鯨川 太

アパッチ野球軍(漫画)の登場人物。読みは「くじらかわ ふとし」。材木とはライバル関係。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
アパッチ野球軍(漫画)
正式名称
鯨川 太
ふりがな
くじらかわ ふとし

総合スレッド

鯨川 太(アパッチ野球軍)の総合スレッド
2016.01.25 12:37

概要

高知でベスト5に入る南海高校野球部のエースで、12試合で20本のホームランを放った、身長3メートルの超高校級選手。「土佐沖の巨鯨」とあだ名される。月のうち10日は練習船に乗り込んで海の上で生活し、陸にいる間だけ試合に出場する。海を愛し、野球に執着がない本心を堂島剛に見抜かれる。

試合を通じて、材木とはよきライバルとして認め合う。

登場人物・キャラクター

四国の山奥にある猪猿村の、山のきこりの息子。分教場の岩城校長の私塾である高校の生徒。身長2メートル以上の巨漢で、材木のように角張った体格、大熊のような怪力の持ち主。ハッパとはつるんで岩城千恵子を襲う、...

関連キーワード

『アパッチ野球軍』に登場する、アパッチ野球軍の対戦校。高知でベスト5入りしている強豪校で、年間20試合中12試合でシャットアウト勝ちしているが、そのすべてが「土佐沖の巨鯨」の異名をとる超高校級選手・鯨...

登場作品

四国の山奥にある猪猿村の高校野球部コーチとして赴任した堂島剛は、村の大人たちの醜い争いに巻き込まれ、妨害を受けながらも、体を張って、荒くれ者の不良生徒たちのやる気と実力を引き出し、一人前の野球チームへ...