あきら先生は誰にも言えない

婚約者のいる高校教師の女性が、幼なじみだったイケメン医師と再会し、彼との関係に溺れていく。まじめながらスキだらけの女性が、それぞれに闇を抱えるハイスペックな男性達からエロティックに迫られる姿を描く恋愛漫画。「モバフラ」で2015年12月5日から配信の作品。

正式名称
あきら先生は誰にも言えない
作者
ジャンル
恋愛
レーベル
フラワーコミックスアルファ(小学館)
巻数
既刊7巻
関連商品
Amazon 楽天

あらすじ

第1巻

高校の体育教師・一ノ瀬晶は、健康診断で訪れた病院で、医者の叶響一郎の触診を受けて思わず感じてしまう。処女の晶はその事を誰にも相談できず、再び響一郎の診察を受けるが、その際に彼が幼なじみの「響ちゃん」だった事に気づく。実は響一郎は幼い頃、晶にお医者さんごっこを強要され、その時の晶の仕打ちを恨んでいたのだ。自分が響一郎に何をしたのか思い出せない晶に、傷ついた表情を見せる響一郎だったが、晶はそんな響一郎に急速に魅かれていく。そしてある日、婚約者の漆原崇がいるにもかかわらず、晶はついに響一郎がほしいという思いを抑えられなくなる。

第2巻

幼なじみの医者・叶響一郎への愛しさが抑えきれず、罪悪感に苛まれる一ノ瀬晶は、婚約者の弁護士・漆原崇に別れを告げようとしていた。しかし、崇から婚約指輪をプレゼントされ、結局言い出す事ができなかった。だが響一郎との関係に溺れていく晶は、ついにどうにもならない状態に陥ってしまう。そんな中、婚約指輪を返そうとした晶に対し、すべてを見透かしていた崇は、突如、それまでの穏やかだった態度を豹変させる。

第3巻

叶響一郎漆原崇に対して一ノ瀬晶は渡さないと宣言し、晶を自分の部屋に連れ帰る。こうして晶は響一郎との関係をどんどん深めていくが、崇からは婚約を解消するつもりはないと告げられる。そんな中、響一郎に促され、周囲に崇との婚約を解消するという手紙を送った晶は、響一郎に連れられ、南の島へ逃避行に出る。響一郎との甘い日々を過ごした晶は、みんなを説得するため東京に戻ろうと響一郎に提案するが、彼から驚愕の事実を告げられる事となる。

第4巻

幼い頃、一ノ瀬晶叶響一郎はいけない事と知らずに関係を持ってしまい、その事が原因で晶の父親は亡くなった。晶は封印していたその記憶を、響一郎につき付けられるが、それでも響一郎が好きだという気持ちに変わりはなかった。だが、晶は婚約者の漆原崇に拉致され、彼の屋敷に監禁されてしまう。晶は崇の仕打ちに苛立ちを覚えながらも、一方で彼の強引なところに心惹かれるのだった。崇の計らいのもと、晶は高校教師として復帰する事となるが、「人殺しの医者は誰も雇わない」という崇の脅迫めいた言葉を受け、響一郎のために崇に服従せざるを得なくなってしまう。

第5巻

医者としての叶響一郎を守るために、漆原崇に身を委ねると決めた一ノ瀬晶は、崇の悲しい過去を知り、情を移してしまう。晶は強引なやり口の崇を憎らしく思いながらも、惹かれていく自分を無視できなくなっていた。そんなある日、晶は崇と食事をしたホテルで響一郎と再会。響一郎は崇が裏で手を回したせいで、多忙を極めていた。だが、医者の立場を捨ててもいいとまで言う響一郎の申し出を、晶は断る。そして晶は崇と共に生きる道を選び、3年が経過。晶は高校教師を辞め、医者を目指していた。そんな中、晶は実習に向かう道中、大神という男性からいきなりキスされてしまう。

第6巻

一ノ瀬晶の実習担当医・大神は、ルックスも医者としての腕も秀逸だが、女性に対して節操がないため、職場の混乱を懸念した副医院長から、早急に結婚してくれと泣きつかれていた。そんな中、たまたまやって来た晶を気に入った大神は、ところかまわず強引に迫って来る。大神の暴走を止めるべく、晶は彼に漆原崇を引き合わせるが、自信家の大神の闘争心に火を点けただけだった。そんなある日、晶は大神が大病を患っている事を知る。

登場人物・キャラクター

一ノ瀬 晶 (イチノセ アキラ)

高校の体育教師の女性で、初登場時は23歳。一ノ瀬真紀の娘で、父親が亡くなった幼い頃から、漆原光悦の家で世話になっていた。腰まであるロングヘアにゆるいウェーブをかけている。まじめで明るい性格ながら、快楽に弱い一面があり、男性からは隙だらけに見える。言っている事としている事がいつもちがうという偽善者めいたところがあり、誰にでも情を移してしまうきらいがある。 幼い頃、叶響一郎にお医者さんごっこを強要し、実はその時に無自覚ながら響一郎と関係を持ち、それが原因で父親が亡くなったという過去がある。ちなみに、父親の詳細な死因は不明。母親から、父親が亡くなったのは晶のせいだと言われ、その当時の記憶を封印していた。非の打ちどころがない弁護士の漆原崇と婚約しているが、響一郎と再会して以降、彼との関係に溺れていく。 だが、医者としての響一郎の立場を守るため、崇と生きて行く道を選ぶ。その後、医者を志すべく教師を辞め、難関の学士編入試験に一発合格。研修医として実習に訪れた病院で、大神から猛アプローチを受け、彼が大病を患っている事を知り、心を揺らしている。

叶 響一郎 (カノウ キョウイチロウ)

