いるかちゃんヨロシク

いるかちゃんヨロシク

おてんば娘如月いるかが倉鹿修学院で騒動を起こす度に山本春海から助けられ、いつの間にか惹かれ始め成長していく。

正式名称
いるかちゃんヨロシク
ふりがな
いるかちゃんよろしく
作者
ジャンル
恋愛
レーベル
集英社文庫 コミック版(集英社)
巻数
全4巻
関連商品
Amazon 楽天

概要・あらすじ

主人公如月いるかは男勝りで快活な女の子。いるかは祖父が理事長を務める私立倉鹿修学院に転入する。倉鹿修学院はあらゆる武道に精通する倉鹿道場の流れを組むスポーツ名門校である。

いるかは転入早々学ランで大暴れをするなど、さまざまな騒動を繰り広げる。騒ぎを起こすたびに生徒会長である山本春海に迷惑をかけ、対立ばかりしていた。しかし、そのうちだんだんと春海に惹かれ始め、初恋を経験する。

登場人物・キャラクター

如月 いるか (きさらぎ いるか)

倉鹿修学院の理事長の孫娘で、東京から今春に転入してきた。なぜか転入初日に学ランで登校し、大騒ぎとなる。2年雪組所属。男勝りで遅刻・早弁をする問題児。運動神経はずば抜けて良く、男子顔負けの能力を持つ。校内陸上オリンピックを勝ち抜き、山本春海と共に鹿鳴会の会長となる。正義感が強く困っている人を放っておけない性格で女子からの人気は高い。 冷血漢だと思いつつも、面倒見が良く優しい山本春海のことが気になる存在になっていく。

山本 春海 (やまもと はるうみ)

如月いるかと同じ2年雪組所属の優等生。1年の時に鹿鳴会入りし、会長の座をかっさらった優等生。女生徒からの人気も高く、男子からの信頼も厚い。クールに見えて意外と目立ちたがり屋で感情的な一面もある。野球部キャプテン、剣道部主将と様々な部活を掛け持ちしている。母親は2年前交通事故で他界。 まだ小学生の弟がいる。いるかのメチャクチャな行動に振り回されているうちに、だんだんに惹かれていく。

一色 一馬 (いっしき かずま)

鹿鳴会メンバーで、いつも山本春海を含む4人で行動を共にしている。長い黒髪に、鼻の上の大きな傷が凄みを増している。剣道部、アイスホッケー部に所属していて、顔の傷はアイスホッケーでついたものらしい。

太宰 進 (だざい しん)

鹿鳴会のメンバーで、いつも山本春海を含む4人で行動を共にしている。甘いマスクのハンサム。剣道部、サッカー部所属。

長門 兵衛 (ながと ひょうえ)

鹿鳴会メンバーで、いつも山本春海を含む4人で行動を共にしている。体がゴツく、強面。剣道部、柔道部は主将を務める。銀子のことが好きで、いつもあたたかく見守っている。見かけによらず手先は器用で、工作はいつも「5」。如月いるかと共に女子サッカー部のグランドを作ったこともある。

出雲谷 銀子 (いずもだに ぎんこ)

2年月組、女子サッカー部所属。ポジションはセンターフォワードでパワー重視。いつも2~3人の取り巻きをつれ、「姉御」「銀子姐さん」と慕われている。切れ長の瞳と黒髪のっロングヘアーをした美人だが、怒らすと指の間に挟んだカミソリで攻撃する過激さを持つスケ番。スポーツ万能で、鹿鳴会のメンバーだったが、素行の悪さに除名処分されていた。

伊勢 杏子 (いせ きょうこ)

出雲谷銀子のおさななじみで、元女子サッカー部員。如月いるかと入れ違えるかのように転校していった。スポーツ神経万能で、女子サッカー部では銀子と並んでWエースを務めていた。ポジションはミッドフィルダーでテクニックに優れた選手。実業団でプロになった兄について東京に行ったが帰郷。 しかし、女子サッカー部の入部を断っている。

山本まのか (やまもと まのか)

山本春海のいとこで、両親が海外赴任の間、2年雪組に転入し、山本家に同居することになった。黒髪で目の大きな美少女で、男子生徒からの人気は抜群。山本春海を「春クン」と呼んで慕っていて、如月いるかをライバル視している。

芹沢 かもめ (せりざわ かもめ)

如月いるかの幼馴染の同級生。東京の六段中に通っている。見た目は、如月いるかにそっくり。芹沢かもめのほうが髪が長く、後ろに三つ編みで1本に結っている。幼馴染3人組の1人、土方琢磨のことが好きだが、頼りない彼にヤキモキしている。

土方 琢磨 (ひじかた たくま)

如月いるかの幼馴染の同級生。東京の六段中に通っている。幼馴染の女子2人がスポーツ万能で勝気なのに対し、気弱で頼りない男の子。

東条 拓巳 (とうじょう たくみ)

如月いるかが里見学習院高等部に入学した時に出会った同級生の男の子。山本春海が憧れるほど、中学時代は有名な野球選手だった。しかしとある事件を起こし、野球部を退部になっていて、それ以降不良となってしまう。一生懸命で活発な如月いるかに惹かれていき、山本春海との三角関係になっていく。

集団・組織

鹿鳴会 (ろくめいかい)

『いるかちゃんヨロシク』に登場する組織。私立倉鹿修学院の生徒会のような役割を持つ組織。毎年開催される校内陸上オリンピックのあらゆる種目を勝ち抜いた人が選出され、所属することができる。通常メンバーは5人で、様々な特権を与えられている。

里見学習院高等部 (さとみがくしゅういんこうとうがっこう)

如月いるかと山本春海が進学した名門高校。秀才の山本春海は中学時代からスカウトが来ていたが、いるかは東京に戻った後、猛勉強をして見事入学となった。中等部からのエスカレーター組と、高等部からの中途組との間で衝突が絶えない。

場所

私立倉鹿修学院 (しりつくらしかしゅうがくいん)

倉鹿市にある中学校で、純和風の城のような建物。あらゆる武道に精通する倉鹿道場の流れを組み、現在はスポーツの名門校。勉強ができてもスポーツができないと落ちこぼれとされる。如月いるかの祖父が理事長を務めている。

書誌情報

いるかちゃんヨロシク 全4巻 〈集英社文庫 コミック版〉 完結

第1巻

(2000年7月発行、 978-4086175845)

第2巻

(2000年7月発行、 978-4086175852)

第3巻

(2000年9月発行、 978-4086175869)

第4巻

(2000年9月発行、 978-4086175876)

SHARE
EC
Amazon
logo