こっこさん

小学生の女の子やよいと、ある日突然飼うことになった凶暴なニワトリこっこさんの日常を描いた、騒がしくも愉快なコメディ漫画。

正式名称
こっこさん
作者
ジャンル
ギャグ・コメディ
 
動物・ペット
レーベル
宙出版
巻数
全1巻完結
関連商品
Amazon 楽天

概要・あらすじ

小学生の女の子永野やよいはある日の帰り道、鋭い目をしたニワトリにばったり出会った。後を付いて離れないそのニワトリの扱いに困ったやよいは、自分が責任を持って世話をすることを条件に、ペットとして飼うことにする。その名もこっこさん。しかし、こっこさんは、鳴く、暴れる、突く、食い散らかすという、とんでもない暴君ニワトリだった。

やよいこっこさんの、騒がしくも愉快な日々が始まった。

登場人物・キャラクター

永野 やよい (ながの やよい)

黒髪ショートヘアの女の子。小学四年生だが、時々子供とは思えない大人びた言葉を使う。ある日の学校の帰り道でこっこさんと出会い、後ろをついてくるこっこさんを放っておくことができず、ペットとして飼うことにした。こっこさんに貰った鈴を大事にしており、いつも首からぶら下げている。暴れん坊なこっこさんに振り回されてばかりの日々だが、なんだかんだ気に入っている様子で、こっこさんの面倒をよく見ている。 五年生に進級してからは飼育委員となり、学校のニワトリのピヨ君の世話もしている。

こっこさん

『こっこさん』に登場するニワトリ。レグホーン種のオスで、白い羽毛に赤いトサカを持つ。鋭く凶暴な目つきから察せられる通り、よく騒ぎ、よく暴れる気性の荒いニワトリで、飼い主のやよいの言う言を聞かず、やよいは手を焼いている。じっとしていられない性格で、家や鳥小屋から脱出することもしばしばだが、なんだかんだやよいには懐いており、結局はやよいのそばを離れない。 学校のニワトリのピヨ君とは仲が悪く、初めて会った時から喧嘩ばかりしている。

永野 はづき (ながの はづき)

やよいの姉で、黒髪のおさげにそばかすが特徴の中学2年生女子。美術部に所属しており、ひとつ上の先輩に密かに恋心を抱いている。同じ美術部のふみと仲が良い。姉らしく落ち着いた性格だが、母親からは飽きっぽいとも評されている。

千倉 むつ美 (ちくら むつみ)

茶色の髪の毛を後ろに結んだメガネをかけた女の子。やよいの同級生。正義感が強く、いけないことや不真面目なことには口を出さずにはいられない。その性格のため、逆に面倒事に巻き込まれることもしばしばである。幼い頃に亡くした父が警察官だったこともあり、将来の夢は婦人警官になることである。作品の後半では母親が再婚し、苗字が「千倉」から「竹林」になった。

細木 かな子 (ほそき かなこ)

やよいの同級生。ジャンケンに負けて弥生と二人で飼育委員をすることになった。大人しく優しい女の子だが、余計な一言を言う癖があり、そのせいで度々兄を怒らせている。

ピヨ君 (ぴよくん)

『こっこさん』に登場するニワトリ。やよいの通う小学校が飼っているニワトリで、こっこさんによく似た容姿をしている。やよいが飼育委員になる直前にウサギが死んでしまったため、今は学校の飼育小屋に一羽で暮らしている。こっこさんとの仲は悪く、出会った当初から喧嘩ばかりしている。

ユーリ

『こっこさん』に登場する犬。はづきの友達のふみちゃんが飼っている犬で、作品の開始時点では可愛らしい40cmほどの仔犬だったが、作品後半では、逞しい大型の犬へと成長した。そのあまりの違いに、やよいは最初ユーリであることに気付かなかった。

書誌情報

こっこさん 全1巻 宙出版〈〉 完結

第1巻

(2005年2月発行、 978-4776791270)

SHARE
EC
Amazon
無料で読む
マンガリスト
logo