声優「阿部敦」が演じたアニメキャラ5選218 Pt.

2008年に『亡念のザムド』の「竹原アキユキ」役、『とある魔術の禁書目録』の「上条当麻」役と2つの作品で主演を務める。2017年現在もテレビアニメの主演や、スマートフォンアプリにも出演するなど、幅広く活動する「阿部敦」が演じたアニメキャラを紹介する。

声優「阿部敦」が演じたアニメキャラ5選

出典:Amazon.co.jp

概要

「阿部敦」は、2007年に『しゅごキャラ!』の「相馬空海」役で初めて主要キャラクターを演じ、2008年に2つの作品で主演を務めた。2010年には、「第4回声優アワード」で新人男優賞も受賞した。今回は、その「阿部敦」が演じたアニメキャラを紹介する。

『とある魔術の禁書目録』「上条当麻」

出典:Amazon.co.jp

「学園都市」に住む高校生。「無能力者」(レベル0)だが、それは「学園都市」の計測機器で測定出来ないだけで、右手に生まれつき「幻想殺し」(イマジンブレイカー)という特殊な力を宿している。普段はのんびりとした温厚な性格だが、気が短く、気に入らないことがあると直ぐに怒る。一方で、ドがつくほどのお人好しかつ世話焼きである。誰であろうと困っている人を見かければ、自分の身の危険を一切顧みず助けにいくほど正義感が強い。「不幸だ」が口癖で、何らかのトラブルに巻き込まれやすい。アニメの第1話から、その不幸体質ぶりが描かれている。ただ、前述のように、困っている人を助けるために首を突っ込むことが多いようなので、トラブルに遭いやすいのは仕方ないのかもしれない。むしろ、この不幸体質をプラスに考え、「不幸だからこそ、事件に巻き込まれてそこで苦しむ人を助ける機会に恵まれる」と誇りにしている。「阿部敦」にとって、「上条」は最初にオーディションに受かった役で、演じて見たかった熱血系キャラクターだったらしい。当初は、自分の「上条」の演技と監督から出された指示とのすり合わせが大変だったとも語っている。2008年の放送当初から長く「上条」を演じている「阿部敦」にとって、声優の第一歩を踏み出したこの役は、さぞ思い入れが強いに違いない。

『バクマン。』「真城最高」

出典:Amazon.co.jp

マンガを描くのが大好きだったが、とあることがきっかけで、その夢を捨ててしまった主人公。だが、「高木秋人」や「亜豆美保」との出会いを経て、再びマンガ家を目指す。ペンネームは、「亜城木夢叶」。これは、「最高」と「秋人」の共同ペンネームである。平凡な人生を悲観する、やや屈折した少年だったが、マンガ家を目指すようになってからは、実直な性格になった。また、負けず嫌いなところもあるので、他のマンガ家に対抗心を燃やすことが多い。だが、恋愛面では意外な一面を見せる。携帯小説の恋愛描写にはドライな反応を示したが、「最高」自身は「秋人」を引かせるほどのロマンチストだと判明した。そうでなければ、「マンガ作品がアニメ化に成功したら結婚」の約束を、「亜豆」と交わさないだろう。それどころか、夢を叶えるまで2人で会うことは避け、メールで励ましあうだけの関係を築いていたこともあり、純愛を貫く意思の強さは尊敬に値する。「最高」は当初、物事を冷めて捉えているのだが、マンガ家を目指すようになってからは、心の中に熱い部分がよく見えるようになっている。夢に向かって突き進む姿は「阿部敦」の演技によって、更に「熱い」ものになっただろう。

『カードファイト!! ヴァンガード』「雀ヶ森レン」

出典:Amazon.co.jp

赤い長髪が印象的なキャラクターで、本作の第23話にて初めて登場した。前回の全国大会で優勝を果たした「フーファイター」のリーダーである。普段はどこかぼんやりしとしているが、「ヴァンガード」のことになると途端に雰囲気が変わる。当初はつかみどころがない、飄々とした性格だと思われたが、物語が進むにつれ、段々と尊大な態度を取るようになり、サディスティックな本性を見せ始めた。「レン」の台詞は「中二病」のような言い回しが多いのだが、「阿部敦」はそれを難なくこなし、今までにないキャラクターを演じている。これにより、多くの視聴者やファンを魅了した。

『だがしかし』「鹿田ココノツ」

出典:Amazon.co.jp

「シカダ駄菓子店」を営む父親と2人で暮らしている高校生。あだ名は「ココナツ」。父親に店を継ぐことを望まれているが、「ココノツ」の夢はマンガ家なので、嫌がっている。とはいえ、駄菓子への愛と情熱は人一倍。駄菓子に関しての知識は豊富で、駄菓子の食べ合わせやひと手間加える際のアイデアにおいては、優れた発想力を持つ。この才能は「ココノツ」の父親や大手菓子会社の社長令嬢「枝垂ほたる」に見込まれているらしい。「ココノツ」は作中では常にツッコミ役。そのため、「阿部敦」の鋭いツッコミを見ることが出来る。また、「ココノツ」の思春期の少年らしい反応なども面白い。どちらかと言えばヘタレな主人公でもあり、あっけらかんとしているので、熱血系キャラクターのイメージがいい意味で払拭されるのではないだろうか。

『弱虫ペダル』「泉田塔一郎」

「箱根学園自転車競技部」に所属し「神奈川の最速屋」と呼ばれるスプリンター。愛車はDH(原作はBH)。極限まで鍛え抜かれた肉体と大きな目、長い睫毛が特徴的だ。なお、他のキャラクターに「キンニクマツゲ君」と揶揄された。作中では、彼が筋肉を披露する描写が多く、右大胸筋に「アンディ」、左大胸筋に「フランク」、広背筋に「ファビアン」と名付けて愛でている。ちなみに、性格もあるらしい。また、腹筋(アブドミナル・マッスル)を意味する「アブ」が口癖で、大変インパクトが強い。こうしてみると、「変人」のようにも思えるが、彼はスプリンターとしての誇りが高い。学校の先輩たちを尊敬しており、他の選手たちへの礼儀も忘れない。また、厳しい筋トレで自身のコンディションを高めるなど、自転車競技への情熱が強いことが分かる。非常に個性的なキャラクターだが、「阿部敦」の演技が見事冴えわたっている。特に、口癖の「アブ」だが、公式イベントでもいじられるほどに愛されているようだ。言葉のインパクトもあるのだろうが、「阿部敦」が演じたことで、更にインパクトある言葉になったのかもしれない。

関連ガイド

ランキング

もっとみる

ピックアップ

『装甲騎兵ボトムズ』秀逸な次回予告集!!むせる!!

『装甲騎兵ボトムズ』秀逸な次回予告集!!むせる!!

「月下の棋士」、モデルとなった棋士たち1

「月下の棋士」、モデルとなった棋士たち1

思わずベタ惚れ! ツンデレ美少女アニメ7選

思わずベタ惚れ! ツンデレ美少女アニメ7選

ハーレムアニメから学ぶモテ男の条件

ハーレムアニメから学ぶモテ男の条件

今だからこそおすすめしたい! 春に見たいアニメ5選!

今だからこそおすすめしたい! 春に見たいアニメ5選!

一度は並べてみたくなるコミックス表紙まとめ

一度は並べてみたくなるコミックス表紙まとめ

logo

いいね!・フォローしてマンガ・アニメのニュースを受け取ろう!