GOLDEN★AGE

サッカーのジュニアユースから一転して部活サッカーに身を置くことになった天才サッカー少年、白河唯と、不良と呼ばれる弱小サッカー部のチームメイトたちが全国大会を目指し、勝ち進んでいく姿を描く。

正式名称
GOLDEN★AGE
作者
ジャンル
サッカー
 
青春
レーベル
少年サンデーコミックス(小学館)
巻数
全15巻
関連商品
Amazon 楽天

概要・あらすじ

「トリックスター」の異名を持つ天才サッカープレイヤー白河唯はジュニアユースの茅ヶ崎シーサーペンツに所属していたが、親会社の経営不振によりチームが解散に追い込まれてしまう。他のクラブチームからのオファーがあったものの、かもめ中学校のサッカー部員、近江舷也の類いまれなセンスに惹かれ、サッカー部に入部することを決意する。

白河唯は不良揃いで弱小のチームメイトを引っぱり、全国大会を目指す。

登場人物・キャラクター

白川 唯

サッカーのジュニアユース、茅ヶ崎シーサーペンツの元エースプレイヤー。普段は気が抜けたようにふわふわしている。しかし、いざフィールドに立つと個人技、チームプレイともに中学生としては並外れた実力を発揮し、魔術師(トリックスター)と呼ばれる。予測できないプレーができる選手を探していたところ、近江舷也に興味を抱き、かもめ中サッカー部に入部。 数々のスーパープレーで敵対するチームを降し、県大会優勝に導いた。その実力を見込まれ近江と共にドルフィンズに勧誘されたが、「日本一のチームに入るのではなく、チームを日本一にしたい」という目標を宣言。最後までかもめ中で戦い抜いた。

近江 舷也

サッカー選手の秋月烈也の息子で、本人もサッカーに憧れていた。父が海外に渡り、家族と離れたためサッカーから遠ざかってしまう。結果、かもめ中でも恐れられる不良となってしまった。しかし唯との試合を通じて、失っていたサッカーへの情熱が再燃。かもめ中サッカー部で戦うことを決意する。 困難に直面するほど高い実力を発揮するタイプで、経験不足からボールコントロールは不得手だが、驚異的な身体能力と集中力、そして高校生ユースに匹敵するシュート力を持つ。破天荒なプレースタイルも相まって、唯や一色、丹波など敵味方問わず多くのエースプレイヤーの注目を集めていった。

羽田 小波

かもめ中の一年生。ファッション誌のモデルをしている少女。サッカーには全く興味を抱いていなかったが、偶然、唯のプレーを見たことで、彼に一目惚れする。サッカー自体にも強い興味が芽生え、かもめ中の応援に時間を費やすこととなる。近江とは犬猿の仲で、お互い顔を会わせるたび悪口の応酬をしているが、時折姉のように世話を焼くこともある。

浦田 虎昌

サッカーのジュニアユース、茅ヶ崎シーサーペンツに所属していた唯のチームメイト。冷静な性格だが常識に縛られがちなところがある。暴走しがちな唯の抑えに徹することが多い苦労人。シーサーペンツの解散に伴い、唯とともにかもめ中サッカー部に入部。サッカーに関しては自他ともに厳しく、周りから煙たがられることもあるが、近江には気に入られている。 試合ではミッドフィールダーとしての役割を遂行することに長けており、唯の得点は彼のパスから生まれることが多い。

ナリア・パルタス・エルプリシア

ブラジル人で、サッカーのジュニアユース、茅ヶ崎シーサーペンツに所属していた唯のチームメイト。ホームステイ先の老婦人の影響で「だの」が口癖。シーサーペンツの解散に伴い、唯とともにかもめ中サッカー部に入部した。小柄ながらもディフェンダーとして活躍。唯に劣らずぼーっとしたところが見られるが、フィジカルと内に眠る意志の強さで幾たびも窮地を救ってきた。 かもめ中ディフェンダーを取り仕切る立場におり、大いに慕われている。

蓮葉 怜士

かもめ中のサッカー部員。財務大臣の御曹司で、ジュニアモデルの妹がいる。父を尊敬しており、自らも父親のように国政を取り仕切る人物になるため勉強を続けている。サッカーを人間関係構築のための場として利用していたが、偶然出会った近江に惹かれ、現在も行動を共にしている。ユース経験こそないが実力は抜きんでており、トラが舌を巻くほどのテクニックや唯のプレーの意図を見抜く戦術眼を持つ。 たびたび唯の思惑通りに事を運ばせる手助けとなっている。

一色 単

神奈川の強豪東神学園の選手。唯やトラにジュニアユースのトップレベルの実力を持つと言わしめる。過去にジュニアユースの選抜に選ばれなかった経験を持ち、それから猛特訓を続け、中学サッカー界の注目を集めるエースに成長した。チームの攻撃の起点となっており、ノートラップのまま敵陣の急所をえぐりこむ鋭いパスによって、多くの得点に繋げている。 近江とは試合前に知り合っており、かつて彼がサッカーから離れたことを非難していたが、彼の努力の跡を知ることで、考えを改めた。

丹波 真時

サッカーのジュニアユース、横浜ドルフィンズのエース。光に唯以上の選手と言わしめる実力を持つ。強引にフィールドへ切り込み、圧倒的な力で相手をなぎ倒しゴールへ進むフィジカルプレーヤー。自分と同じくフィジカルに秀でた近江に興味を抱いており、トレーニングセンターで相対したときには合同練習の相手として指名した。 サエグサ杯によるかもめ中との対戦においては、光を失い窮地に立たされた中で猛攻を仕掛け、ドリブルで7人を抜き去るという神業を披露。かもめ中をあと一歩のところまで追いつめた。

出雲 光

横浜ドルフィンズ所属。若干14歳ながら、ジュニアユースではなくJリーグで活躍している天才プレーヤー。神の子(エル・ニーニョ)の異名を持つ。出雲光は自分でつけた登録名で、本名は白川光。唯の実兄だが、現在は疎遠になってしまっている。丹波とコンビを組むために一時的にジュニアユースに移り、サエグサ杯でかもめ中と対決。 相手の癖や戦略を見抜くことで序盤こそ圧倒していたが、唯に動きを読まれ、徐々に追い込まれていく。さらに、近江による予測不可能なプレーに圧倒され、焦りから暴走。無謀なタックルがレッドカードとなってしまった。

集団・組織

東神学園

『GOLDEN★AGE』に登場する中学校。神奈川の王者と称されるサッカーの名門。昨年の大会ではかもめ中を26-0の大差で降し、かもめ中にとっての、ある種のトラウマとなっていた。そのかもめ中と地区予選決勝で対戦。序盤でリードを奪い、それを広げようと猛攻をかけるものの、逆転を許してしまう。その後も最後まで果敢に攻めかかるが、点に繋げられずに敗北。 常勝が弱小に土をつけられる結果となった。

横浜ドルフィンズ

『GOLDEN★AGE』に登場するサッカーチーム。関東最強のジュニアユース。丹波がエースとして所属している。県大会開幕直前、唯と近江も声を掛けられたが、断っている。サエグサ杯ではかもめ中と対戦。Jリーガーである光も加わり、誰もが圧勝を信じて疑わなかったが、唯の読みと近江のプレーによって逆転負けを喫した。

場所

鴎ヶ崎中学校

かつてはどこにでもある弱小校で、サッカーにコンプレックスを抱く近江が入学してからは、彼とその取り巻きによってたまり場とされてしまう。しかし唯らが入部することで、かつての部員と近江たち不良が徐々にサッカーの魅力に取りつかれてゆく。更に唯たち元ジュニアユースの3人を模範とすることで、選手一人一人が強豪校に肩を並べる技術を身に着けた。 その結果、県大会に優勝し、さらにサエグサ杯でドルフィンズを破り、勢いのまま全国を制覇。一気に全国レベルの知名度を得た。

書誌情報

GOLDEN★AGE 全15巻 小学館〈少年サンデーコミックス〉 完結

第1巻

(2006年8月11日発行、 978-4091205766)

第2巻

(2006年11月17日発行、 978-4091206794)

第3巻

(2007年2月16日発行、 978-4091208903)

第4巻

(2007年5月18日発行、 978-4091210708)

第5巻

(2007年8月10日発行、 978-4091211606)

第6巻

(2007年11月16日発行、 978-4091212146)

第7巻

(2008年2月18日発行、 978-4091212863)

第8巻

(2008年5月16日発行、 978-4091213860)

第9巻

(2008年7月18日発行、 978-4091214478)

第10巻

(2008年10月17日発行、 978-4091215055)

第11巻

(2009年1月16日発行、 978-4091215673)

第12巻

(2009年2月18日発行、 978-4091216274)

第13巻

(2009年3月18日発行、 978-4091216281)

第14巻

(2009年7月17日発行、 978-4091220080)

第15巻

(2009年10月16日発行、 978-4091217806)

SHARE
EC
Amazon
無料で読む
マンガリスト
logo