うきわ、と風鈴。―友達以上、不倫未満―

うきわ、と風鈴。―友達以上、不倫未満―

夫の栗男について広島から上京してきた美似子。優しかった夫は、要領の悪い美似子に厳しく、冷たくなっていった。東京でひとり寂しさを抱える中、団地の隣に住む大柄で優しい男、牛久と出会う。牛久もコロナ禍で仕事を失い、働いている妻に責められ、肩身の狭い思いをしていた。家庭に不満を抱える既婚者の二人が、ベランダ越しに心を通わせていく大人のラブストーリー。『うきわ―友達以上、不倫未満―』シリーズの続編で、登場人物や舞台は異なる。1話8ページのショートストーリー。現状、出会い、馴(な)れ初めなど、気持ちの変化をきめ細かく描いていく。小学館「週刊ビッグコミックスピリッツ」2021年第24号から連載開始。

正式名称
うきわ、と風鈴。―友達以上、不倫未満―
ふりがな
うきわ とふうりん ともだちいじょう ふりんみまん
作者
ジャンル
不倫
関連商品
Amazon 楽天

概要・あらすじ

夫の栗男の仕事の都合で、広島から東京の団地に越してきた美似子。知り合いもいない東京でパートをしながら、ごはんを作り、栗男の帰りを待つ日々。優しかった栗男は、「ただいま」も「行ってきます」も言ってくれなくなった。子供も忙しいから今はいらないと言う。栗男の母からもらった風鈴を飾ろうとしても、うるさくて近所迷惑だからと栗男に反対される。寂しい思いを抱える美似子の癒しは、ベランダ越しに隣の牛久と話をすることだった。料理人だった牛久は、コロナで店を失い、求職中。早く働けと妻から詰め寄られている。9時になるとバジルに水をやるためにベランダに出てくる牛久。その時間に合わせて、美似子もベランダに出る。風鈴の音を二人で聞いたり、他愛のない話をしながら、二人は心を通わせていく。

登場人物・キャラクター

尾長 美似子 (おなが みいこ)

広島出身の既婚女性。小柄で、あごまでの長さのショートボブ。昭和62年生まれの33歳。夫の栗男の仕事の都合で上京し、東京の団地の404号室に住む。おっとりタイプで、歩くのも遅く、要領が悪い。ホームセンター「シマネズミ」でパートとして働く。旧姓は山根。

尾長 栗男 (おなが くりお)

美似子の夫。広島出身で、転勤のため上京して東京の団地で暮らす。おっとりしていて、要領の悪い美似子に厳しく、高圧的。妻の歩幅に合わせようとはせず、いつも背中を見せている。忙しいから、子供はまだいらないと言い、妻を求めようとしない。妻の寂しい気持ちにも気づいていない。

牛久 (うしく)

美似子の隣の部屋405号室に住む既婚男性。身長が高くてガタイが良く、純朴そうな優しい男性。眉毛が太く、顔の形は四角い。平成元年生まれの31歳。料理人。negozio(ネゴーツィオ)というイタリアンのお店で雇われ店長をしていた。コロナ禍で職を失い求職中。ベランダでバジルを育てている。

前作

うきわ ー友達以上、不倫未満ー (うきわ ともだちいじょうふりんみまん)

夫に浮気されている主婦の中山麻衣子と、その夫の上司で隣室の住人である二葉一の、友達以上・不倫未満という微妙な関係を叙情的なタッチで描いた恋物語。「やわらかスピリッツ」で2012年11月から2015年2... 関連ページ:うきわ ー友達以上、不倫未満ー

SHARE
EC
Amazon
logo