これ描いて死ね

東京から120km南にある伊豆王島に住む、高校1年生の女子・安海相が主人公。漫画を読むことが大好きな安海は、あることがきっかけで、自分で漫画が描けることに気づく。高校の漫画同好会を舞台に、少女たちのまんが道を描いた漫画家成長物語。小学館「ゲッサン」2021年12月号より連載を開始。また巻末には、本作の主要人物・☆野0(寺島零)の過去を描いた読み切り『ロストワールド』(「週刊ビッグコミックスピリッツ」2020年第51号掲載『デビュー』から改題)を収録する。「このマンガがすごい!2023」オトコ編で第6位を獲得。

正式名称
これ描いて死ね
ふりがな
これかいてしね
作者
ジャンル
作家・漫画家
 
部活動
レーベル
ゲッサン少年サンデーコミックス(小学館)
巻数
既刊2巻
関連商品
Amazon 楽天 小学館eコミックストア

概要・あらすじ

東京から120km南の洋上に浮かぶ伊豆王島。そこに住む安海相は、漫画が大好きな高校1年生の女の子である。彼女のお気に入りは、漫画家・☆野0(寺島零)のデビュー作『ロボ太とポコ太』。古本相場が1万円を超える稀少本のため、買うことはできなかったが、島の貸本屋で何度も借りては読んでいた。そんなある日のこと。☆野0が10年ぶりに、コミティアという同人誌即売会で『ロボ太とポコ太』の新作を頒布するというニュースが流れる。それを知った安海は、一大決心をして東京で開催されるコミティアへと向かった。初めての東京に戸惑いながら、なんとか会場へとたどり着いた安海は、そこで初めて同人誌の存在を知る。「漫画は自分で描けるのだ」ということに気がついた安海は、その後意外な人物との出会いを経て、漫画同好会を設立。手探りながら、自分の「まんが道」を歩き始めるのであった。

登場人物・キャラクター

安海 相 (やすみ あい)

伊豆王島に住む高校1年生の女の子。セミロングの髪を後ろでざっくりまとめている。あだ名は「ヤスミン」。漫画が大好きで、島の貸本屋の漫画はすべて読破している。特に好きな作家は、☆野0(寺島零)で、彼女のデビュー作『ロボ太とポコ太』は繰り返し読んでいる。内気でおっとりとした性格で友達がいなかったため、イマジナリーフレンドのポコ太が出現。ポコ太の助言を受けながら生活している。東京のコミティアに行ったことで、自分で漫画を描けることに気づき、漫画同好会を設立する。

寺島 零 (てしま れい)

安海相が通う高校の国語教師。お団子ヘアと眼鏡が特徴の女性。あだ名は「テッシー」。漫画に否定的で、日頃から漫画好きの安海に「漫画はすべて嘘であり、読むのは時間無駄だ」と説教をしていた。しかし実は、かつて「☆野0(ほしのれい)」の名前で活動していた元漫画家。デビュー作の『ロボ太とポコ太』は、打ち切りになりながらも一部の熱狂的ファンの支持を得ており、コミックスは古本相場が1万円を超えるカルト漫画となっている。10年ぶりに参加したコミティアでばったり安海と出会ってしまい、正体がバレる。安海に請われて漫画同好会の顧問になる。

赤福 (あかふく)

伊豆王島に住む高校1年生。小柄な女の子でいつもジャージを着ている。安海相の友達。短めの髪と一つ結び、そろった前髪、太い眉が特徴。自由奔放な性格をしている。安海が立ち上げた漫画同好会に参加するが、漫画は描かずに読者目線で率直な感想を言う役割で、一人称は「俺」。好きな漫画家は藤田和日郎。

藤森 心 (ふじもり こころ)

伊豆王島に住む高校1年生の女の子。黒髪ロング、猫顔シルエットのヘアピン、右目下のほくろが特徴。実家は百年続く老舗旅館。厳しく育てられたせいか、内向的で無口。時々、海底に沈んだような感覚に陥り、息苦しい日々を送っていた。美術部の部室で絵を描いていたところ、安海相と出会う。安海が漫画同好会を設立しようとしていることを知り、勇気を出して仲間になる決意をする。好きな漫画家は諸星大二郎。

書誌情報

これ描いて死ね 2巻 小学館〈ゲッサン少年サンデーコミックス〉

第1巻

(2022-05-12発行、 978-4098511433)

第2巻

(2022-10-12発行、 978-4098513260)

SHARE
EC
Amazon
無料で読む
マンガリスト
logo