SV009

SV009

赤いペガサス(漫画)に登場するF1マシン。

登場作品
赤いペガサス(漫画)
正式名称
SV009
関連商品
Amazon 楽天

概要

サンダーボルト・エンジニアリングがF1参戦する際に投入された、新開発マシン。エンジンはフォード社製。DFV8気筒の3リッター。全重量600㎏。470馬力。最高時速は300キロオーバー。超一流の戦闘力を秘めたマシンと、ロック・ベアードは称賛していた。だが、レースを続けていくうちに空力抵抗に問題があることがわかり、F1GP第3戦南アフリカGPでは、新型マシンSV01を投入した。

関連キーワード

サンダーボルト・エンジニアリング

『赤いペガサス』に登場するF1チーム。会田オーナーが率いる日本のチーム。アメリカの大手タバコメーカーのバートン社(社長バートン)がスポンサーにつき、独自開発したSV009マシンでF1に参戦した。エース... 関連ページ:サンダーボルト・エンジニアリング

登場作品

赤いペガサス

天才ドライバーと讃えられたケン・アカバ(赤馬研)は、GTカー6時間耐久レースで善戦していたが、アクシデントにより車がコースアウト。近くにいた観客も含めて大事故となり、それ以降彼はレース界から遠ざかる。... 関連ページ:赤いペガサス

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

関連キーワード
サンダーボルト・エンジニアリング
登場作品
赤いペガサス
logo