戦国BASARA3 鬼神の如く

戦国BASARA3 鬼神の如く

TVゲーム『戦国BASARA3』の登場人物である、長曾我部元親の戦いを描いた公式コミカライズ作品。「ASUKA」2012年7月号から10月号にかけて掲載された。

正式名称
戦国BASARA3 鬼神の如く
ふりがな
せんごくばさらすりー きじんのごとく
作者
ジャンル
アクション
レーベル
あすかコミックスDX(角川書店(角川グループパブリッシング))
関連商品
Amazon 楽天

概要・あらすじ

第六天魔王・織田信長亡き後、日の本を統一した覇王・豊臣秀吉。そんな秀吉も徳川家康によって討たれ、世は群雄割拠の戦国乱世へと突入する。そんな折、四国を束ねる長曾我部元親が国元を離れた隙に、四国が何者かの襲撃を受け、壊滅状態に陥ってしまう。荒れ果てた土地にはかつての友、家康の軍旗が落ちていた。命を落とした部下や民の仇を討つため、元親は血で血を洗う乱世へと足を踏み入れるのだった。

登場人物・キャラクター

長曾我部 元親 (ちょうそかべ もとちか)

四国を統べる長曾我部軍の将で、大きな船を操ることから「西海の鬼」とも称される男性。銀髪に左目を覆う眼帯を着け、碇のような先端を持つ、身の丈以上ある槍を武器に戦う。自ら「海賊」を自称しており、その言葉通り言動は荒々しいものの、部下や民を大切にする人情派。徳川家康とは友人で、かつてはどちらが先に天下を取るかを競争していた。 実在の人物、長曾我部元親がモデル。

鶴姫 (つるひめ)

伊予の国の隠し巫女で、髪型はショートボブ。周囲のお付きの者からは、「姫御前」と呼ばれている。裾を短くした巫女の衣装を身に着けており、弓を武器に戦う。瀬戸内海の平和を守るため、「海賊」と呼ばれる長曾我部軍を悪とみなし、襲撃を仕掛ける。雑賀孫市に懐き、慕っている。

毛利 元就 (もうり もとなり)

安芸の国を統べる、毛利軍の将を務めている男性。冷静沈着で冷酷な性格をしており、縦に異様に長い兜をかぶり、腕が隠れるほどの大きさの、肩当てと一体化した防具を両腕に着用している。外側に刃が付いた円形の武器を、フラフープのように扱い戦う。長曾我部元親とは自他ともに認める因縁の宿敵。一人称は「我」。実在の人物、毛利元就がモデル。

雑賀 孫市 (さいか まごいち)

傭兵の集まりである雑賀衆をまとめている長である女性。肩まで伸びたロングヘアでスタイルが良く、上半身はビスチェのような服を着ており、下半身はパンツルックにロングブーツといういで立ちをしている。二丁の拳銃を扱う戦い方で、右足には何丁もの拳銃を巻き付けている。実在した人物、雑賀孫市がモデルだが、作中では性別が異なる。

石田 三成 (いしだ みつなり)

石田軍の将を務める男性。豊臣秀吉に心酔しており、秀吉を討った徳川家康を激しく憎んでいるため、家康を討ち取るために挙兵した。刀を腰に差さず、鞘を持ったまま居合のようなスタイルで戦う。一人称は「私」。実在の人物、石田三成がモデル。

伊達 政宗 (だて まさむね)

奥州を統べる伊達軍の将である男性。右目を眼帯で覆っているため、「独眼竜」とも呼ばれている。三日月型の鍬形が付いた兜を被り、左右に3本ずつ、6本の刀を操り戦う。英語を巧みに操り、技名もすべて英語に統一している。実在の人物、伊達政宗がモデル。

片倉 小十郎 (かたくら こじゅうろう)

伊達政宗の腹心を務めている男性。オールバックの髪形で左頬に傷がある。ロングコートのような上着を羽織っており、背中には月の模様があり、右襟には「仁」の文字が描かれている。左利きで、戦闘時は刀を扱う。実在の人物、片倉小十郎がモデル。

徳川 家康 (とくがわ いえやす)

徳川軍の将を務めている男性。絆の力で世を統べようと立ち上がり、豊臣秀吉を討ち取って挙兵。天下を取るため、各地で勢力を広げている。短い髪を逆立てた髪形をしており、両手に籠手を着け、戦闘時は拳のみで勝負をしかける。長曾我部元親とはかつて夢を語り合う友だった。実在の人物、徳川家康がモデル。

まさ吉 (まさきち)

長曾我部元親の部下で同じ船に乗っている男性。もみあげから顎にかけてひげを蓄えている。鶴姫の襲撃を受けた際、まんまと鶴姫の放った矢に撃たれてしまい、鶴姫の言いなりになってしまう。しかし、元親によって海に落とされたことで、正気を取り戻す。

孫七 (まごしち)

長曾我部元親の部下で同じ船に乗る男性。頭にねじり鉢巻きを巻き、無精ひげを生やした厳つい容姿をしている。四国に襲撃を仕掛けた人物が徳川家康であるとは信じられないと元親に進言し、家康への使者を買って出た。

クレジット

監修

カプコン

SHARE
EC
Amazon
logo