Heaven?

Heaven?

フレンチレストランで働く伊賀は仕事をそつなくこなすが愛想は悪い。個性的なオーナーやスタッフ、客が起こすちょっとした事件に巻き込まれる伊賀の受難な日々をコミカルに描く。

概要

フレンチレストランロワン ディシーで働く伊賀は仕事をそつなくこなすが愛想が悪い。客とのトラブルで悩んでいたところ、黒須と出会い、彼女の経営するレストランに誘われた。勤めていた店を辞め、彼女のレストランを訪ねてみると、そこはまだ開店前で、スタッフはシェフを除いて素人ばかり、周りは墓場で客足が伸びそうもない問題ある店舗だった。

登場人物・キャラクター

伊賀 観

フレンチレストランロワン ディシーのシェフドラン。ロワン ディシーのホールスタッフの中で唯一、フレンチレストランで働いた経験を持つ。前の店で大失敗してしまったところに黒須が現れ、彼女の店に勧誘された。仕事はできるが、愛想は悪い。両親は長崎県在住。

黒須 加奈子

フレンチレストランロワン ディシーのオーナー。自分好みのフレンチレストランを作るためにロワン ディシーを作った。彼女のわがままでスタッフ全員が振り回される。ハッタリが得意。ミステリ小説家であることがのちに判明。

山縣 重臣

フレンチレストランロワン ディシーのソムリエ。眼鏡をかけたおじいさん。元銀行役員で資格マニア。ソムリエ検定の受験資格を得るために働いている。

堤 計太郎

フレンチレストランロワン ディシーの店長。前髪をアップにしたショートヘアで背が高い。元牛丼店の店長を5年務めた経験を持つ。賄いの牛丼に飽きて転職した。

川合 太一

フレンチレストランロワン ディシーのコミドラン。元美容師。そそっかしい。霊感があり、ロワン ディシーの中でも何度か幽霊を見ている。仕事はあまりできないが、愛想はいいので、客からは好かれている。

小澤

フレンチレストランロワン ディシーのシェフ。三ツ星レストランのシェフだったので、料理の腕は確か。7回閉店を経験しているので、「つぶれる」という言葉がトラウマになっている。弱気になると、料理の味付けが減塩になる。

ロワン ディシーの近所の石材店店主。ワイン好きの親切なおじさん。ロワン ディシーによく1人で食べに来る。ロワン ディシーにたどり着けない客によく道を教えている。

伊賀の母

伊賀の母親。長崎県在住。自己中心的な性格で、面倒なことはすべて伊賀に押し付けている。この母親のせいで大学受験に失敗したため、伊賀は彼女が来るのを恐れている。

伊賀の父

伊賀の父親。長崎県在住。自己中心的な伊賀の母を上手になだめる技術をもつ。存在感は薄い。

根本

河音公論の編集者で、黒須担当。見た目はガラの悪いおじさん。黒須が締切を守らないので、いつも振り回されている。

集団・組織

河音公論

『Heaven?』に登場する出版社。時々、黒須の原稿を載せている。

場所

ロワン ディシー

黒須がオーナーのフレンチレストラン。やすらぎ会館の敷地内にあり、墓と牡丹畑に囲まれている。ロワン ディシー(Loin d'Ici)は「この世の果て」の意味。繁華街や駅から遠いため、常に集客に苦労している。

やすらぎ会館

『Heaven?』に登場する公立の斎場。広大な牡丹畑と墓場に囲まれている。ロワン ディシーはこの斎場の一画に入っている。黒須の自宅の近所にある。

書誌情報

Heaven? :ご苦楽レストラン 全6巻 〈ビッグコミックス Big spirits comics〉 完結

第1巻

(2005年2月発行、 978-4091875013)

第2巻

(2005年2月発行、 978-4091875020)

第3巻

(2005年3月発行、 978-4091875037)

第4巻

(2005年4月発行、 978-4091875044)

第5巻

(2005年5月発行、 978-4091875051)

第6巻

(2005年6月発行、 978-4091875068)

Heaven? :ご苦楽レストラン 全4巻 小学館〈小学館文庫〉 完結

第1巻

(2010年2月発行、 978-4091960061)

第2巻

(2010年2月発行、 978-4091960078)

第3巻

(2010年3月発行、 978-4091960085)

第4巻

(2010年4月発行、 978-4091960092)

SHARE
EC
Amazon
logo