岐阜県を舞台にしたアニメ『氷菓』『君の名は。』『はがない』935 Pt.

岐阜県は都会の便利さと自然の温かさ、両方の良さを持ち、時間がゆっくりと流れる素敵な街。そんな岐阜県が舞台のアニメを2選紹介する。

作成日時:2016-09-12 12:00 執筆者:マンガペディア公式

『氷菓』

出典:Amazon.co.jp

『氷菓』は2014年4月よりチバテレビほかで放送された「京都アニメーション」製作のアニメ作品。推理小説『古典部』シリーズ(原作・米澤穂信)をアニメ化した。この作品は岐阜県の飛騨市が舞台とされ、廃部寸前の「古典部」で出会った4人の少年少女が、数々の難事件を解決していくストーリー。主人公折木奉太郎(おれき・ほうたろう)は優れた洞察力・推理力を備えた高校生。廃部寸前の「古典部」へと入部することとなってしまった主人公は、千反田える、伊原摩耶花、福部里志の4人とともに数々の事件を推理していく青春学園ミステリー。「わたし、気になります!」この一言から高校生活が大きく動き始める__。

『君の名は。』

アニメ『君の名は。』は2016年8月公開のオリジナル劇場アニメ。物語の舞台(主人公の一人、女の子のほうが住む町)は飛騨市とされている。一方、男のほうは東京に住んでいるが、物語後半は飛騨が舞台になると思われる。この古い町に住む女子高生「宮永三葉(みやなが・みつは)」と、東京で暮らす男子高校生「立花瀧(たちばな・たき)」。ふたりの心と体がある夜の夢をきっかけに、たびたび入れ替わるようになる。最初は状況が分からず戸惑う二人だったが、心が少しづつ接近した矢先……?

『僕は友達が少ない』

岐阜県岐阜市が舞台となった残念系青春ラブコメ!? 『僕は友達が少ない』。聖クロニカ学園に転校してきた羽瀬川小鷹は、転校初日に遅刻してしまい、自己紹介も失敗して、完全にクラスから浮いた存在となってしまった。ある日、教室でエア友達と話をしている所をクラスメイトの三日月夜空に見られてしまう……。どうしたら友達が作れるのか? 夜空に相談したところ、夜空は友達作りのための「隣人部」を創部してしまう。だが、隣人部には次々と残念な美少女たちが入部してくることとなる。みんなでギャルゲーをしたり、カラオケに行ったり、迷走気味な隣人部の彼らは友達を作ることができるのか!?

関連ガイド

ランキング

もっとみる

ピックアップ

2018年「蒙古襲来」!? 『アンゴルモア〜元寇合戦記〜』PV公開!!

2018年「蒙古襲来」!? 『アンゴルモア〜元寇合戦記〜』PV公開!!

天才キャラたちと実在する人物のIQを比較してみた

天才キャラたちと実在する人物のIQを比較してみた

ハーレムアニメから学ぶモテ男の条件

ハーレムアニメから学ぶモテ男の条件

logo

いいね!・フォローしてマンガ・アニメのニュースを受け取ろう!