GOLDEN★AGE

GOLDEN★AGE

サッカーのジュニアユースから一転して部活サッカーに身を置くことになった天才サッカー少年、白河唯と、不良と呼ばれる弱小サッカー部のチームメイトたちが全国大会を目指し、勝ち進んでいく姿を描く。

正式名称
GOLDEN★AGE
作者
ジャンル
青春
 
サッカー
レーベル
少年サンデーコミックス(小学館)
巻数
全15巻
関連商品
Amazon 楽天

概要

「トリックスター」の異名を持つ天才サッカープレイヤー白河唯はジュニアユースの茅ヶ崎シーサーペンツに所属していたが、親会社の経営不振によりチームが解散に追い込まれてしまう。他のクラブチームからのオファーがあったものの、かもめ中学校のサッカー部員、近江舷也の類いまれなセンスに惹かれ、サッカー部に入部することを決意する。

白河唯は不良揃いで弱小のチームメイトを引っぱり、全国大会を目指す。

登場人物・キャラクター

主人公

サッカーのジュニアユース、茅ヶ崎シーサーペンツの元エースプレイヤー。普段は気が抜けたようにふわふわしている。しかし、いざフィールドに立つと個人技、チームプレイともに中学生としては並外れた実力を発揮し、... 関連ページ:白川 唯

サッカー選手の秋月烈也の息子で、本人もサッカーに憧れていた。父が海外に渡り、家族と離れたためサッカーから遠ざかってしまう。結果、かもめ中でも恐れられる不良となってしまった。しかし唯との試合を通じて、失... 関連ページ:近江 舷也

かもめ中の一年生。ファッション誌のモデルをしている少女。サッカーには全く興味を抱いていなかったが、偶然、唯のプレーを見たことで、彼に一目惚れする。サッカー自体にも強い興味が芽生え、かもめ中の応援に時間... 関連ページ:羽田 小波

サッカーのジュニアユース、茅ヶ崎シーサーペンツに所属していた唯のチームメイト。冷静な性格だが常識に縛られがちなところがある。暴走しがちな唯の抑えに徹することが多い苦労人。シーサーペンツの解散に伴い、唯... 関連ページ:浦田 虎昌

ブラジル人で、サッカーのジュニアユース、茅ヶ崎シーサーペンツに所属していた唯のチームメイト。ホームステイ先の老婦人の影響で「だの」が口癖。シーサーペンツの解散に伴い、唯とともにかもめ中サッカー部に入部... 関連ページ:ナリア・パルタス・エルプリシア

かもめ中のサッカー部員。財務大臣の御曹司で、ジュニアモデルの妹がいる。父を尊敬しており、自らも父親のように国政を取り仕切る人物になるため勉強を続けている。サッカーを人間関係構築のための場として利用して... 関連ページ:蓮葉 怜士

神奈川の強豪東神学園の選手。唯やトラにジュニアユースのトップレベルの実力を持つと言わしめる。過去にジュニアユースの選抜に選ばれなかった経験を持ち、それから猛特訓を続け、中学サッカー界の注目を集めるエー... 関連ページ:一色 単

サッカーのジュニアユース、横浜ドルフィンズのエース。光に唯以上の選手と言わしめる実力を持つ。強引にフィールドへ切り込み、圧倒的な力で相手をなぎ倒しゴールへ進むフィジカルプレーヤー。自分と同じくフィジカ... 関連ページ:丹波 真時

横浜ドルフィンズ所属。若干14歳ながら、ジュニアユースではなくJリーグで活躍している天才プレーヤー。神の子(エル・ニーニョ)の異名を持つ。出雲光は自分でつけた登録名で、本名は白川光。唯の実兄だが、現在... 関連ページ:出雲 光

集団・組織

東神学園

『GOLDEN★AGE』に登場する中学校。神奈川の王者と称されるサッカーの名門。昨年の大会ではかもめ中を26-0の大差で降し、かもめ中にとっての、ある種のトラウマとなっていた。そのかもめ中と地区予選決... 関連ページ:東神学園

横浜ドルフィンズ

『GOLDEN★AGE』に登場するサッカーチーム。関東最強のジュニアユース。丹波がエースとして所属している。県大会開幕直前、唯と近江も声を掛けられたが、断っている。サエグサ杯ではかもめ中と対戦。Jリー... 関連ページ:横浜ドルフィンズ

場所

鴎ヶ崎中学校

かつてはどこにでもある弱小校で、サッカーにコンプレックスを抱く近江が入学してからは、彼とその取り巻きによってたまり場とされてしまう。しかし唯らが入部することで、かつての部員と近江たち不良が徐々にサッカ... 関連ページ:鴎ヶ崎中学校

書誌情報

GOLDEN★AGE 全15巻 小学館〈少年サンデーコミックス〉 完結

第1巻

(2006年8月11日発行、 978-4091205766)

第2巻

(2006年11月17日発行、 978-4091206794)

第3巻

(2007年2月16日発行、 978-4091208903)

第4巻

(2007年5月18日発行、 978-4091210708)

第5巻

(2007年8月10日発行、 978-4091211606)

第6巻

(2007年11月16日発行、 978-4091212146)

第7巻

(2008年2月18日発行、 978-4091212863)

第8巻

(2008年5月16日発行、 978-4091213860)

第9巻

(2008年7月18日発行、 978-4091214478)

第10巻

(2008年10月17日発行、 978-4091215055)

第11巻

(2009年1月16日発行、 978-4091215673)

第12巻

(2009年2月18日発行、 978-4091216274)

第13巻

(2009年3月18日発行、 978-4091216281)

第14巻

(2009年7月17日発行、 978-4091220080)

第15巻

(2009年10月16日発行、 978-4091217806)

SHARE
EC
Amazon
logo