赤馬 研

赤馬 研

赤いペガサス(漫画)の主人公。読みは「あかば けん」。別称、ケン・アカバ。

登場作品
赤いペガサス(漫画)
正式名称
赤馬 研
ふりがな
あかば けん
別称
ケン・アカバ
関連商品
Amazon 楽天

概要

イギリス国籍の日系人。レースデビューしてわずか1年で、F5000のチャンピオンになり、GTカーレース6時間耐久戦でも、天才的な走りを見せる。だが、アクシデントによりコースアウトし、観客(6人死亡)を巻き込む大事故を起こした。以来、F1のロータスチームのメカニックになる。

だが、会田率いるF1の新チーム、サンダーボルト・エンジニアリングが開発したSV009に搭乗し、テスト走行に参加。会田からはメカニックとして誘いを受けていたが、これを機会にレーサーとして復帰する。なお、彼の乗るマシンには、真紅のペガサスがイニシャル・マークとして貼られている。

また、ケン・アカバは妹のユキと同様、ボンベイ・ブラッド(1952年にボンベイで発見された、昭和52年当時、世界で数人しか登録されていない血液)保有者。

関連キーワード

サンダーボルト・エンジニアリング

『赤いペガサス』に登場するF1チーム。会田オーナーが率いる日本のチーム。アメリカの大手タバコメーカーのバートン社(社長バートン)がスポンサーにつき、独自開発したSV009マシンでF1に参戦した。エース... 関連ページ:サンダーボルト・エンジニアリング

登場作品

赤いペガサス

実在するコースやレーサー、チームなどが登場するF1レースを題材にしたストーリー。主人公のケン・アカバが、仲間の事故死や、自らも重いハンディを背負いながらも、ライバルドライバーに競り勝っていく姿を描く。 関連ページ:赤いペガサス

SHARE
EC
Amazon
logo