PSYCHO+

緑色の髪と目を持つ中学生綿貫緑丸が、超能力の素養がある者しか操作できないゲームサイコプラスを手に入れ、水の森雪乃たちと共にゲームのレベルをあげ謎を解こうとする。

  • 楽天
  • Amazon
正式名称
PSYCHO+
作者
ジャンル
超能力
 
SF一般

総合スレッド

PSYCHO+(漫画)の総合スレッド
2016.10.07 14:21

新着関連スレッド

緑色人(PSYCHO+)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.10.07 14:21
ストリートバスターⅢ(PSYCHO+)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.10.07 14:21

新着関連スレッドもっとみる

概要

生まれつき緑色の髪と目を持つ中学2年生綿貫緑丸。その色のせいで誰からも不気味な存在と思われていたが、ある日公園で出会った少女水の森雪乃だけは、彼の緑色を自然な色できれいだと言った。友人の東田センパイに聞いたところ、雪乃はゲームの達人で、自分をゲームで打ち負かした相手としか付き合わないと公言していた。

彼女がとんでもない相手に負けてしまったらどうしようと心配する緑丸は、偶然手に入れた謎のゲーム「サイコプラス」で彼女と勝負しようとする。

登場人物・キャラクター

主人公
中学2年生男子。家族の中でも一人だけ、突然変異的に髪と目が緑色をしている。緑色人の一人。その外見のため気味悪がられることが多く、友人は変わり者の東田とセンパイくらいしかいない。極端な不運の持ち主。ゲー...
中学2年生女子。校内でもセンパイの折り紙つきの美少女。「電脳少女」の異名を持つゲームの達人で、自分にゲームで勝った相手としか付き合わないと公言している。人工物を嫌い、公園でもセンサーライトの後ろに座っ...
ゲームセンターの男性店員。以前水の森雪乃と一ヶ月ほど付き合っていた。しかしその最中に購入者を自殺へと誘導する占いゲームを始めたことから、そのゲームのキャラクター月子にとりつかれるようになってしまう。
中学2年生女子。綿貫緑丸のクラスに転入してきた。「ヒーホー」が口癖で、死語を混ぜて喋る「死語使い」。世界に12人いる緑色人の一人で、緑丸の超能力の素養を確かめるのが目的。緑丸同様髪と目は緑だが、髪の毛...
中学2年生男子。骨マニアで、常に骨を身につけている。権力者の息子であることを利用してめずらしい骨を色々手に入れている様子。綿貫緑丸に偏見を持たずに接する友人の一人。ゲームも得意で、ストリートバスターⅢ...
東田の妹。霊感があり、霊の言葉を理解することができる。霊能力技術者国家試験第一種合格者。いつも涙を流しており、巫女風の服を着ている。「サイコプラス」によって幽体離脱してしまった綿貫緑丸を見つける。
中学2年生男子。すさまじく老け顔でうずまきメガネをかけている。美少女を眺めることが趣味。綿貫緑丸に偏見を持たずに接する友人の一人。メダルゲームが得意で、ゲームセンターにメダルを5万枚預けている。
自殺ゲームと呼ばれるPC用「占いゲーム」のキャラクター。ゲームを始めた人間に附属の指輪を通して催眠音声を聞かせ、暗示をかけて心中へと導いていく。

その他キーワード

綿貫緑丸が中古ゲーム屋で購入したゲームウェアのソフト。300円の値札がついていた。メーカー名等は無く出自不明。超能力の素養がある緑色人しかプレイできない。レベル1では超能力で植物を動かし、レベル2では...
綿貫緑丸や水の森雪乃、東田が所持している携帯用ゲームハード。ストリートバスターⅢなどのソフトが流行っている模様。緑丸が手にしたサイコプラスもこのハード用のソフトだった。
パソコン用の占いゲーム。その日の運勢などを画面に登場する女性キャラクター月子が教えてくれるというもの。附属の指輪から聞こえる音声によってプレイヤーに暗示をかけ、自殺を強要することから「謎の自殺ゲーム」...
ゲームウェアのソフト。大会が行われるほど流行っている格闘ゲーム。キャラクターは「藤竜」「ハルマキ」「ガイリー」「腱」などがいる。モデルは『ストリートファイターⅡ』と思われる。
世界に12人いる、髪と目が緑色で超能力を持った人間たちのこと。3年後に地球に衝突する小惑星から地球を守るため、地球の公転を早めて小惑星をかわす計画を立てている。