おバカちゃん、恋語りき

喧嘩に明け暮れ、恋愛には縁の薄かった女子高生が、引越しを機に変わろうとするも、問題児ばかりのクラスに転入させられてしまう。しかし、持ち前のガッツを生かしてさまざまな出来事に立ち向かっていく。「マーガレット」平成20年18号から平成22年21号に連載された作品。

正式名称
おバカちゃん、恋語りき
作者
ジャンル
ラブコメ
 
恋愛
レーベル
マーガレットコミックス(集英社)
巻数
全7巻
関連商品
Amazon 楽天

世界観

恋愛経験値が0に等しい主人公が、学年一の優等生とバカなクラスメイトの間で揺れる三角関係がテーマ。自分から恋した憧れの人物と、自分を好きになってくれた身近な人物のどちらがより大切かを選ぶさまが描かれる。

作品誕生のいきさつ

本作は当初『おバカちゃん、恋語りき』の「おバカちゃん」の部分に、別の言葉を入れたタイトルが採用される予定だった。しかし、平成20年当時、日本中に舞い起きていた「おバカブーム」に便乗するのはどうか、という担当編集者の提案で、現在のタイトルに変更された。また、最終巻では、タイトルにちなんで一部のキャラクターが自らの恋愛観について語るミニコーナーがある。

あらすじ

喧嘩が強すぎるゆえに西日本では有名になってしまった園田音色は、恋愛をするために東日本にある清琳学園へ転入する。今回こそ普通の高校生活を送ろうとしたものの、転校早々問題を起こし特殊科クラスに入ることになってしまう。通称「バ科」と呼ばれるそこは、個性的という言葉では足りない生徒たちの集まりだった。

メディアミックス

東日本大震災チャリティー漫画本

2011年、メディア・パルより出版された東日本大震災の復興支援書籍「PARTY!~SORA~」に、作者の佐藤ざくりも参加し、『おバカちゃん、恋語りき』の特別編を寄稿している。こちらはチャリティー用に執筆された作品で、コミックスには収録されていない。

作家情報

佐藤ざくりは主に雑誌「マーガレット」で活躍中の少女漫画家。『同じ星に生まれて』でNEWまんがゼミナールに入選し、平成13年「マーガレット」に同作が掲載されデビュー。他の作品に『マイルノビッチ』『アナグラアメリ』などがある。誕生日は9月20日で、血液型はA型。出身は大阪府で、現在は京都府在住。

登場人物・キャラクター

園田 音色

清琳学園に編入してきた1年生の女子生徒。3歳の頃から格闘家の父親に英才教育を受け、申し分のない強さを誇る「西日本最強の女」。正義感の強さも手伝い、地域の悪質な人間を取り締まっていたことから有名になりすぎてしまい、普通の女子高生として暮らすべく東日本にやってきた。1月2日生まれのB型で、実家は広島県。

相澤 深

園田音色の憧れの人物。清琳学園特進科に通う1年生で、生徒会副会長も務める男子生徒。成績は学年トップで品行方正、教師の信頼も一身に集める絵に描いたような完璧な存在。美しい容姿も手伝って、異性からはファンクラブ相澤深フォーエバー部が結成されるほどの絶大な人気を誇っている。過去のトラブルにより、栄山トキオとは非常に仲が悪い。 10月20日生まれのA型。

栄山 トキオ

園田音色のクラスメイトで、清琳学園特殊科に通う男子生徒。金髪の派手な容姿からいじめっ子と勘違いされ、音色に成敗されたことで彼女と知り合う。筋トレが趣味で喧嘩ばかりしているが、心優しく正直な人物。はじめは音色を嫌っていたが、やがて意識するようになる。7月23日生まれのB型。

原 虹花

園田音色のクラスメイトで、清琳学園特殊科に通う女子生徒。非常に美意識が高く佐々木希に似ているといわれるほどの美少女。異性の関心を集めることにしか興味のない性格だったが、音色には興味を持ち、時に毒を吐きながらも親身に接する。「不特定多数にちやほやされたい」と公言し、恋人は作らない主義だが、それにはある理由があった。 語尾に「~だお」をつける独特の話し方をする。5月18日生まれのO型。

