鹿島 小夜

鹿島 小夜

修羅雪姫(漫画)の登場人物。読みは「かしま さよ」。鹿島雪とは親族関係にある。

登場作品
修羅雪姫(漫画)
正式名称
鹿島 小夜
ふりがな
かしま さよ
関連商品
Amazon 楽天

概要

鹿島雪の母親。塚本儀四郎竹村伴蔵北浜おこの正景徳市らにより、何の罪もない夫と幼い長男を殺害され、自らも犯された。4人に復讐を誓うも、1人殺害したところで投獄される。残りの復讐を我が子に託すために、監獄で誰が父ともわからない子を妊娠し鹿島雪を出産したが、難産のため命を落とす。

関連人物・キャラクター

鹿島雪

女囚だった母鹿島小夜が監獄で産んだ娘。母親が成し遂げることができなかった塚本儀四郎、竹村伴蔵、北浜おこのへの復讐をするという運命を背負う。剣の達人で変装が得意。スリの技術を身に付け、絵画の心得もある。... 関連ページ:鹿島雪

正景徳市

鹿島雪の仇相手のひとり。金儲けのために塚本儀四郎、竹村伴蔵、北浜おこのらと共謀し、鹿島雪の父親と幼い兄を殺害した。その後、名を偽り小料理屋を開くが、鹿島小夜によって殺害される。 関連ページ:正景徳市

登場作品

修羅雪姫

明治時代のある雪の日、監獄の中で女囚の鹿島小夜がひとりの女の子を産んだ。鹿島雪と名付けられた子は母親の怨念を託され、かつて何の罪もなく殺害された父と兄の復讐をすることを運命づけられる。幼いころから厳し... 関連ページ:修羅雪姫

SHARE
EC
Amazon
logo