常に片思いの美少女アニメキャラ244 Pt.

胸が締め付けられる想い……。そんな片思いを抱き続ける美少女アニメキャラを厳選してここに代表的な7人を紹介する。

作成日時:2017-10-17 22:00 執筆者:マンガペディア公式

常に片思いの美少女アニメキャラ

出典:Amazon.co.jp

概要

実らぬ恋……。片思いを抱き続ける美少女を応援するも良し、共感するも良し、まずはその代表的7人を紹介し、まずは視聴してみよう!!

『アオハライド』の「吉岡双葉」

出典:Amazon.co.jp

中学の時の初恋の人「田中洸」は転校し、3年後に再会を果たす。しかし、そこにいた男は「馬淵洸」と名乗り、クールな別人になっていた。この3年間に何があったのか……。「双葉」は「洸」と微妙な距離で接しつつも互いの過去が徐々に明らかになり、理解と気持ちは深まって行く……。好きだった人が様変わりしているのは高校1年生の女子には耐え難い真実であるが、それを乗り越えて相手を信じて恋の成就を目指す「双葉」。その健気さと純情さを見ると、文字通り「胸がキュンキュン」する。一方、「洸」も少しずつ氷壁の心が溶解している場面や台詞が出ると心揺さぶられる。「雪が溶けたら水になる」ではなく「雪が溶けたら春になる」の如く、2人の心が溶け合う純情物語であり、成長物語でもある。

『四月は君の嘘』の「澤部椿」

出典:Amazon.co.jp

主人公の天才ピアニスト「有馬公生」の同級生で隣の家に住む幼馴染。線の細い主人公に対してボーイッシュで元気の塊のような「椿」の存在は、主人公にとって時には邪魔な存在であるが、時には頼りになる姉のような存在でもある。しかし、不治の病を抱えながらも記録よりも記憶に残る演奏を目指すヴァイオリニスト「宮園かをり」が現れ、主人公を音楽の世界でより高みへと導いて行く。「椿」は表向きは応援しつつも自分の存在意義が薄らいでいく事に一人枕を濡らす日々を送る……。その様子は「切なすぎる」の一言に尽きる。ヒロインの立場としても薄まり行く存在感は胸が痛い。元気だけでなく幸せも手に入れて欲しいと考えている視聴者も多い。「椿」を軸にしてこの作品を視聴してみるのもお薦めである。

『この美術部には問題がある!』の「宇佐美みずき」

出典:Amazon.co.jp

主人公は中学2年生の美術部員。同じ美術部で同級生の「内巻すばる」に想いを寄せるが、「すばる」は二次元にしか興味を示さず、二次元の嫁を描く日々。主人公は報われない恋と知りつつも、そんな「すばる」の一挙手一投足が気になって仕方ない。恋愛要素よりはドタバタ喜劇の要素が高く、その中で主人公は見事なツッコミ役もこなし、全体のまとめ役をもこなす。その能力・強さ・たくましさは中学生の域を超えていて、賞賛に値する。いわゆる、ちょっとお節介な近所のおばさんの様な立ち位置になっているが、そんな主人公の喜怒哀楽が楽しめる作品になっている。

『クズの本懐』の「安楽岡花火」

出典:Amazon.co.jp

主人公の想い人「鐘井鳴海」は国語の教師、「鐘井鳴海」の想い人は音楽教師の「皆川茜」、そんな音楽教師に憧れるのは主人公と同級生の「粟屋麦」で、主人公の「花火」と「麦」は、互いの叶わぬ想いをごまかすかの様に寄り添い合う……。誰も報われない、すれ違い恋愛物語であるが、タイトル通り主人公は自らの行いをクズだと理解している。それでも自分の気持ちを抑えるには代償が必要……。これも若さの形なのかもしれない。そんな登場人物を反面教師にしつつ、綺麗な恋愛を学ぶためのリアルな教科書として視聴するのも楽しいかもしれない。

『あの夏で待ってる」の「谷川柑菜」

出典:Amazon.co.jp

主人公「霧島海人」の同級生。ショートヘアの似合う闊達で明るくリーダーシップを図れる姉御肌であり、平凡だが母性本能をくすぐる主人公に想いを寄せる。しかし、宇宙から来た美少女「貴月イチカ」に主人公は心惹かれ、「柑菜」は自分の想いを伏せて主人公を応援する……。あくまでも姉御として可愛い弟分を助ける姿勢には涙を誘う。「柑菜」自身が幸せを掴もうと思えばつかめた場面もあるが、自分は脇役に徹し、それでいて最適・最良なタイミングで主人公を支え、決して出しゃばり過ぎず、隠れ過ぎず、必要不可欠な存在として、一流のバイプレーヤーとして役割を果たしている。もし、「柑菜」が実在する女優なら助演女優賞確実なキャラと言える。

『凪のあすから』の「比良平ちさき」

出典:Amazon.co.jp

メインキャラクターの一人で紺色のロングヘアを持つ海に生きる一族の子。主人公で陸の一族「先島光」とヒロインで海の一族「向井戸まなか」を含む7人の若き男女の恋物語であるが、「ちさき」は海と陸の両方を経験し、時の流れが異なる陸と海で、「まなか」より先の大人に成長する女性キャラであり、恋愛だけでなく時間の流れにも悩む複雑さと特徴を持つ。全26話の前半と後半で物語が大きく変わる展開も特徴的であり、全員が片思いで、そのすれ違う気持ちが切ない。どのキャラに注視しても物語を楽しめるが、この「比良平ちさき」も特徴的でお薦め。何度でも視点を変えて楽しめる作品といえる。

『ハチミツとクローバー』の「花本はぐみ」

出典:Amazon.co.jp

はぐみは美大生で天性の才能を持つが臆病で人付き合いが苦手、しかし同じ美大で破天荒に生きる「森田忍」に惹かれる。「森田」も「はぐみ」に興味を持つが友人の「竹本祐太」も「はぐみ」が気になる様子で互いに想いは秘めたままにする……。大人でもあり子供でもある10代最後の美しくも切ない、そして涙なしでは視聴できない恋愛物語。主要登場人物5人全ての心情を丁寧に描き、誰にも共感が持てる。そしてその中心に「花本はぐみ」が居る。存在感としては弱いかもしれないが、間違いなく、「はぐみ」が居ないと成り立たない作品である。タイトルの意味も作品を見てから知ってもらいたい。

関連ガイド

ランキング

もっとみる

ピックアップ

『装甲騎兵ボトムズ』秀逸な次回予告集!!むせる!!

『装甲騎兵ボトムズ』秀逸な次回予告集!!むせる!!

「月下の棋士」、モデルとなった棋士たち1

「月下の棋士」、モデルとなった棋士たち1

思わずベタ惚れ! ツンデレ美少女アニメ7選

思わずベタ惚れ! ツンデレ美少女アニメ7選

ハーレムアニメから学ぶモテ男の条件

ハーレムアニメから学ぶモテ男の条件

今だからこそおすすめしたい! 春に見たいアニメ5選!

今だからこそおすすめしたい! 春に見たいアニメ5選!

一度は並べてみたくなるコミックス表紙まとめ

一度は並べてみたくなるコミックス表紙まとめ

logo

いいね!・フォローしてマンガ・アニメのニュースを受け取ろう!