堂島 ケンイチ

園田音色のクラスメイトで、清琳学園特殊科に通う男子生徒。亀梨和也に似ているといわれるほどの美形だが、異性には関心がなく、栄山トキオにベタ惚れな、通称「リアルBL」と呼ばれる人物。しかし、トキオには振り向いてもらえないため、不特定多数との交友を続けている。これまでに交際した男性は100名をゆうに超え、主に新宿2丁目を狩猟場に日々派手な遊びをしているらしい。 11月3日生まれのAB型。

サブローさん

園田音色のクラスメイトで、清琳学園特殊科に通う男子生徒。「サブローさん」はあだ名で、3度留年していることからその名が付いた。寡黙な上に長い前髪で顔を隠しており、その感情を伺い知ることはできないが、物静かで穏やかな人物であると推測される。極度のあがり症で、声を発するのは4年に一度と言われているほど貴重。 人と積極的にコミュニケーションをとることはないが、動物には非常に好かれる。9月1日生まれのO型で、本名は不明。

落合

清琳学園1年特殊科の担任を務める男性教師。眼鏡をかけた真面目な雰囲気の人物で、やや気が弱く泣き虫。その人柄のためか、特殊科の生徒には振り回されがちな日々が続いている。眼鏡を外すと美形という噂があるが、それは誤り。恋人いない歴は6年。

理事長

清琳学園の理事長を務める若い男性。自分の容姿に絶対の自信を持つナルシストで、狩野英孝を意識した冗談を言う。特殊科の生徒たちを忌み嫌っており、ことあるごとに嫌がらせを企てる。趣味はテディベア収集で、校内に大量のコレクションを隠している。2月25日生まれのA型。

和成

清琳学園の理事長秘書を務める若い男性で、理事長の双子の弟。理事長と全く同じ容姿だが、和成は眼鏡をかけており理事長に比べ知的な雰囲気の人物。表向きは秘書として活動しているが、実際は奔放な理事長の代わりに学園の経理や運営を1人で行っている。

黒須 乃愛

清琳学園特進科に通う1年生で、生徒会会計を務める女子生徒。切り揃えた前髪にセミロングヘアの、ピュアな性格の人物。特殊科の生徒たちを恐れているが、偏見を持ってはいけないと考え、積極的に親しくなろうとする。愛読書は少女漫画で、同じ生徒会役員の黒須絢人は実の兄。

黒須 絢人

清琳学園特進科に通う2年生で、生徒会書記を務める男子生徒。中性的でかわいらしい印象の、妹の黒須乃愛に輪をかけてピュアな性格の人物。その容姿から同性に人気があり、特に男色の趣味がある人間から狙われがちなところがある。

美羅川 日記

清琳学園特進科に通う1年生で、生徒会会長を務める女子生徒。明るい色のストレートロングヘアに長身の、関西弁で話す自信にあふれた雰囲気の人物。性格は極度のサディストで、相澤深には「病んでいる」と評されるほど人をいじめるのが好き。他人の恋愛に首を突っ込むのも好きで、園田音色と深を復縁させるべく強引な画策をする。 原虹花とは仲が悪い。

緋山 影虎

園田音色が西日本在住時に知り合った男性。前髪にメッシュを入れ、星形のピアスをした派手な雰囲気の人物。大阪府で不良として育ち、音色の噂を聞きつけて広島県遠征した際に返り討ちに遭った。以来音色のことを忘れられず、もう一度会いたいと考えていた。好きな食べ物はコーヒーゼリーで、尊敬する人物はエジソンと椎名林檎。 出身地は大阪府。

十吾

園田音色が西日本在住時に知り合った男性。リーゼントにした髪型に特攻服を着た今時珍しいほどの正統派ヤンキーで、緋山影虎の所属するヤンキー集団のヘッドを務めている。かつて音色に殴られて前歯を失い、彼女への復讐の機会をうかがっていた。優秀なボクシング選手でもあり、高校時代は大阪府代表選手になるほどの実力の持ち主だった。

