きりで過ごす事が多く、母子共にストレスを抱えていた。育児疲れの母親には、石田睦が泣いても放置さ... 関連ページ:石田 睦

おひさま保育園を利用する母親の一人で専業主婦。5歳の娘である苫里紅良々とハーフの夫シェリーの三人暮らし。はっきりした物言いで誤解される事が多く、敵を作りやすいタイプ。自身の生い立ちから、子育てには妥協... 関連ページ:苫里

幼稚園からおひさま保育園へ転園して来た5歳の女の子。フランスからの帰国子女。フランス人のハーフである父親と日本人の母親のあいだに生まれた一人っ子で、母親を「ママン」と呼んでいる。母親譲りの丸顔で目は一... 関連ページ:苫里 紅良々

おひさま保育園へ転園して来た苫里紅良々の父親で、苫里の夫。フランス人の父親と日本人の母親とのあいだに産まれたハーフ。少し前まで家族三人でフランスに住んでいたが、現在は東京の高級マンションで暮らしている... 関連ページ:シェリー

おひさま保育園で働く岩倉智晴の一人息子で、小学校3年生。いつも元気いっぱいで、ニコニコしたしっかり者の少年。シングルマザーという家庭事情を苦にせず、むしろ一生懸命で我慢強い母親の事を誇らしいと思ってい... 関連ページ:岩倉 翔

生後8か月の坂井賢太の母親。育児に関心がない夫・坂井孝宏との三人暮らしで、夫の育児協力や理解が得られないため、育児ストレスをすべて背負い込み疲弊していた。育児ノイローゼになり、ある夜コンビニへ出かける... 関連ページ:坂井 美恵子

おひさま保育園に一時保育で通う8か月の男の子。父親の坂井孝宏と母親の坂井美恵子の三人暮らし。同じマンションに住む林ヒナの母親の紹介により、急遽、保育園を利用する事になる。母親が育児ノイローゼ気味であり... 関連ページ:坂井 賢太

ノイローゼの妻・坂井美恵子が事故に巻き込まれ行方不明となり、8か月の息子・坂井賢太をおひさま保育園に預ける事になった父親。家を購入しており、賢太が生まれてからも昇進のために仕事中心に生活して来た。育児... 関連ページ:坂井 孝宏

おひさま保育園を利用する父親の一人。5歳の一人息子・松坂ヒナタを預けている。妻である松坂裕子とは、突然別居状態となり、おひさま保育園を利用するようになる。物腰柔らかなサラリーマンで、保育園の送り迎えを... 関連ページ:松坂

おひさま保育園に通う5歳の男の子。物腰柔らかで面倒見がよく、ほかの園児の面倒をみたり保育士らの手伝いを進んでやる、優しくて大人びた性格の持ち主。父親が母親のご機嫌取りをしていたのを真似して、保育園の女... 関連ページ:松坂 ヒナタ

おひさま保育園に通う松坂ヒナタの母親。父親は他界しており、実家には認知症の母親がいる。母親の認知症が重度化し、警察騒ぎを起こす事が頻繁となり日常的に介護が必要となる。幼い一人息子のヒナタと夫に迷惑をか... 関連ページ:松坂 裕子

おひさま保育園を創設した金田園長の古くからの悪友。金田園長が養子にしたばかりの幼い金田太郎を知る数少ない男性。整えた顎ひげを蓄え、いつも煙草をふかし派手な模様のシャツを着ている。調子のいい冗談ばかり言... 関連ページ:柏木

おひさま保育園の園長・金田太郎が、ホストだった頃から行きつけにしている小さなバーのマスター。自称「しょっぱい飲み屋のマスター」。丸みがかった眼鏡をかけており、顎ひげを蓄えた中年男性。ツーブロックの長髪... 関連ページ:バーのマスター

場所

おひさま保育園

東京都内の住宅地にある認可外保育園。三度の移設・拡大を行い保育事業をしている。創立者は前園長の金田園長で、支援者として金田園長と元同僚の清水広恵や康子ママらの協力を得て運営が始まる。当初は、こじんまり... 関連ページ:おひさま保育園

喫茶シオン

おひさま保育園の向かいにある小さな喫茶店で、保育園スタッフの行きつけとなっている。前園長の金田園長とスタッフの清水広恵の友人である康子ママが営んでおり、おひさま保育園が2回目の移設の際に園の向かいに店... 関連ページ:喫茶シオン

クラブBarbatos

金田太郎と次郎が働いていた東京都内の繁華街にあるホストクラブ。当時、太郎は「飛影」の源氏名で働いていた。次郎も源氏名があったが「地蔵」と隠語で呼ばれからかわれていた。現役時代の太郎は人気No.1ホスト... 関連ページ:クラブBarbatos

その他キーワード

パワースプラッシュめるる

小さな女の子達に人気のアニメ番組。花とリボンを模した衣装に変身して、悪者を倒す正義のヒロイン「めるる」が主人公である。おひさま保育園に通う林ヒナも「めるる」の大ファンで、園にある「めるる」の人形をとて... 関連ページ:パワースプラッシュめるる

書誌情報

赤ちゃんのホスト 全9巻 講談社〈Be love KC〉 完結

第1巻

(2013年8月12日発行、 978-4063803952)

第2巻

(2014年5月13日発行、 978-4063804287)

第3巻

(2014年11月13日発行、 978-4063804485)

第4巻

(2015年4月13日発行、 978-4063804645)

第5巻

(2015年9月11日発行、 978-4063804805)

第6巻

(2016年1月13日発行、 978-4063804898)

第7巻

(2016年6月13日発行、 978-4063945096)

第8巻

(2016年9月13日発行、 978-4063945171)

第9巻

(2016年10月13日発行、 978-4063945218)

SHARE
EC
Amazon
無料で読む
マンガリスト
logo