第一病院に勤める医者の男性。まつ毛が長いイケメンで、エアリー感のある長めのヘアスタイルをしている。一ノ瀬晶とは幼なじみで、晶にお医者さんごっこを強要され、自分を傷つけた晶をいじめてやりたいというS的な性質を持つ。一方で、晶と幼い頃に結ばれたという記憶を、彼女がまったく覚えていないという事に傷つくナイーブなところがある。 自分と晶が晶の父親を殺したという事で、誰からも祝福されない関係だと自覚しているが、晶への思いを抑える事ができず、彼女のためなら医者という職業を捨ててもいいとさえ思っている。晶からは「響ちゃん」と呼ばれている。

漆原 崇 (ウルシハラ タカシ)

漆原法律事務所の男性弁護士。漆原光悦の息子で、一ノ瀬晶の婚約者。母親を5年前に亡くしている。シャギーの入ったストレートのマッシュ型の短髪で、クールな雰囲気を醸し出している。優しい性格だが、昔から文武両道に秀で隙をいっさい見せない。倉木和也からは、そんな完璧すぎるところをいぶかしがられている。料理上手で、晶に料理の腕を振るう事も多い。 晶の父親が亡くなり、一ノ瀬真紀と晶を父親が家に招いた時から、晶だけを見続けて来たため、晶の微妙な変化にも敏感。しかし、晶から婚約指輪を返された途端に態度を豹変させ、晶を監禁したり、叶響一郎が医者を続ける事ができなくなるよう、人殺しの過去をばらすと脅すなど、晶を奪い返すためなら手段を選ばない。 実は光悦の実の息子ではなく、母親が好きな男性をつなぎ止めるべく、ほかの男性の種をもらって作った子供であるという出生の秘密を抱えている。

大神 (オオガミ)

一ノ瀬晶の実習担当医となった男性。前髪を遊ばせた短髪で、ワイルドな雰囲気を漂わせており、毒舌家。医者としての腕は確かで、イケメンなため、遊ぶ相手に事欠かず、病院勤務の女性に手あたり次第に手を出している。病院内の混乱を避けるため、副院長から結婚してくれと頼まれたところ、たまたま実習にやって来た晶に目をつけた。自分になびかない晶に興味を持ち、強引に迫っていく。 実は手術が必要な大病を患っており、それを周囲には隠している。自信家だが、自分の弱い面を晶に見透かされた事により、さらに晶への思いを募らせていく。

一ノ瀬 真紀 (イチノセ マキ)

一ノ瀬晶の母親で、センター分けのボブヘアにしている。明るい女性だが、晶が幼い頃に夫を亡くしている。夫が亡くなってからは、漆原光悦の家に招かれ、母子共に世話になっていた。しかし、夫の死の原因となった叶響一郎を嫌っており、晶が響一郎と逃避行した際にショックで倒れた。以降は、光悦の家で彼からの看病を受けるようになった。

倉木 和也 (クラキ カズヤ)

一ノ瀬晶が勤める高校に通う男子高校生。父親は自身の通う高校の理事を務めている。少し長めのストレートヘアをシャギーにしており、喘息の持病がある。表面上は晶のファンを装っているが、実は晶に本気で思いを寄せており、ゆっくり時間をかけて手に入れるつもりでいる。何を考えているかわからない晶の婚約者・漆原崇を嫌っている。

漆原 光悦 (ウルシハラ コウエツ)

漆原法律事務所の社長を務める初老の男性で、妻を5年前に亡くしている。一ノ瀬晶が叶響一郎と逃避行に出た際に、ショックで倒れた一ノ瀬真紀の面倒を自宅で看るようになったが、昔から真紀に思いを寄せていた節がある。

梅子 (ウメコ)

一ノ瀬晶が勤める高校で、保健の教師を務める女性。童顔で肩位のウエーブヘアに熊のヘアピンを留めている。晶の同僚で、晶をいつも気にかけている。晶が医者になったら、自分も看護師に復帰しようと考えているほど、晶が好き。だが、大神が医院長から頼まれたお見合い相手の当事者として、大神に連れて来られた晶と顔を合わす事になる。

暮林 (クレバヤシ)

漆原法律事務所の女性弁護士で、漆原崇の同僚。ストレートのロングヘアで長身の、キツい感じの美人。崇に思いを寄せているのか、崇の婚約者である一ノ瀬晶に対して挑戦的なところがある。

カップル (カップル)

一ノ瀬晶と叶響一郎が逃避行に出た南の島で、知り合った若いカップル。名前は圭とゆうこ。圭の心臓が弱く、長く生きられないため、周囲から結婚を反対されている。二人だけの式を挙げるために南の島に来たところ、倒れた圭を医者の響一郎が救った縁で、晶と響一郎に結婚式の立会人を頼んだ。

杉山 ひより (スギヤマ ヒヨリ)

大神が勤務する病院に入院している12歳の女の子。髪の毛を二つに結んだまだ幼さの残る少女で、枕元には熊のぬいぐるみを置いている。手術後に植物状態となっており、次に目覚めた時が命を助けるラストチャンスだと見られている。

書誌情報

あきら先生は誰にも言えない 既刊7巻 小学館〈フラワーコミックスアルファ〉 連載中

第1巻

(2016年7月8日発行、 978-4091385864)

第2巻

(2016年12月9日発行、 978-4091386915)

第3巻

(2017年5月10日発行、 978-4091393340)

第4巻

(2017年11月10日発行、 978-4091396273)

第5巻

(2018年4月10日発行、 978-4098701087)

第6巻

(2018年10月10日発行、 978-4098702664)

第7巻

(2019年3月8日発行、 978-4098703562)

SHARE
EC
Amazon
無料で読む
マンガリスト
logo