LCL

LCL

新世紀エヴァンゲリオン(漫画)の用語。読みは「えるしーえる」。

登場作品
新世紀エヴァンゲリオン(漫画)
正式名称
LCL
ふりがな
えるしーえる
関連商品
Amazon 楽天

概要

汎用人型決戦兵器、エヴァンゲリオンの操縦席となる「エントリープラグ」内を充たす特殊な液体。酸素を含み、空気の代わりに肺に入れることで呼吸を可能としている。衝撃を吸収しやすい液体であることによって、巨大な人型兵器であるエヴァンゲリオンが激しく運動してもパイロットの身体を守ることができる。

LCLの液体内でも、空気中と同じ感覚で発声が可能であり、その点でも特殊な物質だと言える。

登場作品

新世紀エヴァンゲリオン

西暦2015年、セカンド・インパクトという大災害により荒廃し、人類が辛うじての復興を遂げた世界が舞台。碇シンジは父・碇ゲンドウに突然呼び出され、第3新東京市を訪れる。その日に使徒と称される巨大な敵が街... 関連ページ:新世紀エヴァンゲリオン

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

登場作品
新世紀エヴァンゲリオン
logo