水島 華弥

相澤深が中学3年時に交際していた、元恋人の少女。公爵の位を持つ華族・水島家の令嬢で、全寮制の女子高に通っている。やや思いこみが激しく猪突猛進な性格で、許嫁の深がいるにもかかわらず、自分と栄山トキオが交際していると勘違いしている。代々鳥を愛でる習わしがあり、巨大なオカメインコの「ネリさん」を飼っている。

水島華弥の教育係。長めの髪を真ん中で分けた、慇懃な雰囲気の男性。華弥の幸福を第一に考えており、彼女の求めるものはすべて手に入れたいと考えている。華弥の命令により、栄山トキオをさらおうと企てる。武道の心得があり、鞭の使い手でもある。

音色の父

園田音色の父親で、アルティメット園田道場の道場長を務める男性。屈強な身体に髭を生やした豪快な人物で、偶然訪れた栄山トキオにも家族同様に接する。50キロのダンベルを持ち上げながらのうさぎ跳びに失敗し、ぎっくり腰になっている。

冬真

アルティメット園田道場に通う男性。長髪を真ん中で分けた、穏やかな雰囲気の人物。かつては不良で、自殺を考えるほど精神的に追いつめられていたが、園田音色に救われ道場にやってきた。以来音色に想いを寄せており、道場の今後のためにも広島県に戻ってきてほしいと考えている。

クマ山田クマ吉

清琳学園の敷地内に出没する隻眼のクマ。年齢は13歳。人間に危害を加える意志はないおとなしい性格だが、園田音色の洋服に描かれたクマのイラストを本物のクマと勘違いし気に入ってしまい、彼女に近づいてくる。なぜか相澤深とは意志疎通ができる。

集団・組織

特殊科

清琳学園に存在する、周囲になじめない個性的な生徒たちを集めたクラスのこと。通称「バ科」と呼ばれており、その名の通り偏差値は芳しくない。さらに、馴染めないというよりはそもそも出席意欲の低い生徒が多く、真面目に登校している生徒は園田音色の入学時点では4名しかいなかった。

相澤深フォーエバー部

清琳学園女子生徒たちが設立した、相澤深を慕うことを主目的とした部活動のこと。彼を想うあまりの過激な活動が多く、深の盗撮、深の使用済み箸やストローの盗難など、問題行動は枚挙にいとまがない。ある事件を起こし厳重注意を受けてからは同好会に降格されたが、変わらず熱心な活動を行っている。入部すると、入部特典として深のブロマイド5枚セットが進呈される。

場所

清琳学園

園田音色が転入してきた、東日本にある高校のこと。「どんな生徒も放り出さない」をモットーにしており、問題を起こしがちな生徒も原則卒業させる方針を貫いている。普通科の他に、特進科と特殊科が存在する。

アルティメット園田道場

園田音色の実家が営む道場のこと。長い歴史のある格闘技道場で、現在は音色の父が道場長を務めている。園田家の人間を慕って集まった門下生も多く、特に冬真は道場の存続に音色は欠かせないと考えている。最近は頻繁な道場やぶりに遭っている。

イベント・出来事

常識テスト

清琳学園特殊科の生徒たちを対象に行われる抜き打ちテストのこと。合格すると普通科に戻ることができる。しかし出題内容は生徒ごとに違い、各自の苦手分野で構成されるため、容易には突破できない。なお、不合格の場合はペナルティが課せられる。

その他キーワード

トーフ君のネックレス

栄山トキオが修学旅行中に発見し、園田音色にプレゼントしたアクセサリーのこと。豆腐に足が生えたような容姿の「トーフ君」のチャームが付いており、握ると豆腐が潰されたような音声が流れる。一見不気味なアクセサリーだが、意外な場面で活躍することも。

書誌情報

おバカちゃん、恋語りき 全7巻 集英社〈マーガレットコミックス〉 完結

第1巻 首ったけ

(2009年1月23日発行、 978-4088463766)

第2巻

(2009年5月25日発行、 978-4088464060)

第3巻

(2009年9月25日発行、 978-4088464428)

第4巻

(2010年1月25日発行、 978-4088464831)

第5巻

(2010年5月25日発行、 978-4088465227)

第6巻

(2010年8月25日発行、 978-4088465579)

第7巻

(2010年12月24日発行、 978-4088466019)

SHARE
EC
Amazon
無料で読む
マンガリスト
logo