メルカノ。

ギャグ漫画ばかり描いていた大島永遠が、「ストーリーを書きたい」という思いから生まれた、ネット恋愛を扱ったラブコメ漫画。コミックス1巻と5巻のあとがきでは、漫画が描かれるまでの経緯が語られている。またコミックス5巻には、連載開始前に掲載された読み切り版の『メルカノ。』も収録されている。「月刊サンデーGX」2005年9月号から2010年6月号にかけて掲載された。

正式名称
メルカノ。
作者
ジャンル
恋愛一般
レーベル
サンデーGXコミックス(小学館)
巻数
全5巻
関連商品
Amazon 楽天

概要・あらすじ

新条翔流はポータルサイト「フィル・ゲイト」で、「HAL」というハンドルネームの女性と知り合う。チャットで交流を深めること6か月、顔も知らない同士だが、お互いに、チャットやメール上の彼氏「メルカレ」と彼女「メルカノ」と認識している2人は、現実にデートをすることになる。待ち合わせの場所で翔流の前に現れたのは、クラスメイトの荒井遥香

現実とチャットでのイメージが違いすぎて、ケンカになる2人だったが、翔流の後輩を助けたため意気投合。その後、一緒にいることが多くなった翔流と遥香は、「フィル・ゲイト」のナビゲーターにならないか、と武田直樹からスカウトされる。

登場人物・キャラクター

主人公

ケンカの強い不良の男子高校生。後輩からは頼もしいと尊敬されている。口調は荒いが、困っている後輩を助けることも多く、面倒見はいい。チャットやメールでは、別人格のような丁寧で優しい文章を書く。ポータルサイ... 関連ページ:新条 翔流

新条翔流のクラスメイトの女子高校生。「HAL」というハンドルネームで、ポータルサイト「フィル・ゲイト」に登録している。空手2段の腕前で勝気な性格だが、チャットやメールでは真面目で優しい文章を書く。「フ... 関連ページ:荒井 遥香

ポータルサイト「フィル・ゲイト」に、「RYOTA2005」というハンドルネームで登録している男性。特技は銀粘土を使ったアクセサリー作り。「フィル・ゲイト」の恋人オークションで、「あいら」に一目惚れ。入... 関連ページ:吉田 涼太

こころ

ポータルサイト「フィル・ゲイト」の恋人オークションで、吉田涼太が落札した女性。見た目は幼いが、涼太と同じ18歳。自分を落札してくれた涼太に、一目惚れする。性格は明るくて積極的。涼太のアルバイト先まで来たり、涼太が作ったアクセサリーを拾うために、川に飛び込むなど、行動力もある。

ポータルサイト「フィル・ゲイト」の子会社「F-EYE企画」の代表の男性。「F-EYE企画」はナビゲーターの活動拠点と養成所を兼ねており、武田直樹もナビゲーターとして活動している。またナビゲーターのスカ... 関連ページ:武田 直樹

椎名 亜季

ポータルサイト「フィル・ゲイト」の子会社「F-EYE企画」の人事部長の女性。武田直樹とコンビを組んで活動することが多い。武田同様に身体能力は低く、情報収集や作戦立案などが主な仕事。武田に好意を寄せるが、武田には気づいてもらえていない。

深谷 美宇

新条翔流が、ポータルサイト「フィル・ゲイト」のチャットで知り合った女性。オフ会で翔流と実際に会い、感性や話のウマが合って一気に親しくなり、翔流のメルカノになる。

新条 紅葉

新条翔流の妹。ポータルサイト「フィル・ゲイト」に登録している。大人数で2回チャットしただけの「カケル」に好意を寄せる。「カケル」が兄である翔流とは知らずに、彼への告白メールの内容について、翔流に相談する。

留年した新条翔流のクラスに転入してきた男子高校生。帰国子女で、転入試験でほぼ満点を取った秀才。綺麗な顔立ちで女子には人気があるが、どこか冷めたところがあり、人を見下した印象を感じる者もいる。インターネ... 関連ページ:守弥 聖

「フィル・ゲイト」の社長の男性。自己中、ナルシストとして有名。武田直樹とは、「フィル・ゲイト」設立以前からの知り合い。殺害予告を受けた南光を護衛するため、武田が新条翔流と荒井遥香を派遣する。しかし、南... 関連ページ:南 光

その他キーワード

フィル・ゲイト

巨大ポータルサイト。掲示板から恋人が買えるオークションまで、なんでもあり。検索性能も高く、「フィル・ゲイト」を、ブラウザのスタートページにしているネットカフェも多い。一般には知られていないが、「フィル・ゲイト」の評判を落とすような利用者を秘密裏に探し出し、対応する実働部隊のナビゲーターが存在する。

ナビゲーター

サーバー内や現実世界でのパトロール部隊。ポータルサイト「フィル・ゲイト」の評判を落とすトラブルを、マスコミや警察が知る前に解決する集団。存在自体が極秘とされている。

書誌情報

メルカノ。 全5巻 小学館〈サンデーGXコミックス〉 完結

第1巻

(2006年5月19日発行、 978-4091570482)

第2巻

(2008年4月18日発行、 978-4091571304)

第3巻

(2009年1月発行、 978-4091571601)

第4巻

(2009年9月18日発行、 978-4091571878)

第5巻

(2010年6月18日発行、 978-4091572189)

SHARE
EC
Amazon
logo