銀河英雄伝説外伝 黄金の翼

銀河英雄伝説外伝 黄金の翼

少年ラインハルトは同い年のキルヒアイスと出会い仲良くなるが、その後、姉アンネローゼは皇帝の後宮に入れられてしまう。アンネローゼを奪われたラインハルトとキルヒアイスは皇帝打倒を誓い合う。原作:田中芳樹。本作は道原かつみによる作画を前提に田中芳樹が書き下ろした作品。『銀河英雄伝説』の外伝にあたる。

正式名称
銀河英雄伝説外伝 黄金の翼
作画
原作
ジャンル
架空戦記
 
SF一般
レーベル
少年キャプテンコミックススペシャル(徳間書店)
関連商品
Amazon 楽天

概要

銀河帝国の下級貴族の少年ラインハルトは、姉アンネローゼと共に、引っ越した家の隣に住む同い年の少年キルヒアイスと出会い仲良くなる。その後、アンネローゼは美貌を買われ、皇帝の後宮に入れられてしまう。アンネローゼを奪われたラインハルトは皇帝打倒を誓い、キルヒアイスラインハルトについて行くことを誓う。

そして軍人となった2人は、戦場イゼルローン要塞に赴くが、ラインハルトは命を狙われる。

登場人物・キャラクター

ラインハルト・フォン・ミューゼル

金髪碧眼の美少年。幼少期に事故で母親を失っている。その後は姉アンネローゼに育てられるも、その姉も銀河帝国皇帝の寵姫として奪われてしまう。復讐を誓うラインハルトはキルヒアイスと共に軍に入るため、幼年学校へ行くことを決意する。

ジークフリート・キルヒアイス

ラインハルトの親友で、彼と共に幼年学校へ行き、軍人の道を志す。熱くなりやすいラインハルトを冷静に諫める良き副官でもある。ラインハルトの姉、アンネローゼのことを密かに慕っている。

アンネローゼ・フォン・ミューゼル

ラインハルトの姉で、早くに母親を失ったにもかかわらず、弟の面倒を良くみていた。類まれな美貌で、銀河帝国皇帝の寵愛を受けるが、そのために、ラインハルトと離ればなれになってしまう。

ベーネミュンデ

嫉妬深い性格の女性。銀河帝国皇帝の寵愛を受ける妃であったが、その座をアンネローゼによって奪われる。下級貴族を見下しており、下級貴族出身であるアンネローゼやラインハルトの命を狙う。

グレゴール・フォン・クルムバッハ

階級は少佐。ベーネミュンデの側近であり、彼女の命でラインハルトの殺害を画策する。内密調査と称して、イゼルローン要塞に赴任する。自由惑星同盟との戦いの最中、ラインハルトを亡き者にしようとするも、返り討ちに遭う。

レンナンカンプ

階級は大佐。ラインハルトの上官。生粋の軍人肌で、内密調査と称して、ラインハルトやキルヒアイスを拘留しようとしたグレゴールを一蹴している。

ヘルダー

階級は大佐。小太りの男性。べーネミュンデの部下であり、ラインハルトを抹殺しようとする。その際アンネローゼのことを罵倒してしまったため、逆上したラインハルトによって殺害される。

ヴァルテンベルク

階級は大将。第五次イゼルローン攻防戦で、帝国艦隊を率いて、自由惑星同盟を迎撃する。艦隊の数で勝る自由惑星同盟に対して、要塞イゼルローンが持つ主砲トールハンマーで対抗する。

クライスト

階級は大将。第五次イゼルローン攻防戦において、イゼルローン要塞の司令官を務める。自由惑星同盟側の策略により、イゼルローン要塞の主砲トールハンマーを封じられるが、味方艦隊ごとトールハンマーで敵軍を撃ち抜き、撃退に成功する。

ヤン・ウィンリー

自由惑星同盟側の主要人物。階級は少佐。類まれな戦略眼を持っているが、自分が軍人であることを嫌っている。シドニー・シトレに従って第五次イゼルローン攻防戦に従軍するが、勝算が少ないことを見抜いていた。

シドニー・シトレ

自由惑星同盟の提督。階級は大将。筋骨隆々とした黒人。自由惑星同盟の艦隊を率いてイゼルローン要塞へ迫る。当初は敵艦隊と並行してイゼルローン要塞の主砲トールハンマーを封じ込めたが、クライストが味方ごとトールハンマーで撃ち抜いたため、敗北してしまう。

セバスティアン・フォン・ミューゼル

ラインハルトやアンネローゼの父親。妻であるクラリベルが上流貴族の事故に巻き込まれ死亡した挙げ句、事故自体を握りつぶされたため、腑抜けとなってしまう。

クラリベル・フォン・ミューゼル

故人。ラインハルトやアンネローゼの母親。上流貴族の事故に巻き込まれ死亡してしまう。

場所

銀河帝国

フリードリヒ四世が治める帝国。上流貴族が政権を握っており、世襲制により、内政は腐敗している。そんな政治に反発した人々が立ち上げた自由惑星同盟と、長年にわたり、戦争を繰り広げている。

SHARE
EC
Amazon
logo