アニメ映画 興行収入歴代トップ10 -パート1-83 Pt.

今や実写映画をも凌ぐ人気を見せているアニメ映画。
深夜枠のアニメの劇場版作品も軒並み高い興行収入をあげるなど、その存在は映画界においても高い注目を集めている。

作成日時:2016-03-14 11:16 執筆者:マンガペディア公式

第10位

「借りぐらしのアリエッティ」 92.5億円

2010年公開、スタジオジブリ作品。
小人の少女アリエッティと病弱な男の子の友情を描いた作品で、イギリス人作家、メアリー・ノートンの「床下の小人たち」を原作としている。
アリエッティ一家が生活の中で活用する道具は、実際の人間が使っているものを上手く利用して作られている。
制作陣の細かい設定が光る。

第9位

「モンスターズ・インク」 93.7億円

2002年公開、ディズニー、ピクサー作品。
モンスターとちいさな女の子の心の交流を描く感動ファンタジー。
2013年には続編として、主人公のモンスター、サリーとマイクの大学生時代を描く「モンスターズ・ユニバーシティ」が公開。

第8位

「トイ・ストーリー3」 108億円

2010年公開、ピクサー作品。
ここから興行収入100億円越え。
人気シリーズの3作品目にして、テーマはおもちゃからの卒業。
子どもの頃におもちゃで遊んだことのある人なら誰もが涙するであろう、秀逸なストーリー。

第7位

「ファインディング・ニモ」 110億円

2003年、ディズニー、ピクサー作品。
大海を舞台に、親子の大冒険を描いて大ヒット作に。
日本でもニモのモチーフとなったカクレクマノミブームを起こすなど、映画の枠を越えて世間に広く知られる作品となる。

第6位

「風立ちぬ」 110.2億円

2013年公開、スタジオジブリ作品。
主人公のモデルは零戦の設計した、堀越二郎。
作品は堀辰雄の小説「風立ちぬ」を原作。
婚約者との約束に自身の夢、その中で起こる惨事。
激動の時代を生きた天才設計士の人生を、スタジオジブリ色に染めて見事に描きあげている。


第5位以降はパート2に続く。

関連ガイド

ランキング

もっとみる

ピックアップ

『装甲騎兵ボトムズ』秀逸な次回予告集!!むせる!!

『装甲騎兵ボトムズ』秀逸な次回予告集!!むせる!!

「月下の棋士」、モデルとなった棋士たち1

「月下の棋士」、モデルとなった棋士たち1

思わずベタ惚れ! ツンデレ美少女アニメ7選

思わずベタ惚れ! ツンデレ美少女アニメ7選

ハーレムアニメから学ぶモテ男の条件

ハーレムアニメから学ぶモテ男の条件

今だからこそおすすめしたい! 春に見たいアニメ5選!

今だからこそおすすめしたい! 春に見たいアニメ5選!

一度は並べてみたくなるコミックス表紙まとめ

一度は並べてみたくなるコミックス表紙まとめ

logo

いいね!・フォローしてマンガ・アニメのニュースを受け取ろう!