郵便配達の少年の兄

みつあみの神様(漫画)の登場人物。読みは「ゆうびんはいたつのしょうねんのあに」。郵便配達の少年とは親族関係にある。

  • 郵便配達の少年の兄
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
みつあみの神様(漫画)
正式名称
郵便配達の少年の兄
ふりがな
ゆうびんはいたつのしょうねんのあに

総合スレッド

郵便配達の少年の兄(みつあみの神様)の総合スレッド
2016.01.25 12:38

概要

郵便配達の少年の兄。眼鏡をかけた落ち着いた雰囲気の少年。がれきの山の側らの小屋に弟とふたりで住んでいる。仕事はがれきの山の片づけ。ある日壁の向こう側に連れていかれ、世界の真実を知る。そのことを何とか弟に知らせたが、結局はまた連れ戻されて命を落とした。

登場人物・キャラクター

郵便配達の少年の兄が拾ってきた円形の古い自動おそうじ装置。おばあさん言葉で話しながら、床を掃除して回る。兄が倒れた時、彼の眼鏡をのせた状態で、みつあみの家までやってきた。そして事態を弟に知らせ、息絶え...
郵便配達の職につく少年。災害で両親は亡くなり、兄とふたりで暮らしている。みつあみの家の配達担当だが、彼女のポストに手紙が届いたことは一度もない。ある日、郵便配達の少年は自分でみつあみあてに書いた手紙を...

登場作品

荒涼とした海辺の一軒家でひとりで暮らすみつあみ。彼女の周りでは、「洗濯バサミ」や「歯ブラシ」、「枕」たちが勝手におしゃべりを繰り広げている。彼女の家に訪れるのは、郵便配達の少年と白い防護服の調査団だけ...