汐の声

汐の声

幽霊屋敷の取材のゲストに呼ばれた霊感少女が、本当は霊能力なんかないのにと悩むなか、実際に屋敷で死んだ少女の霊にとり憑かれてしまう悲劇と恐怖を描いた作品。

正式名称
汐の声
作者
ジャンル
ホラー一般
 
怪奇
レーベル
ハロウィン少女コミック館(朝日ソノラマ)
巻数
全1巻
関連商品
Amazon 楽天

概要

幽霊屋敷のテレビ取材番組で呼ばれた佐和は、霊感少女と呼ばれながら、誰も本気で彼女のその能力を信じてはいなかった。インチキ霊感少女と孤立していくなかで、佐和は本当に少女の霊と出会ってしまい、極限の恐怖に怯えるのだった。

登場人物・キャラクター

佐和

霊感少女として話題になり、テレビに出演するなどしていた。子供時に偶然、火災を予言したことを親が大袈裟に騒いだことで、世間に祭り上げられているが、実は霊感をもっていない。本人は、このことについてひどく悩んでいる。

南北 月女

霊能力のある易者。老齢の女性でなにかと佐和をインチキ霊能力者扱いをしてイビる。

山口 舎利

八方見の権威で、霊を視る力があるということで果無館にやってくる。

場所

果無館

『汐の声』に登場する幽霊屋敷。元は銀行の副頭取りの別荘だったという。それを買い取った親娘が変死して、以来その家族の霊が出ると噂になっている山奥にある家。

書誌情報

汐の声 全1巻 朝日ソノラマ〈ハロウィン少女コミック館〉 完結

第1巻

(1992年4月発行、 978-4257982111)

SHARE
EC
Amazon
logo