魔砲使い黒姫

様々な魔術を使えるようになる銃のような武具魔砲銃を駆使して戦う魔砲使い黒姫の戦いを描いたファンタジーバトル作品。

  • 魔砲使い黒姫
  • 楽天
  • Amazon
正式名称
魔砲使い黒姫
作者
ジャンル
ファンタジー一般
レーベル
ジャンプ・コミックス(集英社)

総合スレッド

魔砲使い黒姫(漫画)の総合スレッド
2016.08.04 14:47

新着関連スレッド

薔薇姫(魔砲使い黒姫)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.08.04 14:46
優花(魔砲使い黒姫)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.08.04 14:46

新着関連スレッドもっとみる

概要

10年前に、最強の「魔砲使い」黒姫に助けられたは、凄腕の銃の使い手に成長していた。黒姫に一目惚れしていたは、彼女を探す旅の途中で、鬼丸団という悪党に追われる少女に出会う。何故かその少女は黒姫の銃を持っていたのだった。

登場人物・キャラクター

主人公
世界最強の魔砲使いとして、語られている銀髪の女性。長らく見た者がおらず、死亡したことになっていた。しかし、呪いによって幼女化して生きており、姫子と名乗り零と共に各地を冒険する。
四丁の拳銃を使って戦う心優しい若者。高速で銃弾を放ち豪速四連銃の零として、勇名をはせている。幼い頃に、黒姫に命を助けられており、以後、彼女を慕い続けている。
黒姫を陰ながら見守る黒髪の少女。黒姫が呪いにより、姫子になっていることを知っている。阿修羅の正体は魔神であり、腕が6本になり炎を自在に操ることができる。
過去、黒姫に青春のすべてを捧げ、捨てられた巨漢の大男。犬丸団のリーダー。背中に犬の焼き印を入れられており、復讐のために黒姫を追い続けている。
薔薇の森に住む美女。心優しい性格で、多くの男が慕って彼女の元を訪れる。しかし、体は薔薇姫に支配されており、薔薇姫が人間の生気を吸い取るために利用されている。
薔薇の森の姫。美しい外見だが、美貌を維持するために人間の生気を吸っていた。そんな折、黒姫により、老婆に姿を変えられてしまったため、偶然出会った優花の体を利用して、黒姫への復讐を画策する。
光昇城を治める城主に仕えていた剣士。しかし、偽黒姫により、城を奪われただけでなく、城主や多くの戦友まで殺害され、復讐を誓う。巨大な大剣を軽々と扱うが、その代償として、体の大部分の肉体を失っている。
黒姫を名乗り光昇城を陥落させた魔砲使い。だが、外見は黒姫とは似ても似つかず、姫子が彼女の噂を聞いたときには、怒り狂っていた。
お菓子の城を築き、誘い出した人間を使って魔砲の実験を行っていた女性の魔砲使い。カラスの姿をした魔弾を使用し、零や姫子を苦しめるが、覚醒した黒姫に完敗する。
石の里に住む宝石人の少女。宝石人は陽の光を浴びると宝石になってしまう体質で、彼女も例外ではない。石の里に迷いこんだ零らを助ける。
犬丸団一の美男子。姫子を手籠めにするために、鬼丸により呼び出される。姫子に接近して彼女を骨抜きにしようとするも、見破られ覚醒した黒姫により、撃退される。
強力な魔砲を使う塔婆の魔砲使い。人間を物に変えることができる魔砲を使い、自動で動く椅子を作るために、村の人々を利用していた。零や姫子も皿に変化させて、苦戦させたが、最期は黒姫に倒される。
凶々婆により、村人が物に変化させられてしまった村の娘。父親や母親が物に変化させられており、仕方なく従っていたが、偶然訪れた零や姫子たちと協力して、凶々婆を倒そうと画策する。
『魔砲使い黒姫』に登場する、ある山の民に信奉されている神。細長い顔面だけの生き物で、圧倒的な力を有する。人間の姿の阿修羅を寸前まで追いつめた。しかし、黒姫と、魔神の姿となった阿修羅の前に惨敗する。