いくさの子 織田三郎信長伝

織田信長の代名詞ともいえる鉄砲との出会いや、前田慶次、前田利家らとの数奇な巡り合わせ。第六天魔王として恐れられる織田信長の幼少期からの活躍を、豪快なタッチで描く。原作は北原聖望。「月刊コミックゼノン」2010年10月号から2015年9月号にかけて連載された作品。

正式名称
いくさの子 織田三郎信長伝
原作者
北原聖望
作者
ジャンル
アクション
 
バトル
 
戦国
レーベル
ゼノンコミックス(ノース・スターズ・ピクチャーズ)
巻数
既刊11巻
関連商品
Amazon 楽天

概要・あらすじ

天王祭りを見物するために津島へと船で向かう途中、「吉法師」と呼ばれていた織田信長は海賊髑髏党の襲撃を受ける。人質の身となった吉法師だったが、彼はそこで出会ったシスコ犬丸と共に髑髏党を撃退。この時、シスコが放った「エスピンガルダ」と呼ばれる鉄砲に心惹かれていく。数年後、信頼していた父の死に直面しながらも、いつか織田家当主として立つために信長は力を蓄えていく。

やがて銀太の手により鉄砲の量産に成功して戦う力を得た信長は、豪商生駒家の娘である生駒類より、持つものは必ずや天下の王となると言い伝えられる秘石「天の光」の噂を聞くのだった。

登場人物・キャラクター

主人公

尾張那古野城城主。幼い頃は「吉法師」と呼ばれていた。周りの大人からは手の付けられない悪餓鬼、うつけ者と呼ばれてはいるものの、それは本来の才覚を隠すため、父である織田信秀や師の沢彦宗恩からうつけを演じる... 関連ページ:織田 信長

海賊髑髏党に奴隷として囚われていた少年。丸々と小柄な体格に、名前通りの犬のような仕草を取ることから、織田信長には「犬」と呼ばれている。風で天候を読み、山の形で自身の位置を読むことができる能力を持ってお... 関連ページ:犬丸

シスコ

犬丸と同じく海賊に奴隷として囚われていた金髪碧眼の南蛮人。本名は「フランシスコ」。織田信長に海外の知識を教えることを条件に部下として迎え入れられる。信長と鉄砲を引き合わせ、豊富な知識と経験で信長の戦に劇的な変革を起こしていく。

少年時代から織田信長に従う1人。セリフの端々に「おっ」「きゃ」「うけけけ」などの奇妙な声を発しており、常に落ち着きがない言動からか信長には「猿」と呼ばれている。犬丸とはまさに文字通り「犬猿の仲」で、何... 関連ページ:猿若

銀太

織田信長と野党の戦に火事場泥棒目的で現れるが、シスコの放った鉄砲に興味を持つ。大きく飛び出た目玉と「ぎょぎょ」の口癖が特徴で、信長からは「メダカ」と呼ばれている。信長の部下となったあとは、堺で鉄砲の製造法を学び、一流の鉄砲鍛冶となって織田軍の戦力向上に貢献する。

胡蝶

斎藤家当主である斎藤道三の娘で、織田信長の正室。病弱で常に床に伏せているので、あまり外に出ることはない。信長とは政略結婚で結ばれた間柄ではあるのものの、彼の優しさに触れ心の底から愛している。実在の人物、濃姫がモデル。

織田 信秀

「尾張の虎」の異名を持つ尾張下四郡の守護代であり、織田信長の父。息子を溺愛しつつも、彼の秘めたる才能にいち早く気づき敵勢にバレないようにうつけを演じさせている。信長が17歳の時に病を患い、死去する。実在の人物、織田信秀がモデル。

沢彦 宗恩

織田信長の教育係であり、臨済宗の僧侶。裏拳で壁に穴をあけ、今川家の送った偵察を一撃でのしてしまうほどの強力な剛腕の持ち主。信長の名付け親であり、彼が付けた「信長」という名には、いずれ日本を掌握するという意味が込められている。実在の人物、沢彦宗恩がモデル。

平手 政秀

織田家譜代の老臣で、織田信長のお守り役。織田信秀と同じく信長の秘めたる才能を知っている1人で、織田家を内政面で支えている。信秀の死後は、自身が戦場で見つけてきた元今川家の兵である孫八を影武者として立て、内政の維持を保つ。実在の人物、平手政秀がモデル。

生駒 類

尾張小折の商人である生駒家の娘。織田信長とは遠い縁者であり、信長曰くどことなく母親に似ているとのこと。後に信長の世継ぎである信忠の生母となる。可憐な外見とは裏腹に気が強く男勝りな性格。実在の人物、生駒吉乃がモデル。

今川 義元

織田家と敵対関係にある駿河の大名。女性が見惚れるほどの妖艶さがありつつも、どこか不気味な雰囲気を醸し出しており顔には常に死化粧を施している。かつて今川の領地であった尾張を奪還するため、織田家を裏から操り内部崩壊を画策している。実在の人物、今川義元がモデル。

太原 雪斎

今川家の軍師であり、今川義元の教育係。義元とは以心伝心の間柄であり、義元のために家臣や弟子を使い織田家の内政や動向を見張っている。実在の人物、太原雪斎がモデル。

「海の伝説」の異名を持つ南蛮船の船長。体をクネらせ、独特の言葉遣いやコミカルな仕草、妙な格好をしているが、剣の達人で素早く相手を切り刻む。「手にする者は必ずや天下を統べる王となる」と言われる秘石「光の... 関連ページ:ジョゼ

織田信長が九鬼泰隆のアジトで出会った少年。本来、女子供は処刑を免除されるところを海賊相手に啖呵を切り、信長たちと同じく吊るし首の台に立たされた。信長の仲間と共に解放された後、病弱な父のために薬を探そう... 関連ページ:前田 慶次

犬千代

「槍の又佐」と呼ばれる前田利家の若き姿。尾張荒子城主の四男坊という地位にありながらも、ジョゼの南蛮船に奴隷として飼われていた。織田信長の能力により毘沙門天の如き力を持つことを見抜かれ、彼が戦う姿に見惚れ信長の家臣になることを決意する。実在の人物、前田利家がモデル。

クレジット

原作

北原聖望

書誌情報

いくさの子 ―織田三郎信長伝 既刊11巻 ノース・スターズ・ピクチャーズ〈ゼノンコミックス〉 連載中

第1巻

(2011年5月20日発行、 978-4199800153)

第2巻

(2012年1月20日発行、 978-4199800573)

第3巻

(2012年10月20日発行、 978-4199801136)

第4巻

(2013年6月20日発行、 978-4199801471)

第5巻

(2014年4月19日発行、 978-4199802003)

第6巻

(2014年11月20日発行、 978-4199802430)

第7巻

(2015年6月20日発行、 978-4199802720)

第8巻

(2015年12月19日発行、 978-4199803185)

第9巻

(2016年8月20日発行、 978-4199803604)

第10巻

(2017年4月20日発行、 978-4199804069)

第11巻

(2018年3月20日発行、 978-4199804816)

SHARE
EC
Amazon
無料で読む
マンガリスト
logo