おなかがすいたらおともだち

おなかがすいたらおともだち

女子高生の早河砂穂の死体に寄生する「虫」が主人公。「虫」はとある一軒家に家族で暮らしており、人間を食料とする。砂穂やその姉達の仕事は、「友達」を作り、家へ連れ帰り、皆で分け合う事だった。「友達=餌」と教え込まれてきた砂穂と、友達のいない堅物の優等生の真島巡の交流を描いたホラー漫画。小学館「やわらかスピリッツ」2018年8月~12月に掲載。

正式名称
おなかがすいたらおともだち
作者
ジャンル
ホラー
関連商品
Amazon 楽天

概要・あらすじ

女子高生の早河砂穂は、細長い「虫」達に見送られ、元気に学校に向かう。大声で周りに挨拶する砂穂だったが、皆は彼女を避けているようだった。そんな中、校門で砂穂に声をかけたのは、風紀委員の真島巡だった。巡は、砂穂のだらしない服装を注意し、スカーフを結んでやる。そんな出会いがあった日の昼休み。弁当を持ってきていない砂穂は、空腹に耐えていた。中庭で、巡が一人で弁当を食べているのを見つけた砂穂は、なんとなく彼女のところへ向かう。空腹で腹を鳴らす砂穂を見て、巡は弁当を分けてやった。学校が終わり、帰宅した砂穂を出迎えたのは、やはり「虫」達だった。虫達は男性の死体に群がり、食事をしている。好きなところを食べていいと言われた砂穂は、男の左腕をもぎりとる。砂穂の口から、実体である虫が出てきて、その腕を食べ始めた。虫達は、ヒトの死体に入り込み、ヒトに化けて友だち作りをする。そして「友達=餌」を自分達の巣に誘い込むのだ。砂穂は、仲良くなれそうな巡を「友達」にしようと考えていた。

SHARE
EC
Amazon